【Kirishin】「世界水の日」にWCCが「手洗いの重要性」について「考察」発表 2020年3月24日

投稿日:

キリスト新聞社ホームページ

 1992年12月、国連総会で、毎年3月22日が「世界水の日」として定められた。この日には、世界のさまざまな国で、水の大切さを多くの人に知ってもらうための会議やセミナー、展示会などが開かれることになっていたが、今年ばかりは新型コロナウイルスによる感染被害が急拡大、「パンデミック」の真っ只中にあるとの指摘もある中で、世界教会協議会(WCC)は「手洗いの重要性」について、次のような「考察」を発表した。

 何百万人もの人々、特に子どもたちには、基本的な手洗いはおろか、安全で清潔な水を飲むための十分な方策がないため、できていない。「家や学校に水道の蛇口がなければ、手洗いがどれほど大変か想像出来るか」と問うまでもなく、これが世界中の何百万人もの子どもたちにとっての現実なのだ。

 WCC・エキュメニカル・ウォーター・ネットワーク(WCC‐EWN)のコーディネーター、ディネス・スーナが書いたこの考察は、水と気候変動、そして気候と水をより協調的かつ持続可能な方法で管理することの重要性についても探求している。太平洋上の島国では、海面上昇による気候変動の影響で、何百もの村が移転している。「人々は自分たちの土地と何世代にもわたって受け継がれてきた記憶を失った」と「考察」は記している。「考察」は、WCCの「水不足を覚える7週間キャンペーン」の一環としてWCC‐EWNが制作した。

クリスチャンプレス は、FELLOW WORKER(同労者)同士が手をつなぐために記事を配信しています。ぜひシェアしてご活用ください。
Tweet 20

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.