2020年7月30日「神の御心に適った悲しみ」

 

神の御心に適(かな)った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします。(コリントの信徒への手紙二 7章10節)

 

 コリント教会の信徒たちは、パウロの手紙によって神の御心を知り、自分たちが犯した過ちを悲しみ、悔い改めた。パウロは彼らの悔い改めに導かれた悲しみを、「神の御心に適った悲しみ」であると言う。

 今日の聖句で、パウロは悲しみには「神の御心に適った悲しみ」と「この世の悲しみ」とがあると言う。「この世の悲しみ」は自分の犯した罪を後悔するが、罪を告白して赦(ゆる)しを乞うことをしない。自分を責めて自虐的になるか、時代や他者のせいにして自己正当化する。自分が犯した罪に気づいても、悔い改めに導かれない「この世の悲しみ」は、新しい歩みを生み出さないばかりか、死と滅びをもたらすのである

 「神の御心に適った悲しみ」とは、自分が犯した罪を神の前で悲しむことである。神に罪の赦(ゆる)しを願わないではおれない悲しみである。神は私たちが自分の罪を悲しみ、赦しを願う時、主イエスの十字架の恵みを注いで罪を赦してくださる。そして、まず私たちに神の和解を与え、そして他者との和解に導いてくださる。神の赦しの恵みが私たちのうちに「悔い改めを生じさせ」、自分が犯した罪をはっきりと告白させる。私たちが自分の罪を深い悲しみをもって告白する時、神は私たちを救い、新しい歩みへと踏み出させてくださる。私たちキリスト者は日々、み言葉の光に照らされ、神に罪を裁かれ、罪を赦されて、隣人に赦しを乞う者となり、また隣人を赦す者とされてゆく。神の和解は人と人とを和解へと導く道である。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年11月8日「あなたがたは、決して信じない」

  2. 2020年8月18日「来年は実がなるかもしれません」

  3. 2020年12月12日「父がお与えになった杯は」

  4. 2020年11月27日「お前の王がおいでになる」

  5. 2020年8月28日「神の国はあなたがたの間にある」

  6. 4月14日「自分のために残しておいた」

  7. 1月10日「みだらな思いで、見る者は誰でも」

  8. 2020年10月22日「愛によって造り上げられて行く」

  9. 2月15日「自分の十字架を背負って」

  10. 2020年11月1日「イエスの言われる神殿とは」

  11. 2020年7月23日「土の器」

  12. 3月20日「あなたがたに会いたいのは、力になりたいから」

  13. 2020年12月19日「あなたがたに平和があるように」

  14. 2020年9月9日「ここにはおられない。復活なさったのだ」

  15. 2020年8月8日「あなたの信仰があなたを救った」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。