クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】復活祭のスリランカの教会などで起こった自爆テロにより290人が死亡(対訳)

 

イースターの喜びは、すぐに恐怖と悲しみに変わった。スリランカで起きた自爆テロによって、少なくとも3つの教会と3つの高級ホテルが攻撃され、290人以上が死亡、約500人が負傷したのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The joy of Easter quickly turned into terror and grief for Christians in Sri Lanka this morning, where suicide bombers conducted coordinated attacks on at least three churches and three high-end hotels, killing more than 290 people and injuring almost 500.

コロンボ(写真:Anuradha Dullewe Wijeyeratne)

コロンボやその近辺で起きた事件が過激派イスラム教徒によるものだという推測に先走らないよう、政府は市民に促した。しかし、複数のメディアが入手した機密文書によると、警察は事件の10日前には、過激派イスラム教グループNTJ(National Thowheeth Jama’ath)が教会を標的としている可能性を警告しており、ある政府関係者もそのようにツイッターに投稿した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The government has urged citizens to resist speculating whether radicalized Muslims are to blame for the violence, which mostly took place in or around the capital city of Colombo. But police had been warned 10 days prior that churches may be targeted by a radical Islamist group, National Thowheeth Jama’ath, according to a security document obtained by multiple media outlets and posted on Twitter by a government official.

この爆破が宗教的動機を帯びたものであった場合、この数十年のうちで最も多くの血が流れたものだと専門家は指摘する。インドの南東に位置する島国スリランカでは、2009年に内戦が終結している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Experts say if the bombings end up being religiously motivated, they represent the bloodiest sectarian attacks in decades in the island nation, located southeast of India, where civil war ended in 2009.

シオン教会のあるバッティカロアの夕焼け(写真:Anton Croos)

シオン教会では、爆風で人々が吹き飛ばされ、賛美歌や聖書、瓦礫(がれき)が床に散らばり、ユリの花が祭壇の前に残された。教会のウェブサイトによれば、12人の子どもを含む28人以上の信者が死亡し、27人が負傷している。シオン教会は、バッティカロアの対岸にあり、カリスマ派のスリランカ・フリー・チャーチ連合に加わっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At Zion Church, rows of Easter lilies remained in front of the sanctuary as victims fled the blast, leaving behind hymnals, Bibles, and debris across the floor. More than 28 worshipers, including a dozen children, were killed and another 27 injured at Zion—according to its website, a charismatic church belonging to the Fellowship of Free Churches of Sri Lanka and located on the opposite side of the island in Batticaloa.

爆発の起こる数分前、イースターに訪れた自爆テロの実行犯に、そうとは知らずに挨拶(あいさつ)していた牧師の話を「タイムズ・オブ・インディア」紙は紹介している

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A report in the Times of India described a pastor greeting the suicide bomber, an Easter visitor, just minutes before the blast.

同教会のフェイスブックでは、主任牧師ローシャン・マヘサンがビデオ・メッセージを寄せ、こう記している。「親愛なる主がこの困難な時期にも私たち全員を慰めてくれますように」。午前8時45分ごろ(現地時間)に襲撃された場所には、他に二つのカトリック教会(コチカデの聖アンソニー教会、カタナの聖セバスチャン教会)、およびコロンボの3つのホテルがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“May the Dear Lord continue to comfort us all in this difficult time,” read a post on the church’s Facebook page, with a video message from its senior pastor, Roshan Mahesan. Other attacks took place at two Catholic churches, St. Anthony’s Shrine in Kochchikade and St. Sebastian’s Church in Katana, and three hotels in Colombo, all around 8:45 a.m. local time.

最初の報告で100人以上の礼拝者が殺害されたと伝えられた聖セバスチャン教会は、爆破後、落ちてきて屋根瓦で乱雑な状態になった会衆席の写真をフェイスブックに掲載し、コミュニティーに向けて「助けに来てほしい」と呼びかけた。教会の天井は吹き飛ばされ、壁には血が飛び散っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
St. Sebastian, where initial reports indicated that more than 100 worshipers had been killed, posted a brief plea on Facebook inviting the community to “come and help” after the bombing, along with photos of rows of disheveled pews covered in roof tiles, the church’s ceiling blown out, and blood splattered on the walls.

