同志社の国登録有形文化財「フレンド・ピース・ハウス」解体撤去

 

同志社創設期に建てられた国登録有形文化財「フレンド・ピース・ハウス」(京都市上京区)が昨年11月に解体撤去されていたことが19日までに分かった。老朽化した同志社幼稚園をこの敷地に2020年4月に新築移転するためだ。

(写真:「造形礼賛」提供)

フレンド・ピース・ハウスは1887(明治20)年、京都御所の東隣に宣教医ジョン・C・ベリー(1847〜1936年)の自宅として建てられ、最近まで共同研究室や会議室などに使われていた。京都御所の北にある同志社の今出川キャンパスからは歩いて10分ほどのところにある。

同志社創設期の教員で建築家でもあるD・C・グリーンが設計した木造の洋館。かつて「梨ノ木屋敷」とも呼ばれ、木造2階建ての瓦ぶきでありながら、洋風の開放的なベランダなどを備えた和洋折衷。白い下見板の壁に、緑色に塗られた柱や窓枠が美しかった。面積約250平方メートル。ここに住んでいたジョン・C・ベリーは「東のヘボン、西のベリー」と称された人物で、1872(明治5)年に来日し、87年に開業した同志社病院院長と京都看病婦学校校長を兼務した。

(写真:「造形礼賛」提供)

1911年、ハワイのT・リチャーズ夫妻の呼びかけで設立されたフレンド・ピース奨学会の所有となったが、同奨学会が創立25周年を迎えたのを記念して、同志社に建物や土地の管理を託し、留学生のための学生寮、「Friend Peace House布哇(はわい)寮」として使われることになった。97年に改修工事がされ、国際親善と平和という理念を尊重して、その後はおもに国際交流施設として利用された。2006年に「洋風意匠を基調とした住宅」の好例として国登録有形文化財に登録された。しかし、老朽化が著しく16年3月で使用をやめていた。

移築も検討したが、建物の調査により、部材の3分の2が傷みで再利用できないことが判明し、経費も数億円になるため断念したという。

Share

Related Posts

  1. マイノリティ宣教センターが入管法改悪に危機感 教会共同声明の賛同に58団体

  2. 山本与志春氏が青山学院第15代院長に就任

  3. 【訃報】 西川重則さん(平和遺族会全国連絡会代表) 2020年7月23日

  4. WCRP日本委 理事長に植松誠首座主教を再任 2020年7月13日

  5. 精神科医の田中哲さん講演 子どもたちに教会コミュニティーができること

  6. 第1次西日本豪雨ボランティア 岩村義雄(神戸国際支縁機構理事長)

  7. 日本キリスト教協議会 「2・8独立宣言、3・1独立運動100周年の声明」を発表

  8. クラスターの中で改めて考えた「共にに生きる」こと JOCS派遣ワーカー・雨宮春子さんの報告

  9. 教皇フランシスコが残してくれた福島への思い 信木美穂×鴨下全生ミニトーク

  10. 津田梅子はどんなクリスチャン? 新5000円札の顔

  11. 限定200人、子ども支援の新企画「Chosen(チョーズン)」の参加者を大募集 

  12. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「あさのことば」

  13. 「令」が2019年「今年の漢字」、聖書で「令」は?

  14. 学術会議人事介入問題で映画人有志 神学者ニーメラーの言葉を引用して抗議 2020年10月5日

  15. 9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「世の光」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。