ペットは天国に行けるのか(前編)

 

2014年11月、「天国の犬? 教皇フランシスコが御国の扉を開ける」という「ニューヨーク・タイムズ」紙の記事で、この興味深い問いかけがなされた。「いつの日か永遠の御国で再びペットと会えるだろう。御国はすべての神の被造物に開かれている」という主張は大きな反響を呼んだ。

(写真:Beate Klose)

この表明はたちまち、SNSやペット関連のNGO団体などによって拡散された。NGO団体はこの宣言を大絶賛し、カトリック教会の最高権威が自分たちに同調してくれたことに大きな満足感を示した。

実は、そのコメントが載った「コリエーレ・デラ・セラ」(イタリアの日刊紙)を英訳する際、大きな誤解が生じ、後に「ニューヨーク・タイムズ」はその記事が正確でなかったと謝罪した。多くのサイトがこの記事を分析し、教皇は別に天国の扉をペットに開いていないことを証明した。「ワシントン・ポスト」も、この記事の真偽を検証する記事を出し、元の言葉の詳細や誤解の経緯について明らかにした。

「御国はすべての被造物に開かれている」とする表明は、メディアで大きな反響を巻き起こし、多くの論争や論説、そして活発な議論を生んだ。間違ったニュースであったにもかかわらず、このテーマはさまざまな疑問や質問を呼び起こし、「ペットを飼いたい」という思い、そして愛するペットの未来についての不安をかき立てた。

著名な神学者であるジョン・パイパーも、ペットが御国へ行くかどうか、最終的な立場をはっきりさせるための討論に召かれた。

曖昧(あいまい)な表現

「『すべての被造物に御国への門は開かれている』という見解は、堕天使ルシファー(※)も神の被造物であることを考えると、非常に曖昧だ。当然、ルシファーは御国へ入ることはできない」とパイパーは指摘する。したがって天の御国には、すべての被造物に開かれている門はない。

天の御国でペットと再会する。これは、ペットが私たち人間と共に天の御国で過ごすことにほかならない。聖書にはそれについての明確な記述はないものの、このことに関する膨大な神学的解釈は存在する。天国でのペットとの共存について論ずるとき、犬や猫ばかりが取り上げられるが、その他の動物も神の御前に共にいることにならないだろうか。その他の動物は私たちの家で飼われないから、天の御国でも共にいないことになるのだろうか。

間に合わせのように多くの考えが慌(あわ)ただしく発表され、実際の解釈から独り歩きして、原理原則として手っ取り早く取り入れられ、政治的見解へと到達し、結果的にモラルの崩壊や犯罪を引き起こしてしまう。

真実かどうか、そしてこのようなトピックに対する聖書的原則の有効性を心配するクリスチャンのためにも、これは明確に検証され、精査されなければならない。米国の思想家リチャード・ウィーバーの著作のタイトルどおり、ややもすると「考えは重大な結果を引き起こす」(Ideas Have Consequences)からだ。(後編に続く)

※サタン、悪魔の別称。聖書では「堕天使ルシファー」という言葉はないが、「ああ、お前は天から落ちた、明けの明星、曙(あけぼの)の子よ。お前は地に投げ落とされた、もろもろの国を倒した者よ」(イザヤ14:12)と言われていることから、天から落ちた「明けの明星(ルシファー)」=堕天使=悪魔と同一視されるようになった。

Share

Related Posts

  1. 性的虐待に対応するための全世界の司教協議会会長会議 日本でもさまざまな対応

  2. 神戸改革派神学校の入学式をライブ配信、改革派教会の訪問動画も

  3. 東京神学大学の継続教育、4月から開講 大学院の科目を開放

  4. 千葉県南房総ボランティア報告 岩村義雄(神戸国際支縁機構)

  5. 2019年ニュース・ランキング(後編)

  6. 東洋英和女学院、深井智朗院長を懲戒解雇

  7. 北海道胆振東部地震 クリスチャン酪農家に聞く

  8. 7月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「福音の光」

  9. 日本初シェアハウス型難民シェルター「ジェラハウス」 トキワ荘のようにスーパースターを

  10. 核兵器禁止条約の発効受け 宗教界から相次ぎ声明

  11. 教皇フランシスコ、青年との集いなど 「最も重要なことは、何を手にしたかではなく、それを誰と共有するか」

  12. 九キ災が九州圏内からの教会ボランティア募集 2020年7月22日

  13. 上智大が関学大、ICUと連携協定を締結

  14. 中国・家庭教会への弾圧と香港教会の支援 倉田明子准教授に聞く

  15. れいわ山本太郎代表が都知事選立候補を正式表明 カトリック教会で過ごした少年時代

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。