クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】米国で分裂する香港のための祈り

 

トランプ米大統領は27日(日本時間28日)、香港の反政府デモを支援する「香港人権・民主主義法案」に署名し、同法が成立した。香港の自治を保証する「一国二制度」が守られているかどうか毎年の検証を米国務省に義務づけ、香港での人権侵害に関与した政府関係者らに制裁を科す内容だ。

それを受けて、2014年の民主化運動「雨傘運動」の元リーダーで、同法の成立を米側に働きかけてきたクリスチャンの黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏(23)が28日、記者会見し、米国に謝意を示した。その夜、香港中心部で米国に感謝する集会が行われ、集まった約1万人が米国国歌を歌うなどした。

一方、中国政府は同日、断固とした報復措置を取ると表明した。(編集部)

8月18日日曜日の午後、団体「愛、平和、正義を求めるバンクーバーのクリスチャン」主催の祈り会が行われ、バンクーバーにあるキリスト教会に約70人が集った。祈りに覚えられているのは、これまでと同じように、いま行われている香港デモについて、またその影響を受ける人々、そして740万人が住む香港での人権と自由が守られるためだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On the afternoon of Sunday, August 18, about 70 people gathered for a prayer meeting at a church in Vancouver organized by the group Vancouver Christians for Love, Peace, and Justice. Their focus was the same as their three previous gatherings: to pray for the ongoing demonstrations in Hong Kong, for those affected, and for human rights and freedom in the city of 7.4 million people.

会が終了する前、テンス通りにあるこの教会の建物は、中国とカナダの国旗を振る100人もの親中国デモ参加者に囲まれていた。スポークスマンによると、会の出席者は安全確保のため、バンクーバー警察の付き添いを受けたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Before the meeting ended, the Tenth Street church building was surrounded by as many as 100 pro-China demonstrators waving Chinese and Canadian flags. The attendees inside, according to a spokesperson, feared for their safety and were escorted out by Vancouver police officers.

キャリー・ラム行政長官(写真:VOA)

この対立が起こったバンクーバーは、香港から6300マイル(1万キロ)以上離れており、キャリー・ラム(林鄭月娥)香港特別行政区行政長官から、中国本土に逃亡者を引き渡すことを可能にする法案(逃亡犯条例改正案)が提出されてから6カ月が経過していた。この提案は、香港に対するより大きな権限を中央政府に与える策略と見なされ、それによって引き起こされた大規模なデモは今日まで続いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This confrontation took place more than 6,300 miles from Hong Kong and six months after Chief Executive Carrie Lam introduced a controversial extradition bill that would allow fugitives to be extradited into mainland China. The proposal was seen as a ploy to grant Beijing more power over the city, setting off large-scale demonstrations that have continued to this day.

ラム氏は9月にその法案を撤回したが、抗議者は、ラム氏の辞任や、デモに対する警察の残虐行為の調査、逮捕者の釈放、そして民主的自由の拡大を求めており、情勢不安は終わっていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While Lam canceled the extradition bill in September, unrest has continued as protesters press for Lam’s resignation, an inquiry into police brutality during the protests, the release of those arrested, and greater democratic freedoms.

カナダに50万人、米国に20万人以上いる香港移民にも、香港の状況は衝撃を与えている。香港は中国の一部でありながら、独自の法律で管理されており、その移民には、香港に住む家族や多くの友人がいる。半自治区である香港が持っている自由や多様な機会の恩恵を受けてきた者もいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The situation in Hong Kong hits close to home for the 500,000 Hong Kong immigrants residing in Canada and the more than 200,000 in the US. Many still have relatives and friends in Hong Kong, which is part of China but governed by separate laws. Others have directly benefitted from the freedoms and opportunities offered by the semi-autonomous region.

ジョン・D・L・ヤング牧師は中国本土の広東省で育ち、その後、米国に移住する前、博士号を取得するために香港で約6年間勉強した。ニューヨーク都市圏で二つのメソジスト系中国人教会を率いるヤングは、最近行われた米「クリスチャニティー・トゥデイ」(CT)のインタビューに広東語で応えた。「私は香港のことが大好きです。私の香港での学びは、現地の教会によって財政的にも支えられました。香港の教会は私に多くの支えと励ましを与えてくれました。香港の教会の人々は、中国にある教会にもたくさんの愛と経済支援を提供しています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Pastor John D. L. Young grew up in Guangdong Province in mainland China, and then spent about six years studying for his doctoral degree in Hong Kong before immigrating to the US. “I have great affection for Hong Kong. My studies in Hong Kong were financially supported by churches there,” Young, who now leads two Methodist Chinese churches in the New York metropolitan area, said in a recent interview with CT. Speaking in Cantonese, he explained, “The church in Hong Kong has given me a lot of support and encouragement. They provide a lot of love and financial support to the church in China also.”

