「集会」 一覧

有名建築家が手がけた「近代モダニズム建築」日本基督教団・西条栄光教会の牧師館 完成見学会
日本基督教団・西条栄光教会(愛媛県西条市、古谷健司牧師)の67年前に建てられた牧師館を保存する改修工事が終わり、23、24両日に完成見学会が開かれる。有名な建築家が手がけた貴重な「近代モダニズム建築」を後世に残そうというプロジェクト第一弾。
宝の民が教会を成長させる 赤江弘之著『聖書信仰に基づく教会形成──西大寺キリスト教会の歩みを一例として』(ヨベル)
日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会(岡山市)の主任牧師、赤江弘之氏(75)による新刊『聖書信仰に基づく教会形成──西大寺キリスト教会の歩みを一例として』(ヨベル)が刊行された。教会成長の軌跡を「恵みの終活」としてまとめたのが本書。
へりくだった「僕(しもべ)」としてのクリスチャン・リーダー
キリストはその働きの初めに荒れ野を通られた。キリストのリーダーシップは、十字架、荒れ野、ロバに象徴される。主イエス・キリストはへりくだり、そして僕たることを受け入れられた。キリストのリーダーシップは、この世界の支配者とは違っていたのだ。
2019年度「世界平和の日」のテーマは「平和に奉仕する良い政治」
全世界のカトリック教会では毎年1月1日を「世界平和の日」として、特別に平和のために祈るが、教皇フランシスコは7日、来年度「世界平和の日」のテーマを発表した。それは「平和に奉仕する良い政治」(仮訳)。
キリシタンは弾圧されただけではかなった 國學院大學シンポジウム「考古学が明かす新たなキリシタン像」
シンポジウム「考古学が明かす新たなキリシタン像」が10月13日、國學院大學(東京都渋谷)で開催された。國學院大學准教授の深澤太郎さん、東京藝術大学非常勤講師の今野春樹さん、大浦天主堂キリシタン博物館研究部長の大石一久さんが研究成果を報告した
防災フェスタ2018 災害に備えて超教派で教会ネットワークを
埼玉県新座市と、東京都東久留米市、清瀬市の教会が合同で行う「防災フェスタ2018」(主催:キリスト教会防災ネットワークNHK)が9月30日、自由学園(久留米市)で開催された。地元の教会の信徒や近隣の住民など約150人が参加した。
「私は貧しくなるために生まれてきたのではない」TOKYO WORLD FOOD DAY+GOSPEL
「TOKYO WORLD FOOD DAY+GOSPEL」が20日、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で開催された。ライブの合間、ハンガーゼロのコンゴ民主共和国駐在スタッフ、ジェローム・カセバさんが現地の状況や課題などを話した
第41回日本基督教団総会 テーマは「伝道する教団の建設──伝道の命と力の回復」
第41回日本基督教団総会が23日から25日まで、ホテル・メトロポリタン(東京都豊島区)で開催された。今年度の総会では49の議案が用意され、2日目の冒頭には、「ミナハサ福音キリスト教会(GMIM)とその宣教協約に関する件」が審議された。
第49回キリスト教功労者顕彰式 「小さなことの積み重ねが、神の国の大きな出来事につながる」
キリスト教功労者顕彰式が22日、教文館ウェンライトホールで行われ、建築家の稲冨昭(いなどみ・あきら)さん、名古屋大学医学部名誉教授の戸田安士(とだ・やすし)さん、キリスト教保育連盟名誉理事の長山篤子(ながやま・あつこ)さんが顕彰された。
【速報】日本基督教団総会議長に石橋秀雄氏が再選 副議長に久世そらち氏
日本基督教団の第41回教団総会が23日〜25日、ホテル・メトロポリタン(東京・池袋)で行われ、現職の石橋秀雄氏が再選された。5期目。石橋氏の得票数188票。副議長選挙は再々投票の末、決選投票で久世そらち氏に決まった。得票数は187票。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.