• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスで、気になる他の教会の対応(対訳)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスで、気になる他の教会の対応(対訳)

 

この記事は3月9日に米「クリスチャニティー・トゥデイ」に掲載されたものであり、現在とは状況が大きく変化していることを踏まえてお読みください。17日現在、米国での新型コロナ・ウイルスによる感染者数は5000人を超え、中でもニューヨークが最も多く967人、ワシントンが904人、カリフォルニアが557人の感染が確認されています。(編集部)

3月6日、私はこうツイートした。「教会の牧師か指導者の方々、新型コロナ・ウイルスについて礼拝中に何とアナウンスしていますか。このことについてメールを送ったりしましたか。どうやって教会員に励ましを与えていますか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On March 6, I tweeted: “If you are a pastor or church leader, what are you saying/doing regarding Coronavirus this weekend during worship? Have you sent out any emails? How are you encouraging your church? Etc.”

これに対して100人以上の人から返答があった。そのほとんどが一般的で、賢明で、牧会の知恵に満ちていた。地元や国立の保健所のホームページへのリンクを貼ってくれた人もいた。しかし、ある人にとっては、これは空騒ぎだと思われているようだ。興味深い返答は、感染が拡大している地域周辺や海外から来たものだった。ここにいくつかのカテゴリーに分けて、その例を示そう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over 100 people responded. Most provided general, prudent, pastoral wisdom. Some provided links to local or national healthcare sites. Some, however, believe this to be some level of much-ado-about-nothing. Some of the more interesting responses came from the areas closest to the outbreaks, or from overseas. I’ve put representative examples from several categories here:

シアトルなど感染拡大の続く地域の牧師や指導者から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
First, I heard from several pastors and leaders closest to the areas of outbreak like Seattle.

多くの教会が礼拝を中止してオンラインに切り替えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Many churches canceled public services opting for online instead:

@salt_house425「私たちの教会は、感染の中心地であるワシントン州カークランドから数マイル離れた場所にあるので、礼拝(説教)は毎週、フェイスブック上でライブ配信しています。多くの人が集まる礼拝は中止し、オンラインだけにしました。決断疲れもやっと落ち着きました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
@salt_house425 said: “We are located a couple miles from the epicenter of outbreak in Kirkland, WA. We do a live stream of our services (sermons) every week on FB. We canceled public gatherings and going online only. Decision fatigue is settling in.”

ワシントン州の牧師タイソン・サパサティトはこう返答した。「ワシントン州ベルビューの教会役員は、対面式の礼拝を中止し、皆さんにライブ配信で見てもらうことを決めたところです。(主任牧師が旅行中のために)この日曜日は私が説教するので、皆さん、お祈りをお願いします」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tyson Supasatit is a lay pastor in Washington. He said: “Here in Bellevue, WA, our eldership just decided to cancel in-person services and have everyone watch the livestream. I’m preaching on Sunday (in lieu of our Sr. Pastor who is traveling) and would appreciate your prayers.”

シアトルにいる牧師夫人は、役立つアドバイスをくれた。「どこに住んでいるかがカギだと思います。私たちはシアトルの中心におり、教会員には高齢者も多くいます。夫は礼拝の中止を決めましたが、このあたりでは皆さんがそうしています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A pastor’s wife from Seattle gave helpful advice: “I think it depends on where you live, we are in the center of Seattle and have many elderly in our congregation, my husband chose to cancel services, as have many in our area.”

しかし、若者の集まる教会のある牧師は、先週の日曜も集まって礼拝したという。その牧師は、「恐れに支配されないように」と教会員に注意を促す手紙を投稿した。彼はコミュニティーの大切さを説き、「だからこそ礼拝を続ける」と言うが、「とはいえ、愚かなことはしたくない」とも強調した。郡のホームページにある健康ガイドラインのリンクを貼り、礼拝のライブ配信も開始した。教会は「発明的」な対応をすべきだという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, one pastor and his young church were still meeting as of the past Sunday. He posted a letter to his congregation exhorting them not to be ruled by fear. He noted the importance of community and thus their continuing corporate services but emphasized, “We don’t want to be foolish about it either.” He included a link to the county health guidelines and the launching of a livestream of their services. He encouraged the church to be “inventive” in their response.

