江戸禁教期の「キリスト誕生の馬小屋」模型、五島列島から発見

 

長崎県・五島列島最大の福江島の南部にある黒蔵(くろぞう)集落。1797年に長崎・外海の潜伏キリシタンが移住した3集落の一つだ。同地区に住む潜伏キリシタンの子孫が「キリスト誕生の馬小屋」模型(イタリア語でプレゼピオ)と思われる木箱を保管していた。大浦天主堂「キリシタン博物館」(長崎市)が5日、「当時の具体的な信仰形態が分かる貴重な資料」として発表した。観音像を聖母マリアに見立てた例はあるが、複数の像を配置して一つの場面を表す馬小屋模型は類例がなく、そのため異論もある。

「キリスト誕生の馬小屋」模型(写真:キリシタン博物館提供)

平山勇市さん(64)が十数年前、同地区に住む知人から木箱一式を譲り受け、自宅で保管していた。木箱は横幅が48・2センチ、高さが27・4センチ、奥行きが27・5センチ。その中には、ホラ貝から山伏が顔を出す根付(ねつけ)や如来像、役行者(えんのぎょうじゃ)像、三つの金属の棒状の像などが収められている。

布にくるまれたキリストに見立てたホラ貝の根付(写真:キリシタン博物館提供)

平山さんが所蔵している文書の中に、「日繰り」と呼ばれる教会暦の帳面や、「おんたいやのおらしょ」(クリスマス・イブの祈り)、「おんうまれなされた所」(ご誕生の晩の祈り)、「三人のていをう」(東方の三博士)という言葉、また五島で信仰具とされてきたアワビの殻があったことから、同館はこれを「馬小屋」と判断した。中央手前にあるホラ貝の根付は布にくるまれたキリスト、奥の役行者像は父ヨセフか神、その手前の小さい如来像は母マリア、右の三つの金属の像はキリストに贈り物をささげる「東方の三博士」とみられる。像の特徴から江戸時代の作という。

「日繰り」と呼ばれる教会暦(写真:キリシタン博物館提供)

木箱など一式は8月11日~9月26日、同館で開く初めての企画展「復活の島・五島列島 潜伏キリシタンの信仰と歴史」で公開している。

Share

Related Posts

  1. 五島列島の久賀島に潜伏キリシタン資料館オープン 殉教した信徒の子孫ら

  2. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「喜びへの扉」「光の泉」

  3. 帯広の「女性入植者のさきがけ」渡辺カネの聖書など、浦幌町立博物館で初公開

  4. J1得点王に輝いたジョー クリスチャンになり輝きを取り戻す

  5. 9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「世の光」

  6. 7月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「FEBC」

  7. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(11)ガラシャの娘、長と多羅

  8. 長崎西高生考案の「キリシぱん」、長崎のローソンで限定発売

  9. 2021年大河ドラマ「青天を衝け」 吉沢亮さん、救世軍と関わりの深い渋沢栄一を演じる

  10. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「キリストへの時間」

  11. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(2)明智光秀の娘、細川ガラシャの信仰

  12. 10月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「ライフ・ライン」満山浩之さんと安武玄晃さんがゲスト

  13. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(20)細川ガラシャを介錯した小笠原秀清の信仰

  14. 肺腺がん手術の河村隆一さん、日本福音ルーテル広島教会などで「教会ツアー」

  15. 米津玄師さんが紅白で歌った大塚国際美術館システィーナ・ホールと教会

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。