クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ユージン・ピーターソン──天に行くのを前にして「さあ行こう」と楽しげだった(対訳)

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

日本でも『牧会者の神学』『イエスとともに祈る365日』『詩編とともに祈る365日』(日本キリスト教団出版局)、『若者は朝露のように』『信仰の友への手紙』(いのちのことば社)などで知られるユージン・ピーターソンが10月22日、召天した。(編集部)

ユージン・ピーターソン(写真:Clappstar)

ユージン・ピーターソン氏が、「同じ方向への長い服従」の生涯を完走した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eugene Peterson has completed his “long obedience in the same direction.”

長老派教会の牧師で、『メッセージ/聖書』(聖書の敷衍訳)の著者が85歳で亡くなった。心臓病と認知症のため、ホスピス病棟に入院して1週間後だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Presbyterian pastor, best known for authoring The Message Bible, died today at age 85, a week after entering hospice care for complications related to heart failure and dementia.

クリスチャン作家のウィン・コリアー氏が最初にツイッターでこのニュースをシェアした。「親愛なる友人であるユージン・ピーターソン牧師が今朝、召された。灯が消えた思いだ。だが彼は、最後の息を引き取るまで喜びにあふれていた。ユージンは、生涯愛した三位一体の神と共にいる。思い出よ、永遠に」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Author Winn Collier first shared the news on Twitter. “My dear friend and pastor Eugene Peterson has died this morning,” he wrote. “The lantern is out, but the joy he carried with him to his final breaths endures. Eugene is now with the Triune God he has loved his entire life. Memory eternal.”

『メッセージ/聖書』を出版した NavPress 社がピーターソン氏の死を明らかにした。遺族は、喜びにあふれた地上での最期の日々についてコメントを寄せた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NavPress, publishers of The Message, confirmed Peterson’s death. His family released a statement on his final, joyful days earthside.

「数日前から、地と天の間にある薄い聖なる境界を漂っているようでした。話し声が聞こえて、これは想像ですが、パラダイスにいる人々から歓迎を受けていたのだと思います。もともとはペンテコステ派でしたから、1、2度、異言を語っていたようです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“During the previous days, it was apparent that he was navigating the thin and sacred space between earth and heaven,” they stated. “We overheard him speaking to people we can only presume were welcoming him into paradise. There may have even been a time or two when he accessed his Pentecostal roots and spoke in tongues as well.

「最後の言葉は『さあ行こう』でした。最期の時まで喜びにあふれ、よく微笑んでいました。人はこのような時は口をつぐんでいるべきですが、何か言うならこうでしょう。『聖なる、聖なる、聖なるかな」」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Among his final words were, ‘Let’s go.’ And his joy: my, oh my; the man remained joyful right up to his blessed end, smiling frequently. In such moments it’s best for all mortal flesh to keep silence. But if you have to say something say this: ‘Holy, Holy, Holy.’ ”

その前の週、エリック・ピーターソン氏は父親の健康状態について、「急速に悪化していき、家族は緩和ケアを選択した」と語っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eric Peterson had shared an update about his father’s health status a week before, describing the author’s “sudden and dramatic turn” and the family’s decision to offer palliative care for his remaining days.

遺族はこうも語った。「月曜日に亡くなったのも彼らしい。牧師時代、『安息日』を大切にしていましたから。生涯、忠実に教会に尽くし、喜びをもって競争を走り抜き、今は満ち足りた神の国に入り、永遠の安息日を得たのだと改めて感じます」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It feels fitting that his death came on a Monday, the day of the week he always honored as a Sabbath during his years as a pastor,” the family stated today. “After a lifetime of faithful service to the church—running the race with gusto—it is reassuring to know that Eugene has now entered into the fullness of the Kingdom of God and has been embraced by eternal Sabbath.”

ピーターソン氏は昨年、「レリジョン・ニューズ・サービス」のインタビューで、「死については、恐怖より好奇心のほうが強い」と答えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last year, in a Religion News Service interview about the end of his career in public ministry, Peterson told Jonathan Merritt that he was more curious than fearful of death.

