2020年7月24日「日々新たにされて」

 

わたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。(コリントの信徒への手紙二 4章16節)

 今日の聖句にある「外なる人」は、人間の体を指す。人間の体はその肉体も精神も衰えてゆき、やがて死ぬものである。「内なる人」とは、神がキリストによって人間の内に新しく創造するものである。それは、キリストの血によって贖(あがな)われた、神を父と呼ぶ神の子である。「外なる人」は衰えてゆくが、父なる神との交わりを持つ「内なる人」は日々新たにされる。病気や老いなどによって「外なる人」が衰えてゆけばゆくほど、「内なる人」は輝くのである。神との交わりが深められてゆくのである。この神との交わりは死によって終わるものではなく、永遠である。「外なる人」が滅びても、「内なる人」には「天にある永遠の住みか」(5・1)が備えられている。

その保証はどこにあるのか。神は、その保証として”霊”を与えてくださった」(55。死後の「天の住みか」は、私たちの願望でも幻想でもない。私たちを信仰へと導いてくださった聖霊によって保証されている。私たちに神を父よ」と呼ばせ、神の子である確信を与えてくださったのは聖霊である(ローマ8・15参照)。それゆえに、「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです」(18節)。過ぎ去ってゆくものに捉われないで、見えない神に目を注いで生きるのである。見えないものに目を注ぎます」と決意をこめて言っているように、信仰は意思的である。信仰を情的に捉えてはならない。神を仰ぐ”信仰”と、心持ちに重点を置く”信心”とは違うのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年8月14日「必要なことはただ一つだけ」

  2. 2020年12月16日「成し遂げられた」

  3. 2月25日「見よ、お前の王が、おいでになる」

  4. 1月14日「御国が来ますように」

  5. 1月5日「神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる」

  6. 2月27日「これが隅の親石となった」

  7. 1月4日「これは私の愛する子、私の心に適う者」

  8. 1月6日「私に付いて来なさい」

  9. 1月13日「御名が崇められますように」

  10. 2020年11月1日「イエスの言われる神殿とは」

  11. 1月29日「平和があるように」

  12. 3月20日「あなたがたに会いたいのは、力になりたいから」

  13. 4月13日「良い知らせを伝える者の足は」

  14. 4月9日「神は、憐みたいと思う者を憐み」

  15. 2020年10月12日「イエス・キリストについて教え続けた」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。