歴史

江戸禁教期の「キリスト誕生の馬小屋」模型、五島列島から発見

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

長崎県・五島列島最大の福江島の南部にある黒蔵(くろぞう)集落。1797年に長崎・外海の潜伏キリシタンが移住した3集落の一つだ。同地区に住む潜伏キリシタンの子孫が「キリスト誕生の馬小屋」模型(イタリア語でプレゼピオ)と思われる木箱を保管していた。大浦天主堂「キリシタン博物館」(長崎市)が5日、「当時の具体的な信仰形態が分かる貴重な資料」として発表した。観音像を聖母マリアに見立てた例はあるが、複数の像を配置して一つの場面を表す馬小屋模型は類例がなく、そのため異論もある。

「キリスト誕生の馬小屋」模型(写真:キリシタン博物館提供)

平山勇市さん(64)が十数年前、同地区に住む知人から木箱一式を譲り受け、自宅で保管していた。木箱は横幅が48・2センチ、高さが27・4センチ、奥行きが27・5センチ。その中には、ホラ貝から山伏が顔を出す根付(ねつけ)や如来像、役行者(えんのぎょうじゃ)像、三つの金属の棒状の像などが収められている。

布にくるまれたキリストに見立てたホラ貝の根付(写真:キリシタン博物館提供)

平山さんが所蔵している文書の中に、「日繰り」と呼ばれる教会暦の帳面や、「おんたいやのおらしょ」(クリスマス・イブの祈り)、「おんうまれなされた所」(ご誕生の晩の祈り)、「三人のていをう」(東方の三博士)という言葉、また五島で信仰具とされてきたアワビの殻があったことから、同館はこれを「馬小屋」と判断した。中央手前にあるホラ貝の根付は布にくるまれたキリスト、奥の役行者像は父ヨセフか神、その手前の小さい如来像は母マリア、右の三つの金属の像はキリストに贈り物をささげる「東方の三博士」とみられる。像の特徴から江戸時代の作という。

「日繰り」と呼ばれる教会暦(写真:キリシタン博物館提供)

木箱など一式は8月11日~9月26日、同館で開く初めての企画展「復活の島・五島列島 潜伏キリシタンの信仰と歴史」で公開している。

-歴史
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
雜賀信行(さいか・のぶゆき)

雜賀信行(さいか・のぶゆき)

「クリスチャン・プレス」編集長。カトリック八王子教会(東京都八王子市)会員。日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会(岡山市)で受洗。1965年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。90年代、いのちのことば社で「いのちのことば」「百万人の福音」の編集責任者を務め、新教出版社を経て、雜賀編集工房として独立。2001年からキリスト新聞社をはじめ、キリスト教出版社を中心に書籍や雑誌の編集を数百冊手がけてきた。著書に『人生が変わる聖書のことば60』(いのちのことば社)、『牧師夫人新島八重』『キリシタン黒田官兵衛』『宮沢賢治とクリスチャン』などがある。

今週のテーマはいのちのみことば
Print Friendly, PDF & Email

わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。

わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。

あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。

わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。

ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。

しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。

また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。

あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。

(ヨハネによる福音書 5:30-39)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.