映画

日本カトリック映画賞 「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督 娘が撮った老老介護の日々
第43回日本カトリック映画賞(SIGNIS JAPAN主催)の授賞式・上映会が6月22日、なかのZERO大ホールで開かれた。今回受賞したのは信友直子(のぶとも・なおこ)監督(ドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」)。
「嫌いと思えるのは、イエス様を信じているから」 映画「僕はイエス様が嫌い」5月31日よりロードショー(後編)
映画「僕はイエス様が嫌い」の上映試写会が22日、クラフター試写室(東京都港区)でキリスト教会や伝道団体を招いて行われた。数々の国際映画祭で受賞した23歳の奥山大史(おくやま・ひろし)監督も参加した。
「嫌いと思えるのは、イエス様を信じているから」 映画「僕はイエス様が嫌い」5月31日よりロードショー(前編)
映画「僕はイエス様が嫌い」の上映試写会が22日、クラフター試写室(東京都港区)でキリスト教会や伝道団体を招いて行われた。数々の国際映画祭で受賞した23歳の奥山大史(おくやま・ひろし)監督も参加した。
ドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」の加瀬澤充監督、煙草谷有希子プロデューサーに単独インタビュー
ドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」が来年1月19日から劇場公開される。自死する人が後を絶たない場所で牧師として働く藤藪庸一さんに密着したドキュメンタリーだ。監督の加瀬澤充さんと、プロデューサーの煙草谷有希子さんに話を聞いた。
歴史エンタメドラマ「MAGI -天正遣欧少年使節-」19年1月より Amazon Prime Video で世界同時配信
ドラマ「MAGI -天正遣欧少年使節-」が2019年1月17日(木)よりAmazon Prime Video で世界同時配信される。全10話。主演は野村周平、監督は長崎俊一、脚本は鎌田敏夫、音楽は「あまちゃん」などの大友良英。
映画「僕はイエス様が嫌い」 マカオ国際映画祭で審査員特別賞
映画「僕はイエス様が嫌い」が14日、第3回マカオ国際映画祭で審査員特別賞に選ばれた。奥山大史(ひろし)監督(22)は第66回サンセバスチャン国際映画祭では最優秀新人監督賞、第29回ストックホルム国際映画祭では最優秀撮影賞を受賞している。
松任谷正隆さん「主の祈りで聖書の時代と私たちがつながっている」映画「パウロ──愛と赦しの物語」
映画「パウロ──愛と赦(ゆる)しの物語」(アンドリュー・ハイアット脚本・監督)公開初日の3日、音楽プロデューサーの松任谷正隆(まつとうや・まさたか)さんのトーク・イベントが東京のヒューマントラストシネマ渋谷で開催された。
手塚治虫の遺作アニメ「旧約聖書物語 In The Beginning」DVD-BOX発売
アニメ「手塚治虫の旧約聖書物語 In The Beginning 」のDVD-BOXが25日、教文館より発売された。手塚アニメの認知度が高いイタリアの国営放送(RAI)と日本テレビ(NTV)との共同で制作された手塚治虫最後の大作アニメーショ
【インタビュー】映画「教誨師」 監督・佐向大さん(後編)
死刑囚と対話する牧師を主人公として、「罪とは何か」「生きるとは何か」を問いかける映画「教誨師(きょうかいし)」。大杉漣(おおすぎ・れん)さんの最後の主演作ということでも話題だ。監督で脚本も手がけた佐向大(さこう・だい)さんに話を聞いた。
【インタビュー】映画「教誨師」 監督・佐向大さん(前編)
死刑囚と対話する牧師を主人公として、「罪とは何か」「生きるとは何か」を深く問いかける映画「教誨師(きょうかいし)」。大杉漣(おおすぎ・れん)さんの最後の主演作ということでも話題だ。監督で原案・脚本も手がけた佐向大(さこう・だい)さんに話を聞

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.