文化

戦時中、沖縄の教会は──新刊『南島キリスト教史』から
6月23日は沖縄「慰霊の日」。それに合わせて新教出版社から一色哲著『南島キリスト教史──奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』が刊行された。南島のキリスト教会は戦時中、どのような状態だったのか。この本から紹介する。
「アメリカにおける日系人強制収容と日系二世──『小平尚道資料』が語るもの」展
立教学院展示館(東京都豊島区)で特別展「アメリカにおける日系人強制収容と日系二世──『小平尚道資料』が語るもの」が開催中だ。日系2世として米国で生まれた牧師・神学者の小平尚道(こだいら・なおみち)さん(1912〜2005)が残した資料を中心
「敬天愛人」は聖書から? 「西郷どんとキリスト教」守部喜雅氏
セレブレーションOCC第3回首都圏宣教セミナー「信徒から見た『日本宣教の今日とこれから』」が先月28日、お茶の水クリスチャン・センターのチャペルで行われた。午後からは、元「クリスチャン新聞」編集部長の守部喜雅氏(78)が「西郷(せご)どんと
クリスチャン美術家・鈴木元彦さん 「聖霊と礼拝堂」をテーマに講義
クリスチャン美術家・鈴木元彦さん(36)がペンテコステ前日の5月19日、日本福音学校新宿校(JES、東京都新宿区)で「聖霊と礼拝堂」と題した講義を行った。 鈴木さんは5代目クリスチャンとして東京に生まれる。父親は日本基督教団・東京信愛教会牧
元ワーナー・ブラザース映画製作室長・小川政弘さん 『字幕に愛を込めて──私の映画人生半世紀』出版記念会
小川政弘さん(76)の著書『字幕に愛を込めて──私の映画人生半世紀』の出版記念会(イーグレープ主催)が5月17日、東京プレヤーセンター(東京都千代田区)で開催された。 小川さんは元ワーナー・ブラザース映画製作室長で、46年半の在職中、200
日本カトリック映画賞は「ブランカとギター弾き」の長谷井宏紀氏
第42回日本カトリック映画賞(SIGNIS JAPAN=カトリックメディア協議会=主催)の授賞式・上映会が5月12日、なかのZERO大ホール(東京都中野区)で開かれた。今回受賞したのは長谷井宏紀(はせい・こうき)氏(「ブランカとギター弾き」
大浦天主堂など長崎・天草の「潜伏キリシタン遺産」、世界文化遺産へ
遠藤周作『沈黙』の舞台である外海(そとめ)や、現存する国内最古の教会である大浦天主堂(国宝、長崎市)など、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録される見通しとなった。登録の可否を事前審査する国連教育科学文化機関(ユネスコ
映画「パウロ」全米公開、ルカ役に「パッション」でキリストを演じたジム・カヴィーゼル
映画「パウロ──キリストの使徒」(原題:Paul, Apostle of Christ)がイースターに先駆け、3月23日に全米公開された。全米映画ランキングで初登場8位、2週目が10位。日本公開は11月3日から。 「パッション」(2004年
イタリアのパイプオルガン、日本福音ルーテル大分教会へ
日本福音ルーテル大分教会(大分市大手町)の礼拝堂で4月18日、パイプオルガンの聖別式が行われた。教会員や地域住民、また遠くから来たオルガニストやファンも含め、約60人が参加。オルガン製作も手掛けたイタリア在住のアレックス・ガイさん、吉田愛さ
救世軍のブラスバンド、大阪のザ・シンフォニーホールなどで来日コンサート
救世軍のニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)が3月20日から25日まで大阪のザ・シンフォニーホールなどでコンサートを開いた。今回は1989年以来29年ぶり2度目の来日。 ニューヨーク・スタッフ・バンドは1887年に創設し、今年で131

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.