音楽

「ありがと音頭」で歌って踊る 東北応援団 LOVE EAST
岩渕まことさんや久米小百合さんなど、クリスチャン・アーティストが東北の被災地を支援する「東北応援団 LOVE EAST」。その主催による「ありがと音頭フェスティバル」が1日、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で開催された。
日本初演の伝ヘンデル作曲「ヨハネ受難曲」 バッハ・ゲゼルシャフト東京第1回演奏会
バッハ・ゲゼルシャフト東京の第1回演奏会が10日、日本福音ルーテル東京教会で開催され、約200人が集まった。J・S・バッハに影響を与えたといわれながら、日本ではこれまで演奏されることのなかった伝ヘンデル作曲「ヨハネ受難曲」が演奏された。
映画音楽やポピュラーミュージック、賛美歌などを生み出したアバコスタジオ、新会社として発足
「アバコクリエイティブスタジオ」は82年に設立された番組制作会社だが、新会社「アバコスタジオ」として7月1日から事業を引き継ぐこととなった。その建物内にある録音スタジオは、人気アニメ「ちびまる子ちゃん」でも使われている本格的なものだ。
Lyre 結成25周年記念コンサート 「わたしたちのこの口は」
賛美グループ「Lyre(リラ)」の結成25周年記念コンサートが14日、日本バプテスト連盟・常盤台バプテスト教会(東京都板橋区、友納靖史牧師)で開かれた。長年の活動を支えたファンらが続々と会場を訪れ、あっという間に席を埋めた。
イタリアのパイプオルガン、日本福音ルーテル大分教会へ
日本福音ルーテル大分教会(大分市大手町)の礼拝堂で4月18日、パイプオルガンの聖別式が行われた。教会員や地域住民、また遠くから来たオルガニストやファンも含め、約60人が参加。オルガン製作も手掛けたイタリア在住のアレックス・ガイさん、吉田愛さ
救世軍のブラスバンド、大阪のザ・シンフォニーホールなどで来日コンサート
救世軍のニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)が3月20日から25日まで大阪のザ・シンフォニーホールなどでコンサートを開いた。今回は1989年以来29年ぶり2度目の来日。 ニューヨーク・スタッフ・バンドは1887年に創設し、今年で131

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.