• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米CT】軍事クーデターに激しく声を上げるミャンマー福音派

【米CT】軍事クーデターに激しく声を上げるミャンマー福音派

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Despite becoming more vulnerable and disconnected following last week’s military takeover, the country’s Christian minority steps out in prayer and protest.
Evangelical pastors in Myanmar have taken to the streets alongside their Buddhist neighbors in the week since a military takeover, believing that God is on the people’s side and praying desperately for him to bring justice.
Amid nationwide internet and phone shutdowns, some churches gathering online due to the pandemic couldn’t connect to worship together last weekend, the first Sunday since the coup in the Southeast Asian nation formerly known as Burma. Hundreds of displaced Christians have been physically blocked out of their towns due to travel restrictions and roadblocks.
Ministries are scrambling to adapt so they can keep encouraging one another and ensure evangelism efforts don’t let up during another dark chapter in their country’s history.
“Our friends and relatives are unreachable, but they will not succeed in suppressing our voices,” said Michael Koko Maung, who leads a national network of church planters.
“On the ground, our brothers and sisters [believers] will continue their movement of peaceful civil disobedience, the drumming of pots and pans, peaceful mass marching demonstrations, and the chants of condemnation to the military. Abroad, we will let the world know that we are fighting back.”
Pastors in his network, Nehemiah Ministries, shared masked selfies of themselves crowded onto overpasses and holding signs at intersections as mass protests continued for a third straight day on Monday.
The unrest began a week before, on February 1, when the military detained civilian leader Aung San Suu Kyi, cut off communication and news networks, and put a commander in charge of the country. The move harkened back to decades of military rule and Suu Kyi’s historic fight as a pro-democracy activist.
The takeover exaggerates existing vulnerabilities for Myanmar’s Christian minority, according to Open Doors. In the past, the military government has upheld Buddhist culture and tradition to the extent that churches become subject to restrictions, one local pastor told the ministry.
ミャンマーの軍部による政権乗っ取りに行動を起こすクリスチャンたち

先週の軍部政権乗っ取りにより人々の活動は弱められ、つながりは遮断された。それでもクリスチャンたち(ミャンマーではマイノリティ)は、祈りと抗議の行動に踏み出している。

軍の乗っ取りから一週間が過ぎたが、在ミャンマーの福音派の牧師たちは仏教徒の人々と共に街頭での行動を起こしている。そして神は人々の側にいると信じ、正義を懇願するように神に祈っている。

インターネットと電話が全国的に閉鎖され、新型コロナウイルスの影響でオンラインでの集会を余儀なくされていたミャンマー(旧ビルマ)の幾つかの教会は、クーデター発生後、初めてとなる礼拝を持つことが出来なかった。避難している何百人ものクリスチャンは、移動制限を受けて物理的にも町から遮断されている。

諸宣教団体は互いを励まし合いながら、この国が新たに突入した難局の間にも伝道の働きが途切れないようにと対応に奮闘している。

「友人や親戚とは連絡が取れないでいますが、彼ら(軍事政権)に私たちを黙らせることは出来ません」とキリスト教教会設立の全国ネットワークを率いるマイケル・ココ・マウン氏は語る。

「国内では、私たちの兄弟姉妹(信者)は、平和的な市民的不服従、鍋やフライパンを太鼓に見立てた平和的な行進デモ、軍を非難する声明の働きを続けます。海外では、私たちの戦いについて世界に知らせます。」

彼のネットワークに参加している牧師団体の一つ、ネヘミア・ミニストリーは交差点で看板を掲げるメンバーの自撮り写真(マスク着用のもの)を共有した。
撮影が行われた高架道路の近くでは月曜日から3日連続で大規模な抗議行動が続いていた。

この騒乱は2月1日、軍がアウンサン・スーチー氏を拘束し、通信とメディアを遮断させ、独自の司令部を置いたことに端を発している。
この動きは、何十年にもわたる軍事政権と、民主化運動家として長らく活動を続けてきたスーチー氏の戦いを改めて思い起こさせるものだ。

