牧師も加わった大嘗祭訴訟の第1回口頭弁論 東京地裁

皇位継承に伴う「即位の礼」や皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」などの宗教儀式に国が公費を支出するのは、憲法が定める政教分離の原則に反するとして、牧師を含む241人が国を相手取り、1人当たり1万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日、東京地裁(鈴木正紀裁判長)で開かれた。国側は請求の棄却を求め、争う姿勢を示した。

東京高等・地方・簡易裁判所庁舎(写真:Rs1421)

103号法廷で原告側の日本基督教団牧師の堀江有里さんが、天皇制への翼賛の危険を訴えた。天皇の名のもとに戦争協力させられる中で日本基督教団が成立させられた歴史を振り返り、天皇制がまた女性の差別や権利侵害とともにあることを話した。

昨年12月10日、市民団体「即位・大嘗祭違憲訴訟の会」のメンバーらが提訴したが、東京地裁は一度も弁論を開かないまま、支出差し止めの訴えを却下する判決を5日付で出した。損害賠償を求める訴訟の審理は続き、次回の口頭弁論は5月8日に行われる。

Share

Related Posts

  1. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(13)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その2

  2. クリスマスミサとは? 教会でクリスマスを!初心者向けミニガイド

  3. 岡江久美子さん、新型コロナ肺炎で死去 聖公会信徒の大和田ファミリー

  4. 6月9日「信じてバプテスマを受ける者は救われる」

  5. 一人ひとりがありのままでいられる教会を目指して 「なんで教会がツライのか考えてたら出来た性理解のためのブックレット」発売記念

  6. クリスマスイブ、オンラインで燭火礼拝を体験してみませんか?

  7. 【「AMOR」との共同インタビュー】イエズス会日本管区長補佐・山岡三治神父 イエズス会を語る(前編)

  8. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(15)本能寺の変と細川ガラシャ 前編

  9. 国際基督教大学理事長に米ハーバード・ビジネス・スクール教授の竹内弘高氏

  10. 「教会の彫像も見直す」とカンタベリー大主教 2020年6月29日

  11. 元青山学院大学学長の鵜沢昌和氏、召天

  12. 上智大名誉教授のアルフォンス・デーケンさん、帰天 88歳 ホスピスや死生学を広める

  13. 【インタビュー】日本聖書協会総主事を今年度で退任する渡部信氏

  14. 【インタビュー】ワールド・ビジョン・ジャパン事務局長の木内真理子さん(後編) 「自分にはできない」と思ったとき、神への祈りが出てくる

  15. 日本聖公会横浜教区 礼拝を休止した時の主日の守り方

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。