2020年7月31日「主の貧しさによって、豊かになるため」

 

主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです。(コリントの信徒への手紙二 89節)

 

 パウロはコリント教会にエルサレム教会支援の献金を呼びかける。彼は、マケドニア諸教会の信徒たちが激しい試練と極度の貧しさにありながら、献金によって「人に惜しまず施す豊かさとなった」例をあげる。お金に縛られない豊かさである。彼らは苦しみの中で神に守られていることを喜び、ただお金を献げただけでなく、「まず主に、・・・自分自身を献げた」(5節)と言う。パウロはコリント教会の信徒たちに、あなたがたは「すべての点で豊かなのですから、この慈善の業においても豊かな者となりなさい」(7節)と勧める。

 パウロは献金のことを「恵み」と言う(1、3、7節の「慈善の業」の原語も「恵み」である)。献金は神の恵みに生かされていることを感謝する神への応答である。「数えてみよ、主の恵み」という賛美歌があるが、私たちは神がくださっているたくさんの恵みを数える時、神への感謝とともに、神のご用のために自分自身を献げる。

 パウロは今日の聖句によって、神の一番の恵みであるイエス・キリストの恵みを想起させる。「主の貧しさ」とは神の御子が神であることを捨てて人となり、しかも十字架において命を犠牲にされたことである。主の貧しさによって、私たちは豊かにされた。すなわち、朽ちて当然の罪人である私たちは主の死に贖(あがな)われて、神のものとされ、神の栄光のために生きる豊かな人生を与えられた。神の恵みが、私たちに献身と献金を可能にする。

Share

Related Posts

None found

  1. 【東アジアのリアル】 朝鮮半島のために祈る 松山健作

  2. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(83)稲川圭三

  3. 9月18日は宮城学院の創立記念日

  4. 【夕暮れに、なお光あり】 しがみついて生きる 川﨑正明

  5. 神さまが共におられる神秘(19)稲川圭三

  6. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第15回 人生にて

  7. 4月15日「神の慈しみと厳しさ」

  8. 【宗教リテラシー向上委員会】 服従と不服従 山森みか 2020年10月21日

  9. 【宗教リテラシー向上委員会】 コロナ禍での拠り所 與賀田光嗣 2020年8月11日

  10. 2020年10月11日「わたしは神を信じています」

  11. 【今日は何の日】9月2日 宝くじの日

  12. 【コロナ禍】 聖書に登場する豆でカレーを作ってみた #おうち時間

  13. 【クリスチャンな日々】第11回 「バカ野郎」になっちゃいましょう  MARO

  14. 5月27日「神は、生きている者の神」

  15. 【宗教リテラシー向上委員会】 不要不急の世界と神学 與賀田光嗣

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。