クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ペットは天国へ行くのか(対訳)

投稿日:2020年7月8日 更新日: -

 

神の計画は分からないが、ペットという賜物を感謝しよう

「動物には喜びや痛みを感じる能力はなく、単に機械的なのだ」とデカルトが主張して以来、長い年月が経った。今や私たちは、その反対こそ真実だと知っている。動物は経験する。傷つく。悲しむ。愛する。

ペットと人間との関係について言えば、ペットは家庭に入ってくるだけではない。心の奥深くにまで迎え入れられているのだ。事実、一部の人々は離れがたく感じており、永遠にペットと一緒にいることを望むほどだ。

C・S・ルイスは『痛みの問題』で動物の永遠性について推測し、「人間がキリストとの関係によって天国に行くのと同じように、少なくとも飼いならされた動物は人間との関係性を通じて天国に行くのかもしれない」と示唆した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We have come a long way since Descartes claimed that animals are mere automatons without the capacity for pleasure or pain. We now know the contrary is true: They experience. They suffer. They grieve. They love. When it comes to our relationships with pets, we not only take them into our homes: We welcome them deep within our hearts. In fact, some become so attached that they yearn to be with their pets throughout eternity. C. S. Lewis speculated on the eternal fate of animals in The Problem of Pain, suggesting that at least tame animals might enter heaven through their relationship with humans, in the same way that humans do through their relationship with Christ.

(写真:Louellakillingerdm7651)

しかし、「天国にペットがいる」という問題は、聖書やキリスト教の伝統に基づく永遠の命についての理解をゆがめるのではないかと心配だ。注意深くならないと、私たちはつい感傷的になって、終末論への期待を矮小化(わいしょうか)してしまうかもしれない。

人間は天国を想像して、大好きだった犬と一緒に森でまた散歩をしたいと考えるかもしれないが、神の計画の中にそのような記述は少しもない。「ペットが天国に行くのか」という問いには、動物や人間、神の性質を調べる必要がある。

動物の命は神の手にある。「これら(動物)は皆、あなた(神)に望みを置き、その時に応じてあなたが食べ物を与えるのを待っている。……(神が)息を取り去ると、彼らは息絶えて、塵(ちり)に帰る」(詩編104:27、29)。どの雀が死んでも、神はそれをご存じだ(マタイ10:29)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But I worry that the question of pets in heaven could distort our understanding of eternal life as described in Scripture and Christian tradition. If we are not careful, we could cross the line into a sentimentality that shrinks our eschatological expectation. Our human idea of heaven might be walking an adored dog in the forest, but there is no indication that is anything like God’s plan. The question of whether our pets go to heaven requires an examination of the natures of animals, of humans, and of God. Animals have their lives in God. In Psalm 104 we read that animals look to God for their food and that when he withdraws his spirit, they return to the dust. God marks the dropping of every sparrow.

しかし、(永遠の命について語られている有名な)ヨハネ3章16節(「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。御子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」)の中には、動物はいっさい出てこない。人間だけが神に似せて創造された。動物と違って、人間は道徳を行使する者でありながら、作為と不作為の罪を犯す可能性がある。それによって人間と動物はまったく別な存在となる。

たとえば、うちの飼い猫クロエが裏庭で鳥の巣を見つけ、何もできない雛(ひな)を襲ったことがある。猫はただ猫らしくしただけなのだが、私が同じことをしたら「とんでもない」と言われても仕方がない。私は人間の役割も分かっているので、そのかわいそうな雛の死骸を移動しておいた。しかし、正しい行動にも代償はある。クロエは自分の楽しみを台なしにされたことに腹を立て、その日は一度も私に顔を向けてくれなかったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But John 3:16 makes no mention of animals. Only humans are made in the divine likeness. Unlike animals, we are moral agents capable of sinning by commission and omission. That makes ours a completely different nature of being. Here’s an illustration: My late cat once raided a nest and I found her happily batting a helpless, now dying chick around the backyard. She was just being a cat. Had I done that, I would be rightly branded a monster. I also knew my human duty. I put the poor chick out of its misery with a heavy work boot and removed the carcass. Doing the right thing came at a cost: Chloe was so angry I spoiled her fun that she refused to look at me for the rest of the day.

