2020年8月6日「貧しい人は福音を告げ知らされている」

 

行って、見聞きしたことをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。(ルカによる福音書7章22節)

 

バプテスマのヨハネはイエスを指して、神がその到来を約束していたメシアであると語っそして、その方は、聖霊と火であなたたちにバプテスマをお授けになるそして、に箕(み)を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる3・16〜17)と語った。しかし、ヨハネの期待に反して、主イエスはいつまで経っても、悪しき人間を裁き、んだ社会を変革して、神の(支配)を現することをしないヨハネは獄に捕らえられ、依としてヘロデは権力を振るっている。ヨハネはあせったヨハネは弟子たちを主イエスのもとに遣わして、「るべき方は、あなたでしょうか。それとも、ほかの方をたなければなりませんか」(20節)と尋ねさせたその時、イエスは日の句を語り、「わたしにつまずかない人はいである(23節った

主イエスによって到来した神の国は、神の裁きによる大々的な破局や変ではなく、くの人に隠された方法で現れた。それは、しい人たちや小さくされた人たちが、主イエスの福音によって神の愛とみの光を浴び、暗い世にあっても、神を信じ、希望を抱いてきるとなる国である。貧しい人や小さくされた人をみ、御許(みもと)に招き、共にいてくださる神の国が、主イエスによって始まった。それは私たちの目には小さくて、ヨハネのように過ごしてしまいそうであるが私たちがしくされ小さくされる時にそれを見いだす

Share

Related Posts