教会でのイベントによって新型コロナ・ウイルスがフランス全土に拡散した可能性──牧師とその家族が感染

 

フランスのオーラン県ミュルーズ市ブールツヴィラー地区にあるメガチャーチ※「クリスチャン・オープンドア教会」のイベント(2月17~21日)が、新型コロナ・ウイルスの感染源であることが確認された。ミュルーズ市は、ドイツ(やスイス)との国境近くにある。

※クリスチャン・オープンドア教会は、礼拝出席者が2200人を超えるフランスで2番目に大きいペンテコステ派教会(2017年)。1965年、現在の主任牧師であるサミュエル・ピーターシュミット氏の父親であるジャン氏によって設立され、87年にサミュエル氏が後任となった。

フランス日刊紙「ル・モンド」によると、イースター前の準備期間であるレント(四旬節)中に行われた伝統的なイベントは、フランス、スイス、ベルギー、ドイツから2000人以上を集め、そこで数十人の信者が感染したという。

教会の聖歌隊と主任牧師のサミュエル・ピーターシュミット氏(写真:Strikehard)

感染者の中には、同教会のサミュエル・ピーターシュミット牧師やその家族、親族20人が含まれている。医師であり同牧師の息子であるジョナサン・ピーターシュミット氏は、「ふだん同じ家には住んでいないが、祈りと断食の期間中、同じ場所にいた」と述べている。

ジョナサン氏は今月初めより妻や息子と一緒に、アルト・レノ地区にある自宅に隔離されている。アルト・レノ地区は、フランスで最も新型コロナ・ウイルスの感染が深刻な地区だという。

「私の症状は季節性インフルエンザと同じだったものの、状況を考慮して検査を受けたところ、陽性反応が出たのです」と「ル・モンド」紙の取材に答えている。

クリスチャン・オープンドア教会のサイトでは、すべてのイベント参加者に対して、医師の診断を受けるよう要請している。

ジョナサン氏は、「イベントに参加した皆さんの多くが感染していても不思議ではありません」と述べている。

本記事は、ブラジルのキリスト教メディア「ゴスペル・プライム」に掲載された記事より翻訳し、編集しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.gospelprime.com.br/evento-em-igreja-pode-ter-espalhado-coronavirus-na-franca/?

Share

Related Posts

  1. 中国地下教会の司教が死亡か 公認教会加入拒み20年以上消息不明 2020年7月21日

  2. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ブック・アワード2019(3)

  3. フランスで小児性愛者の神父による犠牲者は数千人

  4. 青山学院、草苑学園と教育提携に関する協定を締結

  5. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】無宗教は増えるが、福音派は安定し、主流派も微増傾向(前編)

  6. ドイツ極右政党の躍進でメルケル首相後継者が辞意

  7. 東洋英和女学院で全学院新年度礼拝、メッセージは新学院宗教部長の伊勢田奈緒氏

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2020年ブック・アワード(1)

  9. 福島原発事故10年でバプ連声明 原子力技術からの撤退求める

  10. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】今回の大統領選における福音派のトランプ支持は前回よりも厚い ―― 「祈り・賛美・愛国心」を掲げた集会で見えてきたもう一つの注目点 (3)

  11. バプ連靖国問題委が見解表明 コロナ状況下の天皇制の問題指摘 2020年9月1日

  12. アバコスタジオに「FOUR TUNE」誕生 試写機能を備えた日本で唯一のコンセプト・スタジオ

  13. 桜美林大学 2020年に新キャンパス

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】女性は男性よりも多く聖書を読む。それはなぜか?バイブルスタディ関係者が語る理由 (3)

  15. 「コロナ対策の礼拝制限を違憲」 米最高裁が早くも保守色 2020年12月25日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。