牧師のアンドリュー・フォーシェは礼拝を続けた。「私たちの教会は、シアトル郊外の人が多く集まるところにあります。恐れに負けず、賢くあろうと努めています。今週も集まって礼拝します」。彼は手紙で、病気の人には「外出しないように」という注意とともに、教会をしっかり掃除したと伝え、出席者には手指の消毒液が用意されていること、そして自宅に留まる人のためにはライブ配信の手配をしたことを伝えた。「このような時こそ、自分の性格と信仰が現れるものだ」と彼は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Also, Pastor Andrew Fouche and his church held services: “We’re right in the thick of it, just outside of Seattle, trying to be wise but not give into fear. Still worshipping together this Sunday.” He also posted a letter encouraging the sick to stay home, noting a deep cleaning of the church, that both sanitizer for attendees and livestreaming for those staying home were available. He exhorted, “Times like these expose character and beliefs.”

多くの牧師が「恐れず賢くなるように」と励まし、どう対応すべきか助言

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Many pastors offered encouragement to be wise and not fear while also giving counsel on how to respond.

上に挙げた多くの人が、徹底した掃除をすること、献金袋を回さないこと、手指の消毒剤を用意すること、そして握手やハグの代わりにグータッチで挨拶(あいさつ)するといった具体的な対応策を示した。カナダのオンタリオ州オタワにあるカナタ・バプテスト教会のスティーブン・バッド牧師はこう記している。「体が触れないかたちで挨拶をするように教会員にお願いしている」。それに対して @thetimberは、「触っちゃいけない教会? そう宣伝したら、内向的な人がいっぱい集まるぞ!」と答えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A number as noted above cited practical plans like deep cleaning, no passing of the offering plates, providing hand sanitizer, and fist bumps instead of handshakes or hugs. @RevStephenBudd of Kanata Baptist in Ottawa, Ontario, wrote: “We are asking folks to welcome with a wave of some other non-physical way.” Apparently, @thetimber saw an opportunity here, as he replied: “Touch free church? Man, if you advertise it, you’ll attract a wave of introverts!

聖餐式のやり方を変える牧師も複数いた。ブライアン・インガルスは次のように書いている。「毎週、聖餐式をするのですが、今週は聖餐のトレーの使用を中止して、個包装のパンを配りました。使用後のカップもトレーには戻しませんでした」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In several cases, pastors noted they were changing how communion would be conducted. Pastor Brian Ingalls wrote: “We take communion weekly. This Sunday providing packets of the bread so people can keep it with them & avoid common tray. Not putting used cups back in the tray.”

ワシントン州東部のマシュー・マクネリー@nellfire はこう書いた。「今まで聖餐式では共有のカップとパンを使用して、インティンクションによる聖餐(司式者がパンをぶどう酒に浸すやり方)をしていましたが、今後は個別のカップと、あらかじめカットしてあるパンを用意します」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Matthew McNelly @nellfire is in eastern Washington and wrote: “For communion we are going to individual cups and a precut bread instead of our normal practice of intinction with a common cup and loaf.” Intinction, if you didn’t know, is dipping the bread in the wine before consumption.

インティンクションによる聖餐(写真:Wilfredor)

海外の牧師からも

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A few pastors from outside the country replied as well.

ハベガー・エブリンによれば、スイスでは一つの教会が礼拝を中止したそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At least one church in Switzerland canceled its services according to Habegger Evelyne.

ハンター・ファレルは、スティーブ山口(以前はフラー神学校にいた)が働く東京都内の教会に宛てた手紙をシェアした。公衆衛生の点での変更について説明し、挨拶には肘(ひじ)同士をタッチするかたちを奨励して、医療関係者との会議も報告した。主日礼拝は続ける予定だが、それ以外のイベントは中止したそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hunter Farrell shared a letter from Pastor Steve Yamaguchi (formerly of Fuller Seminary) to his church in Tokyo. He overviewed hygienic changes and encouraged “elbow bumps” for greetings, and reported on meetings with medical professionals. They plan to continue main services but canceled some secondary events.

