2月19日はコペルニクスの誕生日

 

今日2月19日はコペルニクスの誕生日です。それにちなんで天文愛好家が「天地の日」と制定しました。

当時の教会の見解に反して地動説を唱えたと言われていますが、コペルニクスはカトリックの司祭でした。ローレンス・M・プリンチペ著『科学革命』(丸善出版、2014年)によると、進歩的な科学者と旧弊な宗教家の戦いという19世紀後半に普及した分かりやすい図式については、現在、科学史家がみな否定しているといいます。

ちなみに、今日は「雨水(うすい)」。空から降るのが雪から雨に変わり、雪が溶け始める頃です。昔から農耕を始める時期の目安とされました。

Share

Related Posts

  1. 8月29日はペ・ヨンジュンの誕生日

  2. 2月21日 20世紀最大の伝道者

  3. 大隈重信の英語の教科書は聖書だった

  4. 物事の認識のために、避けるべきは偏見か偶像か。

  5. 日本のキリスト教化に失敗したマッカーサー元帥

  6. 3月29日は英国がEU離脱を予定していた日

  7. 5月24日は小沢一郎の誕生日

  8. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(104)稲川圭三

  9. 9月26日は洞爺丸事故のあった日

  10. 2月8日はジェームス・ディーンの誕生日

  11. 6月22日は夏至

  12. 3月9日はカルロス・ゴーンの誕生日

  13. 12月23日は東京タワー完工の日

  14. キリスト教圏で「大晦日」は何と呼ぶ?

  15. ダリのあの構図はこの人から生まれた!? 〜十字架の聖ヨハネ〜 

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。