宣教団体「オープン・ドアーズ」によると、政権転覆によってミャンマーの少数派キリスト教徒の脆弱性は更に強められるという。過去にも、軍政が仏教の文化と伝統を支持する動きを強めた影響で、教会が活動を制限されたこともある、とある地元の牧師はオープン・ドアーズに語っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Evangelicals make up just under 5 percent of the country’s population and are its largest religious minority. Despite the risk of retribution, some Christian institutions and individual pastors have spoken out. The Myanmar Evangelical Christian Alliance as well as an interdenominational Christian group in Mandalay, the second-largest city in the country, recently issued statements condemning the coup.
“The leaders in high positions in the church have the most to lose. If they are vocal, they and their denominations could be targeted for prison/house arrest, or the military could use deadly force as they have in the past and in many of the former leaders’ memories,” said Ellis Craft, Southeast Asia ministry director for the US-based missions organization Reach A Village.
“The churches that are growing the fastest in Myanmar like Nehemiah Ministries are nearest to the ground and are active in the communities,” said Craft. “It makes sense that they are the ones out there standing up to injustice.”
Maung shared with CT over Facebook Messenger that a small group of leaders were able to meet in his office in Yangon Monday to coordinate ministry activities. Since the coup, they have had to figure out how to get funds to pastors in the field while money transfer apps are down and make plans for continuing house worship in cell groups. (COVID-19 restrictions allow gatherings of fewer than 30 to continue to meet.)
Day by day, more of the network’s pastors have joined the protests. But more than anything, they continue to pray together. “Christians in Myanmar are not timid and coward, but Christians might fight with [their] greatest weapon, prayer and Jesus himself,” Maung wrote. “We also request all of you who sympathise [with] us, pray for us in this fight to overcome sin and Satan’s schemes.”
The recent unrest threatens internally displaced minorities within the country, such as “more than 500 believers, including missionaries, trapped in Kyaukkyi, in the Bago Region” without the aid they need, another local Christian reported to Open Doors. In Chin state, a part of Myanmar bordering India and Bangladesh, believers worry about possible human rights abuses as the military presence increases.
The coup compounds the suffering the citizens of Myanmar have known all their lives, leaders say. Christians, though, continue standing on the promises of God and the hope that he will hear their unceasing prayer just as the government hears the protesters filling the streets.
There’s been “time to pray, time to wait, time to keep silent,” said Maung. “But it’s time to shout.”

ミャンマーと福音派

福音派は国の人口の5%弱を占めており、少数派の宗教としては最大規模だ。報復のリスクをおかしながらもこの問題に声を上げるキリスト教団体や牧師も出てきている。ミャンマー福音派キリスト教同盟、そしてマンダレー(国内2番目の大都市)の超教派キリスト教団体は先日、クーデターを非難する声明を発表した。

「最も大きなリスクを冒しているのは教会の高い地位にいる指導者たちです。声を上げることで、自らとその所属団体を投獄や軟禁の危険にさらすことになります。場合によっては命の危険すらあることは、軍が過去の(キリスト教)指導者たちに行ってきたことを思い出せばわかることです」と東南アジア・ミニストリーのエリスクラフト代表は語る。
同団体は米国を拠点とする宣教団体「リーチ・ア・ビレッジ」によって運営されている。

「ネヘミア・ミニストリーのようにミャンマーで急成長しているキリスト教団体は、国内にもっとも根を下ろした活動であり、地域社会での活動を行っています」「当然、彼ら・彼女らが最前線でこの不正に直面しています」と同氏は述べる。

(キリスト教教会設立の全国ネットワークを率いる)マウン氏はフェイスブックメッセンジャーを介して本紙のインタビューに応えた。月曜日、ヤンゴンにある彼のオフィスで数名の指導者たちが集まり、ミニストリーの活動を調整することができたという。
クーデター以来、送金アプリが停止したために、現場の牧師に資金を提供し、セルグループ形式で家庭礼拝を続ける計画を立てる必要があった。(新型コロナウイルスの影響により、30人以上の集会は制限されている)

ネットワークに連なる多くの牧師が日々、抗議に参加している。そしてなにより、彼らは共に祈り続けている。
「ミャンマーのクリスチャンは怖気づくような人々ではありません。クリスチャンは(最大の武器である)祈り、そしてイエスと共に戦うことが出来ます」「私たちに想いを寄せる(世界の)みなさんに伝えたい。罪とサタンの計画を克服するためのこの戦いにある私たちのために祈ってください」とマウン氏は書いている。

別の地元キリスト教メンバーは、この不安定な状況にのなかで「バゴー地域のチャウッキでは宣教師を含む500人以上の信者が閉じ込められて」おり、国内のマイノリティたちは必要な援助を受けることができていない、オープン・ドアーズに報告している。
インドとバングラデシュと国境を接するチン州では、軍事的緊張が高まるなかでクリスチャンの人権が侵害される懸念が強まっている。

ミャンマーの人々はこういったクーデターによる苦しみをよく知っている。と指導者たちは言う。しかしキリスト教徒たちは、神の約束のために立ち上がり続けるだろう。
抗議者たちが通りを埋め尽くし、政府に対して声を上げるように、彼ら・彼女らはその絶え間ない祈りを神に届け続けるのだ。

マウン氏は言う「これまでに祈る時間、待つ時間、沈黙する時間はありました」「しかし、今は激しく声を上げる時です。」

執筆者はケート・シェリナット
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の編集をしています。
出典URLhttps://www.christianitytoday.com/news/2021/february/myanmar-coup-burma-christian-pastors-protest-pray-yangon.html

Share

おすすめ