クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】神は銃暴力を嫌う

 

米南部テキサス州エルパソのウォルマートで3日、22人が殺害された銃乱射事件が起きたことを受け、米「クリスチャニティー・トゥデイ」誌はマーク・ガリ編集長の記事(2018年5月18日)を再掲載した。

ウォルマートの監視カメラで撮影された銃撃犯。

人類の歴史に暴力が入り込んだのは、その始まりとほぼ同時だ。「二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した」(創世記4:8)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Violence enters the human story from nearly the beginning: “While they were in the field, Cain attacked his brother Abel and killed him” (Gen. 4:8).

創世記を見れば、暴力がすぐに広がったことが分かる。たった2章先に「この地は神の前に堕落し、不法(暴虐:聖書協会共同訳)に満ちていた」(6:11)とあり、「神はノアに言われた。『すべて肉なるものを終わらせる時がわたしの前に来ている。彼らのゆえに不法(暴虐:同)が地に満ちている。見よ、わたしは地もろとも彼らを滅ぼす』」(13節)と続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Genesis narrative notes that violence soon becomes endemic. In a mere two chapters, we read, “Now the earth was corrupt in God’s sight and was full of violence” (Gen. 6:11). And “God said to Noah, ‘I am going to put an end to all people, for the earth is filled with violence because of them. I am surely going to destroy both them and the earth’ ” (Gen. 6:13).

神は暴力を憎む。それは特に預言書にも見られる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
God hates violence. We see that especially in the prophets.

彼(神)はわたしに言った。「人の子よ、見たか。ユダの家がここで数々の忌まわしいことを行っているのは些細なことであろうか。彼らはこの地を不法(暴虐:同)で満たし……わたしを更に怒らせようとしている」(エゼキエル8:17)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ezekiel: “He [God] said to me, ‘Have you seen this, son of man? Is it a trivial matter for the people of Judah to do the detestable things they are doing here? Must they also fill the land with violence and continually arouse my anger?’ ” (8:17).

エフライムは風の牧者となり、一日中、熱風を追って歩く。欺瞞と暴虐を重ね……(ホセア12:2)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hosea: “Ephraim feeds on the wind; he pursues the east wind all day and multiplies lies and violence” (12:1).

「兄弟ヤコブに不法(暴虐:同)を行ったので、お前は恥に覆われ、とこしえに滅ぼされる」(オバデヤ10節)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Obadiah: “Because of the violence against your brother Jacob, you will be covered with shame; you will be destroyed forever” (v. 10).

聖書を信じるなら、暴力を行って、それを容認する人には神による破滅がもたらされる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If the Bible is to be trusted, violence is cause for divine destruction of the people who practice and countenance it.

米国民は注意すべきだろう。米国が暴力的な文化なのは周知の事実だからだ。もちろん殺人発生率が高いのは、1位のエルサルバドル(10万人中61・71件、2017年)、2位のベネズエラ(59・56件)、3位のジャマイカ(56・39件)となっている(米国は65位で5・32件。日本は168位で0・24件)。しかし、米国を他の先進国と比べると、どうだろう。2010年のWHO(世界保健機関)の調査によれば、銃による殺人事件は、100万人に対して英国0件、フィンランド3件であり、米国の36件に届く国はどこにもない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Americans might take note. It nearly goes without saying the United States is a violent culture. Yes, places like El Salvador, Honduras, Venezuela, and Jamaica have much higher per capita murder rates. But compare the United States with other high-income countries, and we see this: According to 2010 data from the World Health Organization, gun homicide rates range from 0 (UK) to 3 (Finland) deaths per million. No country comes anywhere close to the US rate of 36.

1966年から2012年まで、先進国の中で銃乱射事件があった国は、フランスで10回、ロシアで15回、フィリピンで18回。米国はといえば、90回だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When it comes to countries with the most mass shootings between 1966 and 2012, among other developed nations, France experienced 10, Russia had 15, and the Philippines had 18. The US? 90.

銃乱射事件は、私たちの暴力的なDNAに目を向けさせる。そして、終わりのない銃規制の議論にも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mass shootings force us to pay attention to our violent DNA. They also prompt our endless debates about guns.

一方、銃を所有する人が少なくなれば、銃による殺人も減るといわれている。それを示す証拠もある。オーストラリアでは、1987年から96年の間に起きた銃乱射事件を踏まえ、議会は銃規制を厳しくした。それ以来、銃乱射事件はあまり起きていない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One side argues that fewer guns in fewer hands will lead to fewer gun deaths. There is some evidence to suggest this. After four mass shootings in Australia between 1987 and 1996, Parliament passed stricter gun laws; except for one incident this month, the country hasn’t had a mass shooting since.