聖セバスチャン教会のあるニゴンボの市場(写真:Maaike Hage)

コロンボ大司教区の広報担当者エドモンド・ティラケラートは聖セバスチャン教会でCNNに語った。「これはスリランカ全土に対する攻撃だ。なぜなら、私たちは多民族、多宗教、多文化の国であり、復活祭は全土の人が集う日だからだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“This is an attack against the whole of Sri Lanka because [we are a] multi-ethnic, multi-religious and multi-cultural country, and the whole country comes together in celebration of Easter Sunday,” Edmond Tillekeratne, social communications director for the Archdiocese of Colombo, told CNN from St. Sebastian’s.

エドモンド・ティラケラート(自身のツイッターより)

コロンボ神学校の教員であるプラボディス・ミヒンドクラスリヤは、「クリスチャニティー・トゥデイ」に次のように語る。「私たちは落胆しています。10年間続いた平和の後、私たちは再び自爆テロを恐れて生きなければならない時代に突入しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We are dismayed by this turn of events,” Prabodith Mihindukulasuriya, a faculty member at Colombo Theological Seminary, told CT. “After 10 years of carefree existence, we are once again lunged into a period of having to live in fear of suicide bombers.

私たちは復活の主、そして復活の希望にすがっています。主なしでは、私たちは死の闇にいるも同然です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We cling to the Risen Lord and the hope of the resurrection,” he said. “Without him, we are in darkness and death.”

スリランカ福音同盟(NCEASL)は声明文で爆破事件を嘆きつつ、「苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい」(ローマ12:12)という聖句を引用している。そしてクリスチャンに、「悲劇の中にあっても冷静さを保ち、噂(うわさ)に惑わされないように」と呼びかけた(声明文全文は最後に掲載している)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Be patient in trouble, and keep on praying,” stated the National Christian Evangelical Alliance of Sri Lanka (NCEASL), citing Romans 12:12 as it deplored the bombings and urged Christians to “remain calm and refrain from being misled by rumours during this time of crisis” [full statement below].

ミーナクシ・ギャングリー

「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の南アジア局長、ミーナクシ・ギャングリーは、「ニューヨーク・タイムズ」紙で次のように述べている。「30年に及ぶ内戦でも、この規模の宗教的暴力は目にしたことがありません」。政府はこの襲撃に関連して13人を逮捕したが、彼らの所属に関する詳細は明らかにしていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In three decades of war, this scale of attack has never happened,” said Meenakshi Ganguly, the South Asia director at Human Rights Watch, in The New York Times. “In terms of serious, religion-based violence, we haven’t really seen that.” The government has arrested 13 people in connection with the attacks, but has not released further details about their affiliation.

ランディ-・ボヤゴダ

「攻撃者はターゲットをよく知っていて、最大の象徴的価値を得るため、それらを選んだようです」と、スリランカ出身のカトリック作家でトロント大学教授のランディー・ボヤゴダが「ニューヨーク・タイムズ」紙に書いている。そして、「多元主義だったこの島の長年の経験を、宗教的なテロリズムの世界的な流れが圧倒するかどうか」と思い巡らしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The attackers knew their targets well, and seem to have chosen them for maximum symbolic value,” wrote Randy Boyagoda, a Sri Lankan Catholic novelist and professor at the University of Toronto, for The New York Times. He wondered “whether the global currents of religiously inspired terrorism [will] overwhelm the island’s longstanding experience with pluralism.”

カトリックのコロンボ大司教区は夜のミサを中止し、スリランカ軍は教会やその他、危険が高まっている場所での警戒を強化した。大多数が仏教徒であるこの国で、キリスト教徒が占める割合は10%未満であり、信教の自由についての懸念が高まっていると取り上げられたことがある(「カンバセイション」には、この島のカトリックとプロテスタントの歴史に関する説明が書かれている)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Catholic archdiocese in Colombo canceled evening services, and the Sri Lankan army has increased security at churches and other sites that may be at risk. Christians make up less than 10 percent of the population of the majority-Buddhist nation, and have reported escalating concerns about their religious freedom.

