増えている教派、減っている教派(5)福音派など4教派の推移

 

これまで、カトリック、日本正教会、プロテスタント主流派の日本基督教団(5月7日)、日本聖公会、日本バプテスト連盟、日本福音ルーテル教会における、ここ23年間の信徒数の変化を見てきたが(28日)、最後に福音派の日本同盟基督教団と日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団、イムマヌエル綜合伝道団、そして日本キリスト教会の推移を折れ線グラフにした。

1995年から2018年まで毎年、文化庁編『宗教年鑑』で報告された信徒数に基づいている。中には、会員総数(教会籍だけ残して、教会から離れている人も含まれる)から、現住陪餐会員数(毎週、礼拝に出席して、献金などの務めを果たしている信徒の人数)に途中で報告数を変更している教団もある(その逆も)。

日本同盟基督教団と日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団は共に、ほぼ1万人前後で増加している。同盟教団は95年の9328人から2018年の1万2455人へと、3127人(約33%)も増え、着実な増加傾向が見られる。一方、アッセンブリーは2008年に4263人(約40%)の急激な増加があり、13年に報告がなかった翌年、3104人(約22%)も減っているが、この23年で3907人(約47%)増えている。

イムマヌエル綜合伝道団と日本キリスト教会は逆に減少傾向にあり、イムマヌエルは1万2000人台で推移してきたのが、2008年の1万2917人から10年間で1529人(約12%)も減少している。日本キリスト教会は1995年に「日本基督教会」から改称した年を境に人数が倍以上(約217%)になっているが、97年の1万3420人から2155人(約16%)も減り続けている。

 

 

Share

Related Posts

  1. シグニス・ジャパンのインターネット・セミナー「SNSと福音宣教──主が霊を授けて主の民みんなが預言者になったらいいのに」

  2. 日本ナザレン神学校、二人の卒業生と一人の新入生

  3. 終戦記念日に町に鳴り響く平和の鐘 常盤台バプテスト教会

  4. 主流派教会は激減、福音派は成長── 神学的・道徳的危機が教会の閉鎖を招く

  5. カトリック東京教区の幸田和生司教が補佐司教から退任、東北震災支援に専念

  6. ルーマニア正教会が徹夜で復活大祭

  7. ウェスレアン・ホーリネス教団 クリスチャントゥデイの異端性疑惑を払拭できず 一定の距離を置くことを承認

  8. カトリック正平協 動画「コロナの時代と福音」で司祭らメッセージ 2020年8月12日

  9. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(9)最終回

  10. 新しい礼拝用聖書「聖書協会共同訳」講演会と奉献式

  11. 日本基督教団奥羽教区 18年ぶりの新議長に村岡博史氏

  12. 樋口進氏、「聖書協会共同訳」について語る(5)

  13. 神戸国際支縁機構、トルコ沖地震を支援 孤児への関心が宗教間の対立を取り除く

  14. カトリック聖職者の性的虐待、日本でも調査へ 高見大司教が被害者に謝罪

  15. 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 新型コロナ・ウイルスに対するガイドラインを発表

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。