カトリック福岡司教区、「緊急事態宣言」解除まで公開ミサは休止

 

大名町カトリック教会(福岡カテドラルセンター)(写真:Atsasebo)

カトリック福岡司教区(教区長:ヨゼフ・アベイヤ司教)は13日、新型コロナウイルスの感染か拡大に伴う緊急事態宣言の対象地区に、福岡県が追加されたことを受けて、今後のコロナ感染症対応周知の文書を発表した。

同教区は昨年11月1日に日本カトリック司教議会が出した「感染症発生時のリスクマネジメント」にある基準に従って、福岡県内では緊急事態宣言が解消されるまで公開ミサの中止を決めた。今回もそれに従い、 福岡県内では緊急事態宣言が解消されるまで公開ミサの中止を決めた。今後、緊急事態宣言が熊本県、佐賀県に及ぶ場合も同じ対応となる。

秘跡、葬儀、教会の諸活動については、日本カトリック司教議会の感染症対応ガイドラインに従うよう呼びかる。また、カトリック教会の重要行事である2月17日の「灰の水曜日」については、ミサが可能であれば、通常、額に行う灰の式を、額ではなく頭に丁寧に行うことを伝えている。

「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン」(抜粋)は以下のとおり。

③国内における感染症の感染拡大
 国内において感染症の感染が拡大し、行政による緊急事態宣言や営業・移動の自粛要請が出された段階。
◯会衆が参加するミサの中止(会衆が参加しないミサは行うことができる)。
 すべての信徒に対するミサ出席義務免除。
◯原則として、上記のミサを除くすべての教会活動の中止。
◯秘跡
   洗礼、堅信、結婚、ゆるし:延期
   病者の塗油:緊急性のある場合のみ、十分な感染拡大対策をとって行う。
◯葬儀 遺族と相談の上、十分な感染対策を行えば可能。 *火葬のみ済ませ、葬儀は後日行うことも検討する。

Share

Related Posts

  1. 新型コロナ・ウイルスへの教団としての対応(前編)日本同盟基督教団、在日大韓基督教会、日本バプテスト連盟

  2. 空位だったカトリック新潟教区の司教に成井大介神父 教皇フランシスコが任命

  3. 『香港の民主化運動と信教の自由』出版記念で編訳者らが対談 「希望の声を日本にも」

  4. 100年前のスペイン風邪から学ぶ 戒能氏「疫病や災害、神学的課題でなかった」 2020年10月21日

  5. 児童福祉の現場から(2) 「愛着障がい」というモンスター

  6. 2020年度版『宗教年鑑』、愛知が増加傾向で6位に 県別ランキング

  7. 【インタビュー】金城学院大学学長・小室尚子さん(1)教会の礼拝から始まる1週間

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ルワンダ虐殺から25年、赦しの火種を燃え上がらせた女性(前編)

  9. Lyre 結成25周年記念コンサート 「わたしたちのこの口は」

  10. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2019年聖書アプリで最も人気のある聖句は「思い煩うのはやめなさい」

  11. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団、指導層トップに女性を起用

  12. 震災から10年、サンタプロジェクト九州が記念集会をオンラインで配信

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】オンライン伝道は一時的なブームか、新しい時代の先駆けか(前編)

  14. 新しい礼拝・典礼用の聖書『聖書協会共同訳』、12月上旬発行、予約開始

  15. 【米CT】プロライフ女性議員の増加

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。