クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンが牧師よりも信頼しているのは?(対訳)

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

教会の羊飼いである聖職者を聖書は、「非難される点がなく」(テトス6節)、「正しく」(8節)、「非のうちどころがなく」(1テモテ3:2)と述べているが、米国人はクリスチャンでさえも、聖職者に対してはるかに悲観的な見方をしているようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Though the Bible describes shepherds of the church as “blameless,” (Titus 1:6), “upright” (Titus 1:8), and “above reproach” (1 Tim. 3:2), Americans—even Christians—take a much more pessimistic view.

(写真:Garzo)

ギャラップの最新世論調査によると、米国人の牧師に対する見方は、2018年に過去最低を記録した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
According to a new Gallup survey, the country’s perception of pastors fell to a record low in 2018.

聖職者が誠実で倫理観に「高い」または「非常に高い」水準を持っていると信じているのは、米国のクリスチャンの半数以下(42%)にすぎない。また、聖職者の倫理基準を「普通」(43%)とも評価しており、10人に1人(12%)が彼らを「低い」または「非常に低い」と見なしていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Fewer than half of American Christians (42%) believe clergy have “high” or “very high” standards of honesty and ethics, according to breakouts provided to CT. Self-identified Christians were about as likely to rate clergy’s ethical standards as just average (43%), and about 1 in 10 (12%) considered them “low” or “very low.”

米国人全体では、聖職者に対する信頼度は37%に低下し、信頼性の高い職業リストの8位。複数の医療従事者、教師、警察官が聖職者より上位にランクされ、かろうじてジャーナリストや建築請負業者より上だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Among Americans as a whole, trust in the clergy fell to 37 percent, making it the eighth-most-trusted profession in the country—ranking below multiple medical professions, teachers, and police and just above journalists and building contractors.

過去40年間にわたり、米国人がさまざまな職業と信仰指導者の信頼性をどのように見ているか、ギャラップは評価してきた。聖職者の信頼は1985年にピークに達しており、その時は米国人の3分の2が聖職者に「高い」または「非常に高い」誠実さと倫理的基準があると見ていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over the last 40 years, Gallup has measured the country’s view of the trustworthiness of faith leaders along with a range of other professions. Clergy trust peaked in 1985, when two-thirds of Americans said clergy had a “high” or “very high” honesty and ethical standard.

その割合は、2002年、カトリックの性的虐待スキャンダルによって52%に低下するまで、1990年代は50%後半を保っていた。過去10年の米国人の聖職者に対する評価はわずかに回復した年もあったが、下降の一途をたどっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That percentage hovered in the high 50s throughout the 1990s, until dropping to 52 percent in 2002 around the height of the sexual abuse scandals in the Catholic Church. Though Americans’ ratings of their clergy rallied slightly, they’ve been on a steady downward trajectory for most of the last decade.

「聖職者への最近の低い評価は、米国のカトリック司祭による子どもの性的虐待が原因だ」とギャラップの研究者は述べている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“These latest low ratings on the clergy come on the heels of more investigations into child sex abuse by Catholic priests in the US,” state Gallup researchers.

ペンシルベニア州で数百人もの司祭が1000人以上の子どもに性的虐待を行い、長い期間、事実の隠蔽をしてきたという事件の余波がある中で、ジョン・アームストロング氏(ACT3ネットワーク会長)は次のように語る。「聖職者が虐待者であるとき、教会に対するすべての信頼と信用を裏切る結果となる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When the priest is an abuser, it breaks all confidence and trust in the authority of the church,” John Armstrong, president of ACT3 Network, told CT in the aftermath of a case in Pennsylvania that unveiled a decades-long cover-up of a scandal in which hundreds of priests abused more than 1,000 children.

ジョン・フィア氏(メシア大学米国史教授)は次のように述べる。「男性も女性も、人生の中で最も個人的な問題に直面した時、聖職者のところに行く。聖職者は、私たちに深い宗教的確信を持たせ、この世と次の世を理解する道を整えるパイプ役であるべきだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Men and women turn toward clergy in some of the most intimate moments of their lives. They are conduits of people’s deeply held religious convictions that shape the way we understand this world and the next,” said John Fea, professor of American history at Messiah College.

「しかし、昨年起こった聖職者によるスキャンダルや権威主義的なリーダーシップは、私たちの聖職者に対する信頼を蝕む」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The kinds of scandals and authoritarian leadership that we saw this year among the clergy undermines the trust we place in them.”

昨年12月の世論調査によると、カトリック信者はプロテスタントより、教会の指導者を信頼し続ける可能性が低いと回答している。聖職者に肯定的な回答をしたのは、プロテスタント(48%)、カトリックは3分の1(31%)未満だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
According to the December poll, Catholics are less likely than Protestants to continue to trust church leaders. Fewer than a third (31%) give positive marks to clergy, compared to around half Protestants (48%).

