音楽

コンサートがなくなり困窮するクリスチャン・アーティストを支援しよう クラウド・ファンディング実施中

東北応援団 LOVE EAST(岩渕まこと理事長、久米小百合副理事長)は、新型コロナの影響で経済的に困窮するクリスチャン・アーティストをサポートするため、クラウド・ファンディングを実施中だ。この取り組みについてジョシュア佐佐木さんに話を聞いた。

Official髭男dismとキリスト教

「Official髭男dism」(オフィシャルヒゲダンディズム)という4人組ポップバンドのさわやかな歌声を、ドラマやCMで耳にした人も多いだろう。昨年のNHK紅白歌合戦にも初出場した。そんな彼らとキリスト教との意外なつながりをご存じだろうか。

東京シモン・コーラスによる第13回「クリスマス・ラブ・コンサート」

東京シモン・コーラスによる第13回「クリスマス・ラブ・コンサート──世界の恵まれない子供達のためのCharity」(主催:ワールド・ユース・オーケストラ協会)が14日、新宿文化センター大ホール(東京都新宿区)で行われた。

2019年クリスマス・シーズンにお勧めのCD10選 加藤拓未

クリスマスが近づいてきた。今年もさらなる「お勧めCD」を10点ご紹介したい。クリスマスのCDというのは、さまざまな音楽ジャンルにおいて作られていると思うが、ここでは筆者の専門を生かし、おもにクラシック音楽の分野を中心にディスクを選んだ。

うつ状態のジャスティン・ビーバー「神の力は私たちの弱さの内に働く」──苦しみの中にある人々への希望のメッセージ

カナダの世界的ポップ・ミュージシャンであるジャスティン・ビーバーは2日、自らが直面する「うつ」、トラウマや恐れ、そしてその弱さを乗り越えるための信仰について、インスタグラムを通してファンに呼びかけた。

久米小百合さんのキリスト教カウンセリング研究講演会「愚痴も悩みも歌にして……」

久米小百合さんのキリスト教カウンセリング研究講演会「愚痴(ぐち)も悩みも歌にして…」(主催:聖学院大学総合研究所)が1日、日本印刷会館(東京都中央区)で開催された。「久保田早紀」として活躍していた頃、洗礼を受けてクリスチャンとなったが……。

肺腺がん手術の河村隆一さん、日本福音ルーテル広島教会などで「教会ツアー」

11日に肺腺(はいせん)がんの手術を受けた河村隆一さん(48)が21日、2月19日から始まる「教会ツアー」で復帰することを報告した。「教会は比較的に小さな会場が多いので、教会で唄う場合、大切なのは声量よりも声の明るさや硬質さです」とも綴(つづ)る。

米津玄師さんが紅白で歌った大塚国際美術館システィーナ・ホールと教会

米津玄師(よねづ・けんし)さん(27)が「第69回NHK紅白歌合戦」に12月31日夜、出演して、「Lemon」を披露した。米津さんが歌ったのは大塚国際美術館内のシスティーナ・ホールで、バチカンにあるシスティーナ礼拝堂を原寸大に再現したもの。

音楽朗読劇「ARUTABAN(アルタバン)」 ピアノ・脚本の瓜生恭子さんに聞く

キリスト同信会中野パークサイド・チャーチ(東京都中野区)で12月15、21、22の3日間、音楽朗読劇「ARUTABAN(アルタバン)」が行われた。ヴァン・タイク「もう一人の博士」に基づいて瓜生恭子(うりゅう・きょうこ)さんが脚本を執筆した。

クリスマス・シーズンにお勧めのCD10選 加藤拓未

これまで私が出会ってきたクリスマス音楽のなかで、読者の皆様にもお勧めしたいCD10点を選んでみた。少年合唱によるキャロル演奏2枚、大人の合唱団によるキャロル演奏2枚、個別のアルバム2枚、クリスマスのための宗教曲4枚だ。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.