2020年7月22日「憐れみを受けた者として」

 

わたしたちは、憐れみを受けた者としてこの務めをゆだねられているのですから、落胆しません。(コリントの信徒への手紙二41節)

 

パウロは使徒の栄光について述べたが、彼の現場は決して栄光に輝くものではなかった彼は迫害され、中傷され、諸教会のことで心配させられたその度に彼は落胆した使徒の務めを担う現場で、パウロは何度も落胆の経験をした。今日の聖句は、落胆を経験した伝道者が、無力な者を立ち上がらせ、務めを委ね続けてくださる神の憐れみを感謝して語る言葉である。神は御を通して私たちに神の憐れみを現された。神の御心に従っていなかった私たちは捨てられて当然だったのに、神は捨てないで、御によって罪を贖(あがな)い、「わたしの子よ」と呼んでくださったキリストによる神の憐れみを受けた時、私たちの生涯は変わった。神の憐れみが、生きる時も、死ぬ時も、私たちの慰めとなったしかも、神は罪人の頭のような私たちに伝道の務めを委ねられた。この神の憐れみのゆえに、私たちは「落胆しない」。私たちは依然として無力な人間であり、落胆するであろう。しかし、キリストを仰ぐ時、神の憐れみが私たちを立ちがらせ、務めを担う力を与えてくださる

そこでパウロは言う。「わたしたちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主であるイエス・キリストをべ伝え」(5節)ると。伝道は自分を売り込むことでも、勢力を広げることでもない。「神の言葉を曲げず、真理を明らかにすることにより、神の御前で自分自身をすべての人の良心に委ね」(2節)るのである。伝道は信仰を強要することではない。キリストの福を明らかにして、聞く人の主体的な応答に委ねるのである。神の憐れみは人間の自由を大にする

Share

Related Posts

None found

  1. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(109)稲川圭三

  2. 神さまが共におられる神秘(21)稲川圭三

  3. 【今日は何の日】1881年10月25日 パブロ・ピカソ誕生日

  4. 【夕暮れに、なお光あり】 私のふるさと 渡辺正男 2020年12月1日

  5. 2020年8月10日「人の子には枕する所もない」

  6. 神さまが共におられる神秘(11)稲川圭三

  7. 3月21日「信仰を通して実現されるのです」

  8. 【東アジアのリアル】 「私は私でない私」:台湾元総統李登輝逝く 高井ヘラー由紀 2020年10月11日

  9. 3月15日「そうすれば、信じてやろう」

  10. 2020年9月29日「主イエスの恵みによって救われる」

  11. 【今日は何の日】8月24日 バルトロマイの記念日

  12. 2020年10月26日「強くなりなさい」

  13. アメリカ大統領戦が激戦すぎてくつがえされた伝統 〜ペンシルバニア州のアーミッシュ〜 

  14. 【聖書の不思議あれこれ!】第7回 「異端」ってナニよ? その1 パダワン青木

  15. 【今日は何の日】1863年10月3日 アメリカの「感謝祭」が祝日とされた日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。