しかし「#MeToo運動」をきっかけに、プロテスタントのクリスチャンは過去年間で、牧師による数々の不正行為を目の当たりにすることとなった。南部バプテストのベテラン指導者、ページ・パターソン氏が南西バプテスト神学校から解任されたこと、ウィロークリーク教会のビル・ハイベルズ牧師に対する嫌疑、また単立バプテスト牧師による複数の虐待告発などだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But in the wake of #MeToo, Protestants have also seen their share of misconduct over the past year, with the removal of veteran Southern Baptist leader Paige Patterson from Southwestern Baptist Theological Seminary, allegations against Bill Hybels of Willow Creek, and widespread accusations of abuse among independent Baptist pastors.

信仰指導者への信頼が低下したにもかかわらず、別のギャラップ世論調査は最近、教皇フランシスコが米国人から4番目に称賛される人物として選ばれたと発表した。ダライ・ラマは第8位。1955年から60年以上、毎年トップ10入りしていたビリー・グラハムは、昨年2月に亡くなったため、トップ10に入らなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Despite declining trust in faith leaders, a separate Gallup poll recently named Pope Francis as the fourth-most-admired man among Americans. The Dalai Lama is No. 8. This marks the first year in more than six decades that Billy Graham, who died in February, has not made the top 10, which is limited to living people. He was on the list every year since 1955.

聖職者への信頼が低下したとはいえ、牧師は米国人にとって信頼性が低い職業ではない。米国人の58%が「低い」「非常に低い」評価を与えたのは国会議員だ。クリスチャンの大多数(55%)も、国会議員には否定的な評価を与えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Even with declining confidence in clergy, pastors are by no means Americans’ least trusted professionals. That designation goes to members of Congress, who are given “low” or “very low” ratings by 58 percent of Americans. The majority (55%) of Christians, too, give negative ratings to congresspeople.

米国で最も信頼性が高く倫理的な職業と、最も信頼性が低く倫理的でない職業について、一般的にクリスチャンもそれ以外の人も同じ意見を持っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In general, Christians are in agreement with the rest of Americans about who are the most and least trustworthy and ethical professionals in the country.

国会議員に加えて、テレマーケティングや自動車販売員も信用されていない。広告主、株式仲買人、弁護士、企業重役も、信頼性と倫理的基準が「低い」または「非常に低い」と見なされることが多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In addition to members of Congress, telemarketers, and car salespeople are largely distrusted. Advertisers, stockbrokers, lawyers, and business executives are also more often perceived as having “low” or “very low” honesty and ethical standards than “high” or “very high” standards.

「宗教、政治、学問など、さまざまな分野で、専門知識や権威が攻撃されている時代に私たちは生きている。聖職者への不信は、一般的な権威に対する不信の一部かもしれない」とフェア氏は述べる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I think we are living in an era when expertise and authority are under attack in a variety of areas, whether it be religion, politics, or academic life,” said Fea. “Our society’s distrust of clergy may be part of the general distrust of authority that comes with certain forms of populism.”

信頼性の高い職業リストの上位は、医療従事者が占めている。看護師が「高い」「非常に高い」信頼性と倫理的基準を持っていると感じているのは、クリスチャンもそれ以外の人も84%。聖職者の2倍以上だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At the top of the list, the most trusted professionals by far are those who work in the medical field. Among both Christians and Americans more broadly, 84 percent perceive nurses as having “high” or “very high” honesty and ethical standards. That’s more than twice the percentage who say the same for clergy.

医師や薬剤師、警察官や会計士も、牧師より上だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Doctors and pharmacists, as well as police officers and accountants, also outrank pastors.

ジャーナリストは最も均等に分かれている。米国人の約分のが彼らの誠実さと倫理基準に対して「高い」、分のが「普通」、分の1が「低い」という評価を与えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Journalists see the most even split, with about a third of Americans giving them high ratings for their honesty and ethical standards, a third giving them average ratings, and a third giving them low ratings.

ジャーナリストに「高い」「非常に高い」評価を与えた33%というのは、2016年からは10%上昇しており、1977年以降、過去最高を記録している。ジャーナリストへの認識は支持政党によって分かれており、「高い」評価をしているのは、民主党員の半数以上(54%)だが、共和党員は10人に1人だけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That 33 percent giving journalists a “high” or “very high” rating is a jump of 10 percentage points from 2016, which ties their 1977 record high. Perceptions of journalists divides along political lines, with more than half of Democrats (54%) giving them high ratings while only 1 in 10 Republicans feel the same.

今回の調査で取り上げた20の職業のうち、ジャーナリストは米国で9番目に信頼されている。聖職者は、クリスチャンにも、それ以外の人にも信頼されている8番目の職業だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Of the 20 professions included in this year’s survey, journalists are the ninth-most-trusted in America. Clergy are the eighth-most-trusted by Christians and the general public alike.

執筆:グリフィン・ポール・ジャクソン

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/january/gallup-pastor-clergy-trust-professions-poll.html

関連記事

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.