香港のアルバート・ウンは、ほかの多くの人と同じように、「この危機を、地域に仕えるための機会に変えよう」としていることを示した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Albert Ng from Hong Kong repeated a theme that a number of respondents said—that his church determined to “turn the crisis into a serving opportunity.”

新型コロナ・ウイルスへの高まる関心を地域に仕える機会とした例

ロサンゼルスのスタジオ・シティにいる@DJJenkins からそういう投稿が寄せられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Another example of using the heightened concern over the coronavirus as an opportunity to serve came from Pastor @DJJenkins from Studio City in Los Angeles. His church posted an article from the @erlc.

彼はまた、この危機を学びの時に変える8つのポイントを3ツイートにわたって説明した。

「1 イエスに従う者は恐れる必要はありません。私たちに与えられた永遠の約束は変わらないからです。
2 元気な人でも病人でも、「隣人を自分のように愛しなさい」と私たちは教えられています(マタイ22:39)。
3 アジア圏のコミュニティーやアジア人の友人に対する外国人嫌悪に気をつけましょう。子どもたちに、人種差別になるような冗談など言わぬように教えましょう。
4 具合が悪いと感じたら、家から出ないようにしてください。そのような時のためにこそ礼拝のライブ配信があるのです。
5 牧師、または長老に祈祷課題を送ってください。
6 非常事態にならない限り、毎週礼拝に集まります。
7 しばらくの間、共通のカップではなく個別のプラスチック製カップを使用して聖餐式を行います。
8 私たちは、米国内、そして世界中の指導者に神のあわれみがあるよう祈りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He also used the crisis as a teaching moment with eight points over three tweets: “1) Followers of Jesus don’t need to fear. Our eternity is forever secure 2) Our calling is to love our neighbor, sick or healthy 3) Beware of xenophobic tendencies in our hearts toward Asian communities/friends. Teach kids about harmful/racist jokes. 4) If you feel sick, please stay home. We have a livestream for just such an occasion. 5) Let us know so we can pray for you and/or send elders. 6) We will continue to gather every Sunday regularly, unless there are extraordinary circumstances. 7) We changed up communion from a community cup to individual plastic cups for the foreseeable future. 8) We prayed for God’s mercy and wisdom for US and global leaders.”

アリソン・エイコーンは述べる。「中国の宣教師の言葉を引用します。『守ってくださいとは祈らない。仕えられるようにと祈る』」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Alison Acone observed: “We’ve quoted our missionary from China: we don’t pray for protection; we pray to be used.”

ほかにも、新型コロナ・ウイルスをチャンスだとする人が

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And, of course, there were those who saw the coronavirus as an opportunity of another kind, to make light of it.

@PreacherJames3は、「人は必ずいつか死ぬのだから」と書かれたミーム(画像に文字を付け加えたもの)を投稿した。

@stanroddaは、武漢の人々がさまざまな方法で挨拶するビデオを投稿した。

そして、誰もが予測したであろう投稿は@rexwolf74から。「新型コロナ・ウイルスの恐怖のもとでも、私たちは聖書に基づく行動をします」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One, @PreacherJames3, posted a meme saying, “We’re all going to die!” Another, @stanrodda, posted a video of the Wuhan Shake having fun with alternative ways of greeting. And, you knew this would show up: @rexwolf74 said, “Under threat of the corona virus, we’re keeping It biblical…Greet all the brothers and sisters with a holy kiss. I Thessalonians 5:26.”

「大げさにしすぎだ」と言う人や、「米国が霊的に弱くなった」と訴える人も

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some argued it is overblown at best and an indictment of America’s weak spirituality at worst.

