クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】人種差別問題とペンテコステ──ジョージ・フロイドの死から(前編)

 

5月31日、世界中の教会がペンテコステ(聖霊降臨の主日)を祝うために集まった。ペンテコステとは、炎のような舌がキリストに従う者たちに現れ、世界中のさまざまな言語で福音が聞かれることになった奇跡の瞬間のこと。復活の後に起こった主の昇天に続く奇跡が、このペンテコステだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This weekend, churches around the globe gathered virtually to celebrate Pentecost, that miraculous moment when tongues of fire descended on the followers of Christ and the gospel was heard in the varied languages of the world. Pentecost is the miracle that follows another miracle (the Ascension), which occurs in the aftermath of a wonder (the Resurrection).

この説教を語ったエサウ・マッカウリー(自身のツイッターから)

キリストの弟子とは反対に私たちは、悲しみの後にトラウマが続く悲劇の中で今年のペンテコステを迎えた。ミネアポリス(ほかの都市でも同様に)では、ジョージ・フロイドの死に続いてデモと暴動が起こった。フロイドは命乞いをしたにもかかわらず、手錠をはめられて窒息死させられた。9分間にわたり、警察官はフロイドの首を膝(ひざ)で押さえ込み、その間、フロイドは母親に助けを求めた。

今年に入り、ブリアナ・テイラー事件とアーマウド・アーベリー事件という同じような殺人事件が2件も起きている。フロイドの事件は、10万人以上が死に至った世界規模のパンデミックの最中に起きた。イースター(復活祭)の終わりというより、レント(受難節)が延長されたように感じられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In contrast to Christ’s disciples, we experienced Pentecost this year in the aftermath of a woe, following a trauma, in the context of a tragedy. The protests and riots of Minneapolis (and so many other cities) follow the death of George Floyd, who was choked to death while handcuffed and pleading for his life. For nine minutes, a police officer kept his knee on Floyd’s neck while the man called for his mother. This occurred in the wake of the killings of Breonna Taylor and Ahmaud Arbery. And all this takes place within the wider context of a global pandemic that has killed 100,000 people. It feels more like we are in the middle of an extended Lent rather than the end of Eastertide.

「教会に政治を持ち込むつもりか」と言う人もいるだろう。そういう人は、黒人同士の犯罪や家庭崩壊、人工中絶問題、略奪行為など、私たちがこの問題自体に直面しないですむ出来事について、なぜ私が腹を立てないのかと不思議に思うだろう。そういったことは、400年にわたる人種差別のトラウマと抑圧の歴史であり、それは今でもこの国の黒人にとっては病だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some will assume that I’m bringing politics into the church. They’ll wonder why I’m not upset about black-on-black crime, or the breakdown of the black family, or abortion, or looting, or whatever topic that helps us avoid looking at the thing itself. That “thing” is the 400-year history of racial trauma and oppression still plaguing blacks in this country.

デモや暴動、警察による暴力が、ペンテコステの出来事(使徒2:1~21)と何の関係があるのか。救い主が私たちの罪のために死んだことが、この暴動へのアプローチにどう関係するのか。教会はそれに対して発言することがあるのか。この国が分裂する今、御言葉は何を指し示しているのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What do protests, riots, and police brutality have to do with Pentecost and the passage in Acts 2:1–21? Does the death of the Messiah for our sins have anything to do with how we approach the flames of Minneapolis? Does the church have something to say, or will we be discipled by Fox News on the one hand and MSNBC on the other? As our country is divided, what do the words of Scripture mean right now?

黒人男性が9分間も膝で首を圧迫される世の中ほど、イエスについて語るにふさわしい世界はないだろう。つまり、これらの問題に答える唯一の方法は、解釈の背景として、暴動が起こっている町とともに聖書の言葉を見つめることだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There is no other world in which to talk about Jesus than a world in which black men can have their necks stepped on for nine minutes. That is to say: The only way to answer these questions is to look at the words of Scripture with the burning cities as our interpretive backdrop.