しかし、米国内で攻撃用武器が禁止されていた1994年から2004年の間、銃による事件には大した影響がなかった(攻撃用武器の禁止前と禁止後では、たったの2%しか減らなかった)。禁止によって銃乱射事件が減れば、殺人事件の割合も減っただろうが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Then again, when assault weapons were banned in the US between 1994 and 2004, it had little effect on gun crime overall (to be clear, only 2 percent of gun crimes before the ban involved assault weapons). If the ban contributed to a decrease in mass shootings, the rates were minor.

攻撃用武器を含む銃規制に反対の人は、このような結果を受けて、「規制したってどうにもならない」と言う。しかし、ノルウェー、オーストラリア、スイス、ドイツといった国では、銃の保有率が高い(とはいえ、米国よりも低いが)にもかかわらず、事件発生率は低いのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Which is why the other side assumes that limiting guns, including assault weapons, won’t help. For example, places like Norway, Austria, Switzerland, and Germany have relatively high rates of gun ownership (though still below that of the US) and yet relatively low crime rates.

議論は行ったり来たりしている。どちら側にもうなずける点があるし、クリスチャンとしてこの議論をするなら、自分の殻(から)に閉じこもらず、相手の意見も聞くべきだ。そうすることでしか、米国で有効な政治が形成される手助けはできない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Back and forth it goes. Each side has valid points, and as Christians enter this debate, we should not cocoon ourselves but really try to listen to the other side. Only then might we help formulate policies that can work for all Americans.

この問題に関する「クリスチャニティー・トゥデイ」の見解はこうだ。銃を持つことは合法であり、銃にはクレー射撃や狩猟といった娯楽的な使い道もある。しかし、銃には危険性もある。車の運転や火をおこすこと、飛行機で飛ぶことと同じように、日常生活で危険を伴うものなのだ。社会をより安全にするために、そのような行動には規制が必要だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Here’s how CT views the issue: Owning guns is legitimate, and guns have reasonable recreational uses, including sport shooting and hunting. But guns are one of many potentially dangerous items of everyday life—like driving, like making fires, like flying. To make society safer, we regulate such activities.

米国ライフル協会の議論に対してはこう言おう。銃所持の権利を規制することは、自由を奪うことではない。むしろ、自由をもたらすものだ。たとえば、クリスチャンとして地域と共存するために、建築法や土地利用規制、騒音規制法など、さまざまな規制に従っているのと同じなのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Counter to arguments from the National Rifle Association, to regulate rights does not restrict freedom but actually makes it possible. We Christians, for example, champion the right to practice religion freely while gladly submitting to building and zoning codes, noise laws, and many other “restrictions” for the sake of community harmony.

銃保有が合法であることは支持するが、この国の暴力と、暴力に対する神の嫌悪をふまえ、私たちは銃の購入と使用について規制すべきだろう。クリスチャンとして私たちは、一度にたくさんの人を殺傷するような武器は禁止するべきだし、精神的に不安定な人にはどんな銃も手渡すべきではない。銃を購入して保持するという人には、安全に使用し、保管するにはどうすべきかを必ず全員に教えるべきだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
So while we support the legitimacy of owning guns, given the violence of our land and God’s hatred of violence, we also see a need to regulate the purchase and use of guns. In particular, we Christians should work to ban weapons whose main purpose is to kill a lot of people very quickly, to keep guns in general out of the hands of unstable personalities, and to ensure that everyone who buys and owns guns can demonstrate they know how to use and store them safely.

これだけで米国の暴力が減るだろうか。無理だろう。この問題の根は深く、カインの子孫である私たちはその血を受け継いでいるからだ。また、ほかの要因(一つ挙げるとすれば、テレビや映画での銃や暴力への称賛)も議論されるべきだ。銃の安全性が上がれば、たとえそれが小さくとも、その道は長くとも、主による破壊を免れるための一歩となるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Will this alone eliminate American violence? Hardly. The problem runs too deeply in our veins as descendants of Cain. Other contributors (like the glorification of guns and violence in TV and movies, to name just one) must also be addressed. Nonetheless, increased gun safety is one small step that could become the first of many that together forestall our divine destruction.

執筆者のマーク・ガリは「クリスチャ二ティー・トゥデイ」の編集長。

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2018/june/god-hates-gun-violence.html

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.