「若いクリスチャンとして香港のために立ち上がるべきだ。我々は堅固な土地ではない」(写真:Studio Incendo)

しかし、そういった香港との深いつながりがあっても、北米の中国人教会が政治的立場を表明することはない。一方、香港のクリスチャンたちは抗議行動について、デモ行進参加、デモ隊への食糧とシェルターの提供、警察との緊張緩和の試みなど、積極的に参画している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But these deep ties to Hong Kong have not been enough for Chinese churches in North America to take a public stance. Meanwhile, Christians in Hong Kong have played an active role in the protests: marching, offering food and shelter to demonstrators, and attempting to diffuse tensions with the police.

香港キリスト教評議会は、強い言葉で書かれた声明を7月に発表し、逃亡犯条例改正案の廃止と警察の残虐行為に関する独立調査を求めた。対照的に、北米の(米国だけでも1000以上ある)中国人教会はほとんど沈黙していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Hong Kong Christian Council published a strongly worded statement in July, calling for the suspension of the extradition bill and an independent inquiry into police brutality. In contrast, the Chinese church in North America—numbering more than 1,000 institutions in the US alone—has been largely silent.

香港の抗議について公にコメントしないという選択は意図的なものだ。中国人教会の指導者たちは、教会に集う信徒やその他の中国政府支持者から反感を買うことを恐れている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The choice not to publicly comment on the Hong Kong protests is an intentional one, with Chinese Christian leaders fearing repercussions from both their own congregants and external supporters of Beijing.

パデュー大学にある「宗教と中国社会センター」の創設者であり、『中国系米国人クリスチャン』の著者であるフェンガン・ヤンによれば、海外にある中国人教会の多くには、東アジアのさまざまな地域からのメンバーがいるという。「ほとんどの教会には、香港や台湾、中国本土、東南アジアから来た人々がいます。10年前、本土出身の中国人は、多くの教会で少数派でした。今は多くの教会の過半数のメンバーが中華人民共和国(本土)出身です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
According to Fenggang Yang, founding director of the Center on Religion and Chinese Society at Purdue University and author of Chinese Christians in America, the majority of Chinese churches in the diaspora have members who come from different regions of East Asia. “In most congregations, you will find people from Hong Kong, Taiwan, mainland China, and southeast Asia,” Yang told CT. “Ten years ago, mainland Chinese were still a minority in many churches. Now many have a majority from the People’s Republic of China.”

(写真:Studio Incendo)

中国系移民の間でも、出身地によってさまざまな政治的見解が生まれることがある。中国本土出身のクリスチャンは、中国政府の政策を支持することが多く、ほかの地域出身の中国系クリスチャンは、中国共産党に対して批判的であることが多い。たとえ同じ地域出身の中国人移民でも、年齢、政治観、市民の抵抗をどう受容するかという考え方によって、香港の状況についての見解は大きく異なることがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Different origins among ethnic Chinese immigrants can foster different political views, with more Christians from China supporting the policies of the Chinese government, and those from elsewhere often more critical of the Chinese Communist Party. Even among Chinese immigrants from the same place, views on the situation in Hong Kong can diverge greatly depending on age, personal politics, and tolerance for civil disobedience.

「強い民族主義思想を持っている中国人クリスチャンと、より民主的な中国人クリスチャンの間で、意味のある対話をすることは困難です」とヤンは言う。彼はインディアナ州出身だが、その地元の教会では、台湾出身の古株の教会員が香港の状況のために祈ることを申し出ると、中国出身の別メンバーがたちまち教会指導者に異議を申し立てたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“When you have very nationalistic Chinese Christians and more democratic Chinese Christians, it’s hard for them to have any meaningful conversation,” said Yang. At his own home church in Indiana, a longtime member from Taiwan offered a prayer for the situation in Hong Kong, and another member from China immediately filed a complaint with church leaders.

各地の中国人教会指導者と教会員が取ることのできる最も単純な対応策は、努めて非政治的でいようとすることだ。中国人教会の移民たちには、多様な文化と民族性を乗り越え、長年の苦労の末に一体感をようやく得られたという意識がある。しかしこの感覚は、賛否が分かれる複雑な政治問題の議論が起こる時には、たやすく破綻しうるものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The simplest solution, then, among Chinese church leaders and laypeople in the diaspora, is to remain avidly apolitical. There is a hard-fought sense of unity within Chinese churches, which gather immigrants of diverse backgrounds around shared culture and ethnicity. But this unity can be easily disrupted by discussions of controversial or complex political issues.

香港で起こっていることは、特に分裂を招きやすい。そこには主権性、ナショナリズム、信教の自由、言論の自由、市民の責任、個人の忠誠心といったセンシティブな問題が絡んでいるからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The current situation in Hong Kong is particularly fraught, as it presses on uncomfortable questions of sovereignty, nationalism, freedom of religion, freedom of speech, civic responsibility, and personal loyalties.

今回のデモの基礎となったと考えられている2014年の抗議運動について書かれた『香港・雨傘革命に関する神学的考察』の主席編集者を務めた社会学・文化学・地理学の研究者ジャスティン・ツェーは語る。「香港のクリスチャンたちが平和を切に望んでいるように、世界各地の中国人教会の人々も香港の平和を望んでいるのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Just as Hong Kong Christians most want peace, those in the diaspora also want peace in their churches and in Hong Kong,” explains Justin Tse, a social and cultural geographer and the lead editor of Theological Reflections on the Hong Kong Umbrella Movement, which covers the 2014 protests considered a precursor to today’s demonstrations.