@pastortrout「何もしないわ。マラリアが蔓延(まんえん)するアフリカで宣教師として働いていた時にやっていたのと同じことをするだけ。あの時も教会に行って礼拝したし、熱のある人の額に手を置いて祈った。貧しい生活をする人たちと握手して、首に手をまわしてハグもした。この国ではもう神様を信じないのかしら」

牧師の@JimJacobsonもいつもと変わらない。「いつもどおりに握手するさ。神様が与えてくださったのは臆病の霊じゃない」。これには@jlbean23が「思慮をくださったのよ」と返した(2テモテ1:7)。

@pastorjlは「何もしない。ただし……いやいや、やっぱり何もしないな」と付け加えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A sampling of proposed responses: @pastortrout offered, “Nothing. Just like I did as a missionary in malaria infested Africa. We went to church and worshiped God. We placed our hands on fevered brows and prayed. We shook hands and hugged necks of people living in abject poverty. Can we not trust God for anything in this nation!” For Pastor @JimJacobson, it’s business-as-usual: “I’m going to shake hands like I usually do. God has not given us a spirit of fear.” To which @jlbean23 replied: “He also gives wisdom.” And, @pastorjl added, “Nothing! Except, oh yeh, Nothing!”

専門知識を求めて医療従事者に意見を求めた人も

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Finally, a number reached out to healthcare professionals for their expertise.

@pastortritten, @ellis_craftといった人々はそうだ。牧師のジョー・ミラーは言う。「生物学研究の安全対策で博士号を持っている親友がいて、明日の礼拝には彼に来てもらって、説教の前に話をしてもらうことになっています。そうやって専門家の見解を聞く時間があるのはありがたいことです。それから神様に目を向けて健康に備えます」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
These include @pastortritten, @ellis_craft, and others. Pastor Joe Miller commented: “One of my best friends is a PhD Biosafety officer. We’re bringing him in tomorrow for an interview and time of prayer before the sermon. Glad we’re using this time to gain perspective from experts, and then ultimately look to God for a healthy level of preparedness.”

コミュニケーションを上手くとれるよう、そして賢明な実践ができるようにと努力している牧師や指導者に称賛を送りたい。教会員に手紙を送った牧師の多さに私は圧倒された。例を挙げれば、@jonathan_dodsonの手紙、@jordaneasleyの手紙、 @salt_house425の「つながるコミュニティー(tethered community)」や@akendleの「実践的な方法(practical steps)」などだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I want to give kudos to all the pastors and leaders seeking to communicate well and implement wise practices. I was especially struck by a number of the letters that pastors sent to their congregations. Just a few examples include @jonathan_dodson’s letter, @jordaneasley’s letter, @salt_house425’s commitment to be a “tethered community,” and @akendle’s practical steps.

全体を通して牧師からの返答は、霊的な励まし、実践的な解決法、よく考えられた返答だった。そのような対応が見られてうれしかったが、この新型コロナ・ウイルスは未知なものなので理解が難しいという現実がある。それぞれの返答は、さまざまな反応があることを明らかにした。新しいことに対して私たちはすでに知っている知恵を用い、よく分からない状況の中で良いことを実践していかなくてはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Overall, responses from pastors focused on spiritual encouragement, practical solutions, and reasoned responses. I was glad to see this, but the reality is that this novel virus is hard to understand since it’s so new. Each response reveals a different way to respond, and with anything new, we must take what we know and seek to include good practice in an unknown situation.

前回、「教会での新型コロナ・ウイルス対策──手と手の接触を制限する時が来た」という記事を私は書いた。その中で、教会員と良いコミュニケーションを取ること、公衆衛生について教会スタッフやボランティアに教育すること、感染拡大につながるような習慣を変更するといった考えをシェアした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last week, I wrote an article on “Advice for Churches from the Surgeon General: Preparing Your Church for Coronavirus.” In that article, I shared some of my own thoughts on our response, including communicating well with your church, reeducating your church staff and volunteers regarding good hygiene for all, and modifying routines that may threaten to spread disease.

このパンデミック(世界的大流行)に対する効果的で賢い方法を私たちが模索する中で、神は今もその王座についておられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I’ll be sharing more about these in the days to come and tomorrow we will running an article on standing firm against the fear that threatens to overcome us. God is still on his throne even as we seek out effective and wise ways to deal with this growing pandemic.

執筆者のエド・ステッツァーはビリーグラハム・センター所長、ホイートン大学学部長。

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/edstetzer/2020/march/greet-one-another-with-fervent-fist-bumpand-other-things-th.html

Share

Related Posts

おすすめ