速報

バチカンの秘密文書館にある第2次世界大戦時の文書を来年公開

投稿日:2019年3月6日 更新日: -

 

教皇フランシスコは4日、ローマ教皇庁(バチカン)の秘密文書館に保管されている第2次世界大戦時の文書を2020年3月2日に公開すると発表した。公開される文書は、故ピウス12世が教皇として在位していた1939~58年のもので、当時、ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺にカトリック教会が断固とした対応をとらなかった理由も明らかになると見られる。

バチカン秘密文書館の内部

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-速報
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.