超教派の宣教団体「オープン・ドアーズ」はスリランカを、「クリスチャンでいることが最も難しい50カ国」のリストで46位に位置づけ、次のように評価している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Open Doors ranks Sri Lanka as No. 46 on its World Watch List of the 50 countries where it’s hardest to be a Christian. It explains:

「スリランカは仏教徒が大多数を占める国家であり、歴史的な教会のクリスチャンはある程度の自由を享受しているが、仏教からの改宗者は二流市民として扱われ、中傷や攻撃に直面することがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sri Lanka is a majority Buddhist nation, and so while Christians from more historical churches enjoy a little more freedom in expressing their faith, believers from Buddhist backgrounds are treated as second-class citizens and can face slander and attacks.

仏教徒やヒンズー教徒からの改宗者は、家族や地域社会からの嫌がらせや差別に直面している。改宗は民族に対する裏切りと見なされており、撤回するよう圧力がかけられるのだ。多くの州立学校はキリスト教を教科として教えておらず、クリスチャン学生は仏教やヒンズー教を勉強するよう強いられている。農村地域の教会は攻撃を受けたり閉鎖させられたりするなど、信徒は襲撃を受けてきた」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Believers from Buddhist or Hindu backgrounds face harassment and discrimination from their families and communities. They are pressured to recant their new faith, as conversion is regarded as a betrayal of their ethnicity. The majority of state schools do not teach Christianity as a subject, so Christian schoolchildren are forced to study Buddhism or Hinduism. Churches in rural areas have been attacked or closed, and Christians have been assaulted.

2018年1月から9月までに起きた67件の事件と、信教の自由がより侵害されるようになったことを、昨年10月、スリランカの伝道者らはスリランカ福音同盟を通して報告し、訴えた。スリランカ最高裁判所は昨年8月、自分の宗教を「伝道する」権利は憲法によって保護されていないという判決を出した。「ワールド・ウォッチ・モニター」によると、これは、すべての宗教の中で仏教を「最優先」とし、国家保護のもとに置くものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last October, Sri Lankan evangelicals complained of rising religious freedom violations, with the NCEASL reporting 67 incidents from January to September 2018. Last August, the Sri Lankan Supreme Court confirmed that the right “to propagate” one’s religion is not protected by the Constitution, which gives Buddhism the “foremost place” among all other religions and places it under state protection, reported World Watch Monitor.

デイビット・カリー(「オープン・ドアーズ」のホームページより)

「オープン・ドアーズ」のCEOデイビット・カリーは次のように述べる。「スリランカの教会に対するこれらの一斉攻撃は、キリスト教徒の心に恐れを与えるために復活祭を狙って計画されたものです。しかし、そのような戦略は復活祭に勝利することはできません。苦しみの中に置かれている状況でも、イエスが死に打ち勝った証しによって結束するよう、私はすべてのクリスチャンに求めます。すべての人が自由に礼拝する権利を持つべきだと私たちは強く信じ、この攻撃に強く反対します」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“These coordinated attacks against churches in Sri Lanka were planned on Easter to strike fear in the hearts of Christians. But this sort of tactic will not prevail this Easter,” said David Curry, CEO of Open Doors USA. “I call on all Christians to unite in their suffering and in their testimony of how Jesus triumphs over death. We stand against this attack fiercely believing that all people should have the right to worship freely.”

悲しいことに聖週間は、少数派であるクリスチャンがテロリストの攻撃に直面する危険な時期であり、多くの教会はそれに備えて警戒を強めている。昨年の聖週間が始まる日曜には、エジプトコプト教会が襲撃を受けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sadly, Holy Week has been a dangerous time for places where Christian minorities face terrorist violence, and churches typically prepare with heightened security. Last year, Palm Sunday was the occasion for deadly attacks on Coptic Christians in Egypt.

