書籍

『ハリー・ポッター』はクリスチャンにとって善か悪か

 

米南部テネシー州ナッシュビルにある聖エドワード・カトリック学校の図書館から、世界的なベストセラーとなったファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズが撤去されたと、地元紙「The Tennessean」が伝えた。同校には、義務教育開始前の園児から、8年生(日本の中学2年生にあたる)までが通っている。

英国の作家J・K・ローリングによる『ハリー・ポッター』シリーズは、魔法使いの少年たちと闇の魔法使いとの戦いを描いた物語で、世界中で計5億冊以上を売り上げた。映画化もされ、大ヒットを記録。物語の中では「アバダ・ケダブラ」(死の呪い)、「インペリオ」(服従せよ)など、多くの呪文が登場する。

同校を管轄するダン・リーヒル神父が保護者からの問い合わせに対し、「本の中に出てくる呪いや呪文は本物で、悪霊を呼び込むおそれがある」として、図書館から撤去するよう学校に勧告した。そこで、今秋からの新年度に合わせて開館する新しい図書館には、旧図書館にあった同作が姿を消すことになった。

これまでも『ハリー・ポッター』をめぐっては、キリスト教に反するという声もあり、悪魔崇拝や魔術を奨励しているとして、欧米の学校で禁止されたところもある。米図書館協会によると、同作は2001年から3年連続で、最もクレームが多い書籍ランキングに入り、06年には、21世紀で最もクレームの多い書籍ランキングの1位になった。

米国「クリスチャニティー・トゥデイ」読者は『ハリー・ポッター』をどのように捉えているのだろうか。

「想像力を抑えると、より多くの問題に直面すると思います。私の子どもたちは、『ハリー・ポッター』が架空のキャラクターであることを理解しています。私はあまり信仰的なクリスチャンではないのでしょう。子どもたちは『ウィンガーディアム・レビオーサ』(浮遊せよ)と言いながら、棒を持って家の周りを走り回り、いろいろなものが飛び回っているようにして遊んでいるからです。私はこれをフィクションと見なしており、それ以上の何ものでもありません。むしろ現代人がその区別ができないことに困惑しています」(ペギー・ダフィールド)

「魔術を使うことすべてが悪いことです。良い魔術なんてありません。私たちは神から奇跡や祝福、癒やしなどを受けるのであって、サタンからそれらを手に入れることはできません」(J・バック)

「私は、この本に込められた深い意味に感銘を受けています。子どもたちと交わすことができる会話の宝庫があるのです。ほんの数日前、子どもとハイキングをしていて、『ハリー・ポッター』について約2時間、議論しました。そのとき11歳の娘は、暗闇に打ち勝つ光、悪に打ち勝つ善、愛の征服、自己犠牲、友情、信頼、慈悲、家族の重要性といったテーマを見いだしたのです」(アデル・シュナイダー)

「『ハリー・ポッター』は霊的にも心理的にも不健康です。5~18歳までの子どもの興味をそそり、真似しようとします。サタンはただ神をコピーしているのです」(牧師 ジュディ・ラング)

(写真:Mo HH92)

「私は牧師であり、7〜13歳の4人の子どもの親ですが、子どもたちに『ハリー・ポッター』を読ませることはありません。『ハリー・ポッター』が間違っていると信じているのには理由があります。悪を善、善を悪と呼び、魔女を善として描写し、子どもたちがオカルトに参加するための扉を開くからです。非常に優れたクリスチャン小説とファンタジー小説がこんなにたくさんあるのに、なぜあなたはこの暗闇に子どもをさらしたいのですか」(クリス・ジョーダン)

「私は成熟したクリスチャンであり、神の言葉を通して、何が現実で、何が幻想であるかを自分で判断できるので、別に害はありません。私にとっては、それはただの娯楽です。『ハリー・ポッター』のような物語を通して子どもを導くのは、映画評論家ではなく親の仕事です」(ラヴァーン・ヘルプス)

「『ハリー・ポッター』は大丈夫だと言っているキリスト教の解説を見るたびに、私は泣きたくなります。クリスチャンである私たちは、オカルトに立ち向かうことに弱気になっており、一歩下がって再評価すべきだと思います。ハリウッドが私たちを引きつける方法を知っているからといって、砂糖でコーティングされた魔法を安全な娯楽と呼んではいないでしょうか」(ジャニーン・パケット)

「私や家族が見たり読んだりしないものを決定するための、例外のないラインはありません。すべてのオカルト主義との接触を避けることは、アテネで偶像を見た時のパウロと矛盾しています(使徒17:16~25)。パウロは偶像を見て憤慨しましたが、異教の『知られざる神に』という言葉を引用して伝道しました。オカルト主義との接触をすべて避けるためには、この世界から出て行かなければなりません。とはいえ、聖書が『私たちとは何の関係もない』と警告しているオカルトには、明確な悪への誘惑と関与があります。私は『ハリー・ポッター』を読まないことを選択しました。それはあまりにもひどく魔術に浸りきっているようだからです。ここでの私の基準は絶対でも、一貫性がないことも知っています」(グレッグ・スミス)

ホグワーツのスタジオ・モデル(写真:Karen Roe)