神の愛は無制限で無条件で永遠だ。私たちが直接、天の御国で御顔を仰ぎ見て、神を絶え間なく礼拝するとき、「ペットと永遠に一緒にいたい」という願いは、すべての希望のうちで、ほんのささいな望みにすぎない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
God’s love is unlimited, unconditional, and eternal. When we witness the very face of God and participate through constant worship in his ineffable essence̶which we are told is the neverending activity of heaven̶ it will at the very least include all we yearn for when desiring to be with our pets forever.

では、ペットに魂はあるのか。それは神のみぞ知る。今の私たちは、「鏡におぼろに映ったものを見ている」だけなのだ(1コリント13:12)。

間違った理解や推測をしているよりも、「ペットを通して与えられた喜び」という素晴らしい贈り物を神に感謝しよう。私たちの友人である動物に対する神の計画が何であれ、「それは完璧で正しい」という知識に自信を持とう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
So do pets have souls? Do they go to heaven? God knows. For now, “we see through a glass darkly.” Instead of speculating or making strained proof-texts, let us instead give thanks to God for the great gift of joy he has given us in our pets. Let us be confident in the knowledge that whatever his plans for our animal friends, all will be perfection and light.

執筆者のウェスリー・スミスは、ディスカバリー社のヒューマン・エクセプショナリズム・センター研究員で、『ネズミは豚で犬で少年──動物の権利運動にかかる人件費』の著者。

ペットに名前をつけることで新しい契約に?

私がまだ若く、(霊魂は善で肉体は悪とする二元論の)グノーシス主義者だった頃、「ペットは天国に行かない」と確信していた。もちろん自分がグノーシス主義だったなんて自覚はなかったけれど。

地上での生活は、「自転車やアイスクリームや本がすべて。悪い言葉を口に出さず、いとこと納屋裏に隠れてタバコを吸わなければいい」と思っていた。天国は、「神様と一緒にいるところで、天使が歌い、ひいおばあちゃんと再会し、地獄にいないこと」を意味していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When I was young and gnostic, I was certain that pets do not go to heaven. I didn’t know I was gnostic, of course. I simply thought that life on earth was about bicycles and ice cream and books and not saying certain words or smoking behind the barn with my cousins. Heaven was about being with God and angels singing and seeing great-grandma again and not being in hell.

救われなければ天国に行けないのに、教会に行くような動物も、「救われたい人は前に出てください」という礼拝中の招きに応えるような動物も私は見たことがない。ただ、近所の農家の人が教会に馬で来ていたという話は聞いたことがある。うちの家族が礼拝に通っていた、メイン州の田舎にある、部屋が一つしかない教会には、外に鉄の柵があって、そこに馬をつないでいたのだ。その馬が会堂に入ってきて救われるなんて、一度も考えたことがなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
You only got to heaven if you were saved, and I hadn’t seen any animals go to church, let alone go forward during an altar call. In the old days, I was told, a nearby farmer used to ride his horse to church, where he’d hitch her up to the iron rail that still stood outside the one-room country church in Maine where my family worshiped. I never imagined a horse coming inside to get saved.

しかし聖書には、「神が動物を救う」と書いている。たとえば、神は洪水から救うため、すべての生き物を2匹ずつ箱舟に入れるようにノアに命じた(創世記6:19)。神が怠惰なヨナを非難したのは、ニネベの住民である人間だけでなく、そこに暮らす多くの動物も救うためだった(ヨナ4:11)。そのような救いはもちろん、教会の説教壇からの招きに応じることとはまったく違うことだ。それでも、この事実は見逃してはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yet the Bible teaches that God does save animals. For example, God brought Noah two of each kind of living creature in order to save them from the Flood. God chastised reluctant Jonah about the need to save not only the human inhabitants of Nineveh, but also its many animals. Such salvation is not, of course, quite the kind invited by the altar call. Even so, it should not be overlooked.