ジョン・L・アレン・ジュニア

「悲しいことに、イースターの日曜日には、醜い、まったく予測可能なダイナミクスがあります」とベテランのカトリック・ジャーナリストのジョン・L・アレン・ジュニアが「クラックス」に書いている。「世界のどこかで教会が攻撃され、クリスチャンが理由もなく死ぬでしょう。それは、人生における信仰の大いなる祭典を祝うために礼拝に出席することを選んからです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Sadly enough, there’s now an ugly and utterly predictable dynamic on Easter Sunday,” wrote veteran Catholic journalist John L. Allen Jr. for Crux. “Somewhere in the world, full churches will be attacked and some number of Christians will die for no other reason than that they chose to attend services to celebrate what is supposed to be the faith’s great celebration of life.”

ジョニー・ムーア氏(自身のフェイスブックより)

米国際宗教自由委員会理事で福音派指導者のジョニー・ムーアは次のようにツイッターに投稿した。「クリスチャンはイースターの朝目覚めると、『今年はどこで殺人が起こっただろうか』と考える。『殺人が起こるだろうか』ではなく」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Johnnie Moore, an evangelical leader and commissioner with the US Commission on International Religious Freedom, tweeted: “Christians now awaken each Easter & ask, ‘WHERE will [we] be killed this year?’ Not, ‘IF.’”

彼はイザヤ54章14節を祈りとしてささげる。「あなたは恵みの業によって堅く立てられる。虐げる者から遠く離れよ、もはや恐れることはない。破壊する者から遠く離れよ、もはやそれがあなたに近づくことはない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He offered Isaiah 54:14 as a prayer: “You will be secure under a government that is just & fair. Your enemies will stay far away. You will live in peace, & terror will not come near.”

東南アジアの他の地域を見ると、1月にフィリピンの教会がテロリストの攻撃を受け、20人が殺されている。昨年5月には、インドネシアの3つの教会で少なくとも12人が殺害されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Elsewhere in Southeast Asia, terrorists attacked a Philippine church in January, killing 20, and three churches in Indonesia last May, killing at least a dozen.

以下がスリランカ福音同盟の声明全文だ。

スリランカ福音同盟は、イースターの日曜日(4月21日)に爆破の標的となったコチカデの聖アンソニー教会、カタナの聖セバスチャン教会、バッティカロアのシオン教会、そしてコロンボの3つの主要ホテルのことでひどく心を痛めている。メディアの報道によると、コロンボとバッティカロアでの爆破によって180人以上が死亡し、多くの負傷者を出している。さらに、デヒワラとデマタゴダでの爆発により、3人の警官を含む5人が死亡した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The [NCEASL] is deeply distressed and deplores the Easter Sunday (21 April) explosions targeting the St. Anthony’s Church in Kochchikade, St. Sebastian’s Church in Katana, Zion Church in Batticaloa, and three leading hotels in Colombo. The incidents in Colombo and Batticaloa, according to media reports, have left over 180 dead and several others injured. Moreover, explosions elsewhere in Dehiwela and Dematagoda left five dead, including three police officers.

スリランカ福音同盟は、人々(特にクリスチャン)に対して、悲劇の中にあっても冷静さを保ち、噂に惑わされないようと呼びかけている。また、政府と治安部隊に対して、状況を沈静させるための速やかな対処を求め、実行犯を法の下で裁くため、あらゆる措置を講じるよう求めている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The NCEASL calls on the general public and especially the Christian community in the country to remain calm and refrain from being misled by rumours during this time of crisis. The NCEASL also calls on the government and security forces to take all steps necessary to arrest the situation swiftly and bring the perpetrators of these attacks to justice.

最後にスリランカ福音同盟は、影響を受けるすべての人々に祈りと支援を提供しつつ、この残念な一連の事件で愛する者が傷つけられたり、命を落としたりして悲しんでいる人々のために祈るよう、国内、そして世界の教会に対して呼びかけている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Finally, while offering our prayers and support to all those affected, the NCEASL calls on the national and global Church to pray for those grieving the loss of loved ones and those injured in these unfortunate series of attacks.

「……、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい」(ローマ12:12)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“…Be patient in trouble, and keep on praying” Romans 12:12.

執筆:ケイト・シェルナット(この記事はジェレミー・ウェーバー記者によって更新された)

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/april/easter-church-bombings-kill-200-in-sri-lanka.html

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.