「超能力や魔法の能力を持っているふりをするのを両親が許さない子どもたちはかわいそうです。想像力ほど大切な資質はありません。そして、それを使うことを思いとどまれば、どうすれば良い想像力を伸ばすことができるでしょう。映画や本は、魔法と作り話の幻想的な世界への道先案内人であり、世代を超えて想像力を育ててくれます。『シンデレラ』を覚えていますか。『ビビデ・バビデ・ブー』という呪文で、家が掃除されたり、ドレスを作るために森から動物を連れて来たりしないことを、平均的な6歳の子どもなら、すぐに気づくでしょう。私は幼な友だちと一緒に魔法を含む多くのごっこ遊びをしましたが、私はまだイエスを愛しています」(ブラッド・ウォルストン)

「私が読んだり見たりしたものや、子どもたちに読んだり見せたりできるものを、ほかのクリスチャンが検閲するのは不快に感じます。私はすべての『ハリー・ポッター』の本を読んでおり、息子も何度も読み返しました。すべての映画も一緒に見ました。息子と娘は『ハリー・ポッター』を演じます。彼らは、スーパーマンとスパイダーマンが現実ではないことを知っているように、それがフィクションであることを知っています。ハリーが誰かの想像力から来たことも。『シンデレラ』『白雪姫』『眠れる森の美女』などと『ハリー・ポッター』の魔法には違いはありません。しかし、自分の子どもが架空の状況を認識できるほど成長していないと親が考えるなら、決してそれらにさらされるべきではありません。『ハリー・ポッター』シリーズは楽しませてくれるものであり、誰の救いも損なうものではありません。本を読んだり、映画を見たりする子どもの心に疑問を持つ必要はありません。それが父親の仕事なのです」(R・E・コブ)

「『ハリー・ポッター』の焦点は魔術です。魔術は、私たちの生活から追い出すべき悪であると聖書ははっきりと述べています。クリスチャンは、良い点もあるからといって、すべての悪い点を受け入れるべきですか。人気のスーパーヒーローが夜には売春婦であるとしたら、日中に命を救うのだから、性的不道徳が許されたり、子どもにふさわしいとされたりするのでしょうか」(リネット・スナイダー)

左からダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント(写真:Ilona Higgins)

「私は目の肥えた成熟したクリスチャンであり、行間を読むことができ、小説や映画で明確に定義されている魔術のテクニックには惹(ひ)かれません。私はそのようなことについて聖書が何と言っているかをよく知っているので、手を出そうとはしません。また、トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作と比較して、『ハリー・ポッター』の映画と本に欠けているものも分かります。あるクリスチャン作家が指摘したように、『ロード・オブ・ザ・リング』では、非人間が魔法を使い、これらの力の使用に対して人間に警告しています(非常に聖書的な概念)。しかし『ハリー・ポッター』シリーズでは、適切なトレーニングを行うことで、自然と精神的な領域を自分の利益のために操作する方法を学べるのです。だから、幼い子どもや感受性の強い青少年の興味をそそらないとは言えません。そういうわけで『ハリー・ポッター』の本や映画は、柔軟なクリスチャンの若者には本当に危険な地雷原であり、若い人、少なくとも高校生以上になるまで、可能な限り避けるべきだと思います」(シェリー・グミエニー)

「私は『ハリー・ポッター』の映画を見たことがなく、子どもたちにも見せていません。聖書があらゆる形態の魔術から離れるように言うのだから、私は離れたほうがいいと信じています」(デブ・ダイクハウス)

「『ハリー・ポッター』の本と私の信仰との間に多くの類似点を見つけました。今、7冊すべての本を読み、6本の映画を見た後、私はまったく新しい視点を持つようになりました。『ハリー・ポッター』に対するキリスト教的洞察が書かれたホームページを読むことを強くお勧めします。愛と自己犠牲について教えてくれた『ハリー・ポッター』なしの私の人生は想像できません。ハリーはクリスチャンの友人であり、私の信仰を深めるのに役立ったと、今まで以上に確信しています」(ブルース・スティーブンス)

「良い魔法のようなものがあるとは思えないし、聖書がそのような善悪の差別化を支持しているとも思いません。それはすべて、人々を悪魔崇拝に誘惑する試みであり、その一部を受け入れられるように見せることです。もしそれで私を急進的だというのなら、そのようなレッテルを貼られたことを誇りに思います」(エド・ヴァンダーバーグ)

「私は『ハリー・ポッター』の中に贖(あがな)いを発見しました。教師(および親)として、このシリーズは素晴らしいと思いますが、深遠なものと同様に危険もあるので、子どもたちと会話を続け、彼らがこの小説をどのように解釈しているかを知ることが重要です。聖書は、独りで読むと非常に危険な本です。『ハリー・ポッター』シリーズも、独りで読むと中程度に危険だと思います」(キャロリン・ミンチン)

J・K・ローリング(写真:Executive Office of the President)

「著者は想像力を刺激する世界を創造するよう努めており、ローリングはそれを見事に行っています。私の子どもは3人とも『ハリー・ポッター』の本を読み、ハリーをキリストのモデルとして議論し、映画を何度も見てきました。誰も魔女崇拝者にはなっていません。3人とも日曜学校の教師であり、教会に深く関わっています。『ハリー・ポッター』の本を読むことは、悪魔主義者の腕に子どもを送ることではありません。私の信仰はそれほど壊れやすいものではありません。私たちはシャボン玉ではなく、しっかりとした基盤の上に立っています。『アレゴリー』(寓話)という言葉を調べ、リラックスしてキリストにある自由を楽しんでください」(アラン・ファーガソン)

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-書籍
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.