「集会」 一覧

キリスト教一致祈祷週間、18日から25日まで テーマは「ただ正しいことのみを追求しなさい」
キリスト教一致祈祷週間が18日(金)〜25日(金)、全世界で行われる(南半球の国は1月が休暇の時期なので、ペンテコステ前後など、別の日程で行われる地域もある)。今年は、申命記16章18〜20節から「ただ正しいことのみを追求しなさい」がテーマ
教皇フランシスコ、新年の挨拶で中国との暫定合意について語る
教皇フランシスコは7日、駐バチカン(ローマ教皇庁)外交団を前に新年の挨拶(あいさつ)をした。バチカンと正式に外交を結ぶ183カ国と、マルタ騎士団、欧州連合の代表者の前で教皇は、昨年、教皇庁と中国で結ばれた暫定合意について話した。
「バルトロメオス1世を全正教会の最高指導者とは認めない」とロシア正教会のモスクワ総主教キリル1世
ロシア正教会のモスクワ総主教キリル1世(72)は12月30日、コンスタンチノープル(現イスタンブール)総主教庁のエキュメニカル総主教バルトロメオス1世(78)に書簡を送り、「全正教会の最高指導者とはもはや認めない」と通告した。
ウクライナの正教会、来年1月の独立に向けて統一 ロシア正教会は反発
ウクライナ正教会は15日、首都キエフで主教会議を開き、教会を統一することを決めた。来年1月6日には、コンスタンチノープル総主教庁が独立を正式に承認する見通し。3世紀にわたってウクライナ正教会を管轄下に置いてきたロシアは激しく反発している。
バチカンでクリスマス・ツリー点灯式、砂のプレゼピオも
バチカンのサンピエトロ広場で7日、関係者や巡礼者らが見守る中、毎年恒例のクリスマス・ツリーの点灯式が行われた。また、同広場に11月下旬に運び込まれた720トンもの砂から、彫刻家グループによって制作された砂のプレゼピオもこの日、公開された。
「天に栄光、地には平和」 日本聖書協会クリスマス礼拝
日本聖書協会主催のクリスマス礼拝が6日、日本基督教団・銀座教会(東京都中央区)で開催された。その後、聖書事業功労者表彰が行われた。今年は、虎ノ門法律事務所代表(弁護士)で教文館会長の宮原守男(みやはら・もりお)氏(90)が表彰された。
被爆体験を語り続けるのは道義的な責任 サーロー節子さん講演会
サーロー節子さんによる講演会が4日、東京・六本木にある国際文化会館岩崎小彌太記念ホールで行われた。昨年、ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「ICAN」(核兵器廃絶国際キャンペーン)の中心的貢献者であり、授賞式では被爆者として初めて演説した。
国会クリスマス晩餐会2018 中嶋常幸さん、スランプと祈りの中で見つけたもの
国会議員と共にクリスマスを祝う「国会クリスマス晩餐会2018」(主催:インターナショナルVIPクラブ)が26日、ホテル・ニューオータニ東京で開かれた。メイン・スピーカーはプロ・ゴルファーの中嶋常幸(なかじま・つねゆき)さん。
第2回日本青年伝道会議 テーマは「神の国マインドに生きる」(後編)
日本福音同盟(JEA)青年委員会が主催する「第2回日本青年伝道会議」(NSDⅡ)が22日から24日まで、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)などを会場に開催された。「神の国マインドに生きる」をテーマに、中学生から社会人まで約58
第2回日本青年伝道会議 テーマは「神の国マインドに生きる」(前編)
日本福音同盟(JEA)青年委員会が主催する「第2回日本青年伝道会議」(NSDⅡ)が22日から24日まで、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)などを会場に開催された。「神の国マインドに生きる」をテーマに、中学生から社会人まで約58

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.