集会

被爆体験を語り続けるのは道義的な責任 サーロー節子さん講演会
サーロー節子さんによる講演会が4日、東京・六本木にある国際文化会館岩崎小彌太記念ホールで行われた。昨年、ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「ICAN」(核兵器廃絶国際キャンペーン)の中心的貢献者であり、授賞式では被爆者として初めて演説した。
国会クリスマス晩餐会2018 中嶋常幸さん、スランプと祈りの中で見つけたもの
国会議員と共にクリスマスを祝う「国会クリスマス晩餐会2018」(主催:インターナショナルVIPクラブ)が26日、ホテル・ニューオータニ東京で開かれた。メイン・スピーカーはプロ・ゴルファーの中嶋常幸(なかじま・つねゆき)さん。
第2回日本青年伝道会議 テーマは「神の国マインドに生きる」(後編)
日本福音同盟(JEA)青年委員会が主催する「第2回日本青年伝道会議」(NSDⅡ)が22日から24日まで、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)などを会場に開催された。「神の国マインドに生きる」をテーマに、中学生から社会人まで約58
第2回日本青年伝道会議 テーマは「神の国マインドに生きる」(前編)
日本福音同盟(JEA)青年委員会が主催する「第2回日本青年伝道会議」(NSDⅡ)が22日から24日まで、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)などを会場に開催された。「神の国マインドに生きる」をテーマに、中学生から社会人まで約58
キリシタンは弾圧されただけではかなった 國學院大學シンポジウム「考古学が明かす新たなキリシタン像」
シンポジウム「考古学が明かす新たなキリシタン像」が10月13日、國學院大學(東京都渋谷)で開催された。國學院大學准教授の深澤太郎さん、東京藝術大学非常勤講師の今野春樹さん、大浦天主堂キリシタン博物館研究部長の大石一久さんが研究成果を報告した
防災フェスタ2018 災害に備えて超教派で教会ネットワークを
埼玉県新座市と、東京都東久留米市、清瀬市の教会が合同で行う「防災フェスタ2018」(主催:キリスト教会防災ネットワークNHK)が9月30日、自由学園(久留米市)で開催された。地元の教会の信徒や近隣の住民など約150人が参加した。
「私は貧しくなるために生まれてきたのではない」TOKYO WORLD FOOD DAY+GOSPEL
「TOKYO WORLD FOOD DAY+GOSPEL」が20日、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で開催された。ライブの合間、ハンガーゼロのコンゴ民主共和国駐在スタッフ、ジェローム・カセバさんが現地の状況や課題などを話した
第49回キリスト教功労者顕彰式 「小さなことの積み重ねが、神の国の大きな出来事につながる」
キリスト教功労者顕彰式が22日、教文館ウェンライトホールで行われ、建築家の稲冨昭(いなどみ・あきら)さん、名古屋大学医学部名誉教授の戸田安士(とだ・やすし)さん、キリスト教保育連盟名誉理事の長山篤子(ながやま・あつこ)さんが顕彰された。
特別展「キリシタン──日本とキリスト教の469年」國學院大學博物館で開催中
世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が登録されたことを記念する特別展「キリシタン──日本とキリスト教の469年」(主催:國學院大學博物館、西南学院大学博物館)が國學院大學渋谷キャンパス(東京都渋谷区)で開催されている。
西川重則さん「侵略と加害の歴史を繰り返さないために」 第3回戦争に関する証言集会
第3回「戦争に関する証言者集会」が9月14日、日本基督教団・新宿西教会で行われ、西川重則さんが講演した。「『二度と戦争をしない、させないために何をしたらよいか』と考えた時に、『戦争は国会から始まる』という結論に至ったのです」と語る。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.