神は動物を救うだけではない。神の契約には動物が含まれている。神がノアと結んだ契約には、「あらゆる生き物、すべての肉なるもの」(創世記6:19)が含まれていた。また、神は「野の獣、空の鳥、地を這うものと契約を結ぶ」とある(ホセア2:20)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
God not only saves animals. At times, his covenants include them. God’s covenant with Noah included “every living thing of all flesh” (Gen. 6:18-19, KJV). In Hosea, God proclaimed a covenant “with the beasts of the field, the birds in the sky and the creatures that move along the ground” (2:18, niv).

神が選んだ者と契約を結ぶとき、新しい名前を与えることがよくある。たとえば、アブラハム(アブラム)、サラ(サライ)、イスラエル(ヤコブ)、イエス(インマヌエル)、パウロ(サウロ)。神はアダムに対して、動物に名前をつけるよう命じ、そうすることによってアダムは、神が名を与える行為を模倣したといえる。

命の息を分かち合う生き物を家庭に迎え入れると決めて名前をつけるとき、もしかすると私たちは動物とある種の契約関係に入ったと言えるのかもしれない。『天国と地獄の離婚』でC・S・ルイスが言っていたように、もしかすると私たちが動物に名前をつける時に、やっと彼らは「彼ら自身」になり、私たちの救いが「彼らの中にも流れ込む」のではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When God made a covenant with one of his chosen ones, he often marked it by assigning them a particular name: Abraham, Sarah, Israel, Jesus, Paul. God told Adam to name the animals and, in so doing, Adam reflected God’s acts of naming. When we choose to take into our household creatures that share with us the breath of life and bestow them with names, perhaps we enter into a kind of covenantal relationship with them too. To echo C. S. Lewis in The Great Divorce, perhaps when we name animals, they “become themselves” and our salvation “flows over into them.”

(写真:Nancy Wong)

私は、子どもじみた天国の考えを捨てた。聖書は永遠について、「天上の雲の上の存在だ」とは言っていない。霊的でいて物質的でもあり、まさに今の私たちの命と同じだ。それは「新しい天と新しい地」(2ペトロ3:13)であり、「被造物自身も滅びへの隷属から解放されて、神の子どもたちの栄光の自由に入る」(ローマ8:21)。

イザヤ書にあるとおり、動物もそこにいる。「狼は小羊と共に宿り、豹(ひょう)は子山羊(こやぎ)と共に伏す。子牛と若獅子(わかじし)は共に草を食み、小さな子どもがそれを導く」(11:6)。きっと神も、私が動物に名前をつけて天国に連れて来たことを褒(ほ)めてくれるだろう。グレイシー、ケイシー、マートル、ピーター、オスカー、そしてもっと多くのペットたちを……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I have put away my childish thinking about heaven. Scripture describes eternity not as an ethereal cloud-top existence, but as both spiritual and material, just as our life is now. It is a new heaven and a new earth (2 Pet. 3:13) where “creation itself will be liberated from its bondage to decay and brought into the freedom and glory of the children of God” (Rom. 8:21). As foretold in Isaiah, animals will be there. “The wolf will live with the lamb, the leopard will lie down with the goat … and a little child will lead them” (11:6). Perhaps God will honor my acts of naming the animals by bringing Gracie, Kasey, Myrtle, Peter, Oscar, and so many more there, too.

執筆者のカレン・スワロー・プリオールはリバティー大学教授で、「クリスチャニティ-・トゥデイ」のブログや他の出版物で動物福祉について書いている。

ペットと再び会えるのか分からないことは苦しいけれど

おかしなことだが、「動物に魂があるのか」という問いに真剣に向き合ったのは、動物擁護コミュニティーの一員になって数カ月経ってからのことだった。私は神学校で、動物福祉の聖書神学の基礎について重要な論文を書いたこともあったのに、このことについて直接触れようと思ったことがなかったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Oddly enough, I was part of the animal advocacy community for several months before I took the question of whether animals have souls seriously. I had even written my seminary capstone paper on a biblical-theological foundation for animal welfare, and didn’t feel compelled to address the subject directly.