1 神の言葉が教えること

まず福音は私たちを一つにする。

ペンテコステの出来事は、イエスの弟子が一つの場所に集まることから始まる。歴史書がどう書いているにせよ、キリスト教は、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世が人々を押さえつけるために作った恐ろしい宗教ではない。生ける神と出会った普通で素朴な120人の集まりから始まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Acts 2:1–21 opens with the followers of Jesus gathered in one place. It is amazing to think that at one point in history, all the Christians in the world could fit into one room. Despite what the history books will tell you, Christianity is not some state-sponsored religion of terror created by Constantine to keep the populous in check. It began humbly with a ragtag group of 120 mostly regular folks who had encountered the living God.

その中には、イエスの母マリアのように農村出身者もいたし、マタイのように徴税人だった人もいた。この二人ほどかけ離れた立場の人間はいない。マタイは、イスラエルを迫害する者と行動を共にして、民から奪った金を自分のポケットに入れていた。一方、マリアのような人々は、そういう非道な行為の被害者だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Among them were women like Mary, the mother of Jesus, who came from rural peasant stock, and people like Matthew, the former tax collector. The two of them could not be more different. Matthew collaborated with the oppressors of Israel and extorted money from people to line his pockets. Folks like Mary were the victims of such atrocities.

被抑圧者とかつての抑圧者が集まるとは、いったいどんな教会だったのか。クリスチャンの教会だ。初代教会をまとめたのは何か。イエスへの信仰の共有だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What kind of church has room for both the oppressed and former oppressors? The Christian church. What united that early church? Their shared convictions about Jesus.

いま教会として私たちをまとめるものは何か。ジョージ・フロイドの家族にとって、今日、この一致はどう映るのか。私たちが彼らと共にいるとはどういうことか。米国の黒人コミュニティーと共に歩むとはどういうことか。そこは何年にもわたって、誘拐があり、奴隷にさせられ、ジム・クロウ法(人種差別的な内容が含まれる南部諸州の州法)の時代(1876~1964年)には不法な取り扱いを受けてきた。そして、現代も苦しみのうちに「主よ、あわれみたまえ」という祈りが私たちの生活を特徴づけている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What unites us as a church now? What would this unity look like today for the family of George Floyd? What would it mean for us to be together with them? What would it mean to be alongside the black community in the United States, which over the years has experienced kidnapping, slavery, the injustice of the Jim Crow era, and the litany of contemporary sufferings that mark our lives now?

それはつまり、教会が愛の行いとして、「このようなやり方は間違っている。あなたがた黒人の命には価値あると、本来のキリスト教が伝えている。そのことを証ししながら、私はあなたがたと共に人生を送ろう」と言うことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It would mean that, as an act of love, the church says, “It should not have to be this way, and I will spend my life beside yours testifying to the values that the Christian tradition places on your black life.”

教会にはこう宣言する力がある。なぜなら、同じ霊がその部屋にいた全員に与えられたからだ。聖霊は女性だけに、神の言葉を伝える力を与えたわけではなく、男性だけにでもない。言葉を与えるのは、金持ちだけでも、貧乏人だけでもない。アフリカの人に語りかけるためだけの聖霊はいないし、それはアジア人でもヨーロッパ人でも同じだ。一つの霊が一つの福音を、地上のさまざまな人々に与えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The church has the power to make this statement because the same Spirit falls upon everyone in the room. There is not one Holy Spirit that enables women to declare the word of God and another for men. There is not one Spirit that gives words to the rich and others to the poor. There is not one Holy Spirit that allows us to speak to African peoples and another that allows us to speak to Asians or Europeans. The one Spirit sends the one gospel to varied peoples of the earth.

聖霊を通した福音の働きは、私たちが神に似せて創(つく)られたという同じ立場から生まれる。すべての人が罪を犯し、神の恵みを必要としている。その同じ立場を機能的、あるいは言葉の上でも否定する思想はキリスト教ではない。人種差別の病がこの国のクリスチャンの一部にも感染していることが分かっていない人は、圧倒的な事実に直面して同じようにしてしまう。(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The gospel’s work through the Spirit arises from our common status as image bearers. We are all fallen and in need of God’s grace. Any ideology that functionally or verbally denies that common status is a heresy. And anyone who can’t see that the heresy of racial bias infects some Christians in this land does so in the face of overwhelming facts.

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.