2020年7月29日「気落ちした者を力づけてくださる神」

 

しかし、気落ちした者を力づけてくださる神は、テトスの到着によってわたしたちを慰めてくださいました。(コリントの信徒への手紙二 76節)

 

コリント教会はパウロが伝道してできた教会である。彼が去った後、教会に他の伝道者が入って来て、分派やさまざまな問題が生じた。教会は問題が起こらない理想郷ではない。人間の集まりであるから、不満、誤解、争いが生じる。問題が生じた時、どのように対応するかによって、教会がこの世の集まりと同じか、神の教会かが試される。一人ひとりがへりくだって神の御心を聞き、祈る時、神が教会を建ててくださる。パウロはコリント教会の諸問題に答えて何度も手紙を書き送った。自ら足を運んで語りもした。しかし、真意は理解されず、パウロは教会を「破滅させる」、だまし取っている」などと中傷された。それが自分への中傷だけではなく福音にかかわることであると知ったパウロは、「悩みと愁(うれ)いに満ちた心で、涙ながらに手紙を」書いた(24。彼はこの手紙をテトスに託した後で、厳しく言いすぎたのではないかと後悔した。パウロはテトスの帰りを待つ間、安らぎがなく、気落ちしていたが、テトスが吉報をもたらした。教会がパウロの言葉を受け止め、自分たちの罪を悲しみ、悔い改めたという。今日の聖句は、パウロが感謝して書いた手紙の一文である。

 パウロが苦しみつつも教会にかかわり続け得たのは、気落ちした者を力づけてくださる神がおられるからである教会で、家庭で、職場でさまざまな役割を担っている私たちは、諸問題に直面すると、安らぎを失い、気落ちしてしまう人間である。しかし、そうであっても、神は必ず慰め、力づけてくださるごとを覚えて、逃げずに与えられた役割を担い続けたい。

Share

Related Posts

None found

  1. 一足お先にサンタクロースの日!? 〜聖ニコラウスの祝日〜

  2. 神さまが共におられる神秘(79)稲川圭三

  3. 神さまが共におられる神秘(31)稲川圭三

  4. 思い出の杉谷牧師(9)下田ひとみ

  5. 2020年7月23日「土の器」

  6. 【トナリビトの怪】(7)太平洋弧に立つイエス 波勢邦生 『アーギュメンツ#3』

  7. 2020年11月7日「目を上げて畑を見るがよい」

  8. 11月16日は茨城キリスト教大学と青山学院大学の創立記念日

  9. 3月5日「お前たちの家は見捨てられ荒れ果てる」

  10. 牧会あれこれ(15)賀来周一

  11. 2020年9月24日「神は、お示しになりました」

  12. 5月18日「いつまで、共におられようか」

  13. 900年の時を超えた「仲直り」 〜東西教会の「和解」の日〜

  14. 【今日は何の日】1954年7月30日 エルヴィス・プレスリーの初パフォーマンス

  15. 【今日は何の日】◆8月27日 男はつらいよの日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。