「何が起こるのかは分からない。だが、怖くはない。死の床にある人々と幾度も過ごしたが、その時の会話は最も心に残るものだ。信仰を持ち、精いっぱい生きた人々は死を恐れないのだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I have no idea how it’s going to work out. But I’m not afraid, I’ll tell you that,” he said. “I’ve been with a lot of people who are dying. I think those conversations are some of the best I’ve ever had. These are people who have lived a good life and who have embraced their faith. They’re not afraid.”

ピーターソン氏による私訳聖書とスピリチュアリティーに関する著作は、クリスチャン・リーダーだけでなく、信徒にも刺激を与えた。「クリスチャニティー・トゥデイ」はかつて彼を「牧者の中の牧者」と評した。自己啓発と、「もっと多くを」というメガ・チャーチのマーケティング・キャンペーンが目的の、騒がしいだけの浅薄な説教があふれ返る中で、クリスチャン・リーダーが堅固な聖書神学に立ち続けることを彼は目指した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Peterson’s Bible paraphrase and writings on spirituality inspired evangelical leaders and laity alike. CT had described him as a “‘shepherd’s shepherd’—a pastoral writer who aims to keep Christian leaders grounded in robust biblical theology amid the din of shallow preaching aimed at self-improvement and megachurch marketing campaigns to ‘do more.’”

彼は30冊以上の本を執筆した。その中の1冊、ベストセラーの『同じ方向への長い服従(A Long Obedience in the Same Direction)』では、信仰生活における弟子としての忍耐を説いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He was the author more than 30 books, including the bestselling A Long Obedience in the Same Direction, where he explored discipleship and perseverance in the Christian life.

「復活は、私たちの死後だけに関係している事柄ではない。今現在、どう生きているかに関わってくる」とピーターソン氏は2012年出版の自伝『牧師(The Pastor)』で述べている。「カール・バルトがニーチェを引用して言ったように、『墓のあるところに復活はある』のだ。自分の思うがままに生きたいという欲求をあきらめることで、死を練習する。断念と自制の中でのみ、復活の準備ができる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Resurrection does not have to do exclusively with what happens after we are buried or cremated. It does have to do with that, but first of all it has to do with the way we live right now,” he wrote in his 2012 memoir, The Pastor. “But as Karl Barth, quoting Nietzsche, pithily reminds us: ‘Only where graves are is there resurrection.’ We practice our death by giving up our will to live on our own terms. Only in that relinquishment or renunciation are we able to practice resurrection.”

『メッセージ』は NavPress 社では2冊目のミリオン・セラーとなり、現在までに2000万部が売れている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Message was the second title in the history of NavPress to sell more than a million copies, and has gone on to sell 20 million.

「この『聖書』という書物は、私たちへの愛のメッセージをどのように伝えているか。神の愛を伝える特別な神の言葉があるのか。どういった書物なのか。この本がどのように書かれたかということが、私たちが読み、理解することにどう影響するのか」と、『メッセージ』全巻が完成した2002年のインタビューで語っている。「これは重要な問いです。なぜなら、神の愛のメッセージは、神が私たちを愛されるのと同様の方法で届けられるからです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“How does this Book, this Bible, reveal The Message of love to us? Is there a special God language to convey this special God love? Just what kind of Book is this? And how does the way this Book is written control and shape and affect the ways in which we read and understand it?” he said in an interview in 2002, when the complete paraphrased version was released. “These are important questions because the way The Message of God’s love comes to us is exactly suited to the way God loves us.”

ピーターソン氏は、メリーランド州ベル・エアにある「われらの王キリスト長老教会(Christ Our King Presbyterian)」での30年近くにおよぶ牧師生活を終えてもなお教会に影響を与え続けている。ピーターソン氏の人気は、ロックバンド「U2」のフロントマン、ボノとの出会いを生み、2人は詩編を題材にした2016年の映画で共演した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Peterson’s influence among the church extended long after his nearly 30-year tenure as pastor of Christ Our King Presbyterian in Bel Air, Maryland. His popularity famously reached U2 frontman Bono, and the two appeared in a film about the Psalms in 2016.