「虹の橋の上で」自分のペットと再会すると人が自信をもって話しているのを聞くと、その人がペットを失ったことと、その悲しみから生じた自然な望みについて私も共感する。しかし、ペットとの再会を望むことは、聖書解釈に基づいているというより、ただの希望的な考えや思いつきのようだ。そして、神の被造物に対する思いという、本当にある聖書の明らかな呼びかけを結果として損なっているように思えるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When I heard others speak confidently of seeing their animal companions again, often “just over the rainbow bridge,” I sympathized with their loss and the natural desire that arose out of it. But the hope of reuniting with our pets seemed more based in wishful thinking and eclectic spirituality than in a confessional hermeneutic. As a result, it seemed to compromise the clear scriptural calling, which does exist, to care for God’s creatures.

(写真:Ondřej Žváček)

ほんの2年前、簡単な手術だったはずなのに、予期せぬ合併症で飼い猫が急死した際、私は動物の魂について今までよりもっと個人的な目線で疑問を持つようになった。バッバは、その4年前に保護センターから引き取った時以来ずっと、時間を共に過ごす愛すべき仲間だった。名前のとおり素晴らしく愛想のいい、生まれたばかりの息子にぴったりの、成長を共にするペットだった。

バッバの死はつらく、妻と一緒に動物病院で別れを告げた時には心が痛く、その夜、降りしきる雨の中でバッバを埋葬した時には涙がこぼれた。日記にはこう記している。「ここ2日ほど苦しくてたまらない。家のどこにいてもバッバを探してしまう。心に穴が開いたようだ。神様がバッバを天に連れて行き、また僕たちが会えるようにしてくれたのか分からないのが特に苦しい。また会えるのかどうか、本当に知りたいと思う」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Just over two years ago, when one of our own cats died suddenly from an unexpected complication after an otherwise successful surgery, I found myself looking at the question of animal souls in a much more personal light. Bubba had been a constant and beloved companion since we brought him home from an adoption center four years earlier. He was wonderfully affable, as his name suggests, and the perfect pet for our newborn son to grow up with. I took his loss hard, heartbroken as my wife and I said goodbye at the vet’s office, and still sobbing as I buried him in pouring rain later that night. I wrote in my journal: “It’s been a gut-wrenching couple of days …. I miss him everywhere I look in the house …. And I feel such a hole, especially not knowing if God has taken him back to himself for us to meet again or not. I so badly want to know if I’ll see him again.”

悲しみの中で私は何度も思った。「神がバッバを創造したのなら、神はバッバを知っており、私たち家族以上に神がバッバを愛していたのなら、神はきっと自分の創造物をいつか復活させたいと願うのではないか」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It occurred to me from time to time in my grief that if God had made Bubba, and knew and loved him even more than my family did, he could very well have some desire to bring his own treasured creation back to life someday.

神が「創造主と被造物」という関係を持たれているその他多くの動物についても同じことが言えるだろう。たとえ人間がその動物と関係を持っていなくても。結局、私たちの救い主は、「(雀の)一羽さえ、神の前で忘れられてはいない」と言われたのだから(ルカ12:6)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The same might go for many other creatures with which God has a relationship as their Creator and Sustainer, whether we humans happened to share in that relationship or not. After all, our Savior said that not even one sparrow is ever forgotten by him.

しかし、たとえそれが合理的な推測であったにしても、私は聖書に書かれたことに立ち返り、可能性で話をすることはやめておこう。どんな種類の死であっても、それが神の最初の計画にはなかったことを私たちは知っている。

そして新天新地、すなわち死と涙のないところ、そこには動物がいる。ただ、そこに私たちが知って愛してきたペットを含め、昔なじみの被造物として特定の動物がいるのかどうかは分からない。知ることができるといいのだが。ただ今のところ、神の恵みがそこまで届くように祈ることは大丈夫そうなので、ともかく天国は完璧なのだと信頼することに専念すればいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But even if this is a reasonable conjecture, I have to come back to what the Bible does and does not say on the possibility. We know that death of any kind was never part of God’s original plan, and that animals will certainly be part of the new heaven and earth, where death and tears will be no more. What we don’t know is whether these will be specific animals from the old creation, including those we’ve known and loved. I wish we knew. In the meantime, it seems okay to ask God if his grace might extend that far, while doing my best to trust that heaven won’t seem anything but complete regardless.

執筆者のベン・デブリーズは、動物に対するクリスチャンの声を上げる団体「ノット・ワン・スパロー」の創立者で管理者

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2012/april/do-pets-go-to-heaven.html

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.