「詩編を通じて『メッセージ』と出会った」とボノは語る。「ステージ前に控室でメンバーと詩編を読む。それからステージに出る。そうするとパワーをもらえるんだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I discovered Eugene Peterson’s The Message through the Psalms,” Bono said. “In the dressing room before a show, we would read them as a band, then walk out into arenas and stadiums, the words igniting us, inspiring us.”

クリスチャン・リーダーたちは、ピーターソン氏の死がソーシャル・メディアで広まると、相次いでコメントを発表した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Christian leaders shared brief tributes as word of Peterson’s death spread on social media.

ヒルソング・チャーチのブライアン・ヒューストン氏は言う。「神はピーターソン氏の文章の才能を、多くの人の霊的生活を再活性させるために用いられた。彼の著作は私に大きな影響を与えた」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“God has used your exceptional writing skills to deepen and revitalise the spiritual lives of many,” wrote Hillsong Church founder Brian Houston. “And God has used the fruit of your pen to deeply influence me.”

ピーターソン氏はペンテコステ派の教会で育ち、米国の長老派教会で牧師となった。リージェント・カレッジで教鞭をとり、シアトル・パシフィック大学、ニューヨーク神学校、ジョンズ・ホプキンズ大学で学位を取得した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Peterson, raised in the Pentecostal church and ordained in the Presbyterian Church (USA), taught at Regent College and held degrees from Seattle Pacific, New York Theological Seminary, and Johns Hopkins University.

ピーターソン氏の遺族はコメントの中で、最期の日々を祈り支えてくれた人々に感謝を述べている。また、モンタナ州カリスペルの第一長老教会で執り行われる葬儀をライブ配信したいとしているが、日程は未定。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In their statement, Peterson’s family thanked supporters for their prayers during the pastor’s final days. They plan to livestream his funeral, to be held at First Presbyterian Church of Kalispell, Montana, but have not set a date.

昨年、「クリスチャニティー・トゥデイ」はピーターソン氏の晩年の著作『カワセミが火と燃えて(As Kingfishers Catch Fire)』から、「私たちの信仰は、喜びに始まり、喜びに終わる」という言葉を引用した。「始まりと終わり、そしてその間のすべてが喜びである。喜びは神の創造物であり、神からの贈り物である。本物の聖書信仰であるなら、喜びに満たされないはずはない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last year, CT published an excerpt from one of Peterson’s final works, As Kingfishers Catch Fire. “The story of our faith, our very existence, begins and ends with joy,” he wrote. “… Joy at the beginning, joy at the end, joy everywhere in between. Joy is God’s creation and gift. No authentic biblical faith is conceivable that is not permeated with it.”

遺族は、ピーターソン氏がこの地上で主の喜びを生き切るさまを目のあたりにしたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
His family saw Peterson live that divine joy through his final moments on earth.

「彼を地上に与えてくださったことに心より感謝します。彼の喜びは完成されました」と遺族は述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“With full and overflowing hearts, we give thanks for the gift of his life,” they stated, “knowing that his joy is now complete.”

執筆:ケイト・シェルナット

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:
https://www.christianitytoday.com/news/2018/october/eugene-peterson-died-message-bible-long-obedience-resurrect.html

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

2018年11月17日 患難との戦い(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)
Print Friendly, PDF & Email

兄弟たち、わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立ったと知ってほしい。

つまり、わたしが監禁されているのはキリストのためであると、兵営全体、その他のすべての人々に知れ渡り、

主に結ばれた兄弟たちの中で多くの者が、わたしの捕らわれているのを見て確信を得、恐れることなくますます勇敢に、御言葉を語るようになったのです。

キリストを宣べ伝えるのに、ねたみと争いの念にかられてする者もいれば、善意でする者もいます。

一方は、わたしが福音を弁明するために捕らわれているのを知って、愛の動機からそうするのですが、

他方は、自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせているのです。

だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。

というのは、あなたがたの祈りと、イエス・キリストの霊の助けとによって、このことがわたしの救いになると知っているからです。

そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。

(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.