(写真:Studio Incendo)

ここ数週間で香港のデモ隊やデモ反対グループ、警察の間での暴力行為がエスカレートした結果、死者と重傷者が出ている。平和への祈りは重要だ。香港デモの最前線で平和の働きに定期的に従事している多くの牧師にとって、平和への祈りは、抗議者と警察の間の対立の緊張を和らげるためにも、間違いなく必要なものとなっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As violence has escalated between Hong Kong protesters, opponents of the demonstrations, and the police, leading to several fatalities and serious injuries in recent weeks, prayers for peace are not inconsequential. Prayers for peace are certainly significant for the number of Hong Kong pastors who are regularly serving as front-line peacemakers in the demonstrations, trying to calm tensions and act as buffers in confrontations between protesters and police

しかし、平和を求める声明や祈りによって、より具体的な対話がないがしろにされているのではないかとツェーは懸念している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But Tse is concerned that broad statements or prayers about peace have become a proxy for more substantive conversations.

「中国人教会について私が長年持っている懸念の一つは、信徒たちが動揺するような出来事が起こるとき、彼ら彼女らがそれについて話そうとしないことです。それについて話したくないばかりに、それについて学ぼうともしない。しかし、意見を表明しないことも一つの意見となるのです」とツェーは説明する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“One of my longstanding concerns about the Chinese church is that when stuff happens that is upsetting to people in general, they don’t want to talk about it,” Tse explains. “Because they don’t want to talk about it, they don’t want to learn about it. But in not talking about it, they are talking about it.”

多くの中国人牧師の間には、それは単に自分たちの果たすべき役割ではないと考える風潮がある。北米の中国人教会にも、同性婚反対という例外を除いて、全体的に政治的議論を遠ざける傾向がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There’s a belief among many Chinese pastors that it’s simply not their place. Chinese churches in North America have generally stayed out of partisan debates, with the notable exception of being vocal opponents of same-sex marriage.

香港出身で、現在はロサンゼルスのファースト・チャイニーズ・バプテスト教会の主任牧師であるジョセフ・チュンは、「香港でのデモについては、個人的な見解を持っています」と語った。「しかし、私と同じ意見を持つようにと信徒に働きかけるつもりはありません。私が牧会を行っている人々に私の意見を押しつけるのは私の役割ではないからです」。彼は信徒たちに、悪と善、憐みといった聖書の原則を教えることに注力し、その他の考え方についてはそれぞれに判断を任せている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Joseph Chun, a Hong Kong native who is now the senior pastor of First Chinese Baptist Church in Los Angeles, said that he has his own personal views of the demonstrations in Hong Kong. “But I would not influence my people to have the same opinion I have,” he told CT. “That is not my role, to press my opinion upon my people that I am shepherding.” Instead, he focuses on teaching them biblical principles, such as what is evil and good and merciful, and lets them make up their own minds.

米国の中国人牧師数人は、この件についてインタビューを受けることを拒否したが、その理由はチュンと同じだ。牧師たちは、教会を代表して話すことを躊躇(ちゅうちょ)している。コミュニティーの団結を損なう危険を冒したくないのだ。話すのに十分な情報を持っているとは思えないし、教派内で香港の抗議について話し合うことも皆無だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Several Chinese pastors in the US declined to be interviewed for this article, citing similar reasons: They don’t want to speak for their congregations; they don’t want to risk harming the unity of their community; they don’t feel like they know enough; or they haven’t discussed the Hong Kong protests at all with their churches.

(地図:TUBS)

中国本土出身のケビン・シーイー・ヤオは現在、ゴードン・コンウェル神学校の「世界キリスト教およびアジア研究」の准教授だ。北米の中国人クリスチャンが、論争となっている政治問題について立場を公にしない理由については理解できるという。しかし一方、今回のことで中国人クリスチャンはこの問題よりも大きな問題に取り組む機会を逃しているのではないかと考えている。それは、言語や文化、地理的条件による他の中国人に対する強い偏見など、中国人全体を苦しめている根本的な課題だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kevin Xiyi Yao, a native of mainland China who is now an associate professor of World Christianity and Asian Studies at Gordon-Conwell Theological Seminary, understands why Chinese congregations in North America choose not to take sides on controversial political issues. But, in this case, he believes they’re missing an opportunity to address a fundamental challenge that extends beyond current events and plagues Chinese people as a whole: a strong prejudice against other Chinese based on language, culture, and geographic origin.

ヤオは、現在行われているデモについて最近行われたCTのインタビューでこう答えている。「(デモ活動には)排外主義や差別に特徴的なレトリックやメンタリティーが多く見られると思います」。香港デモ参加者には、中国本土の人々に対する明らかな偏見があり、逆に中国本土に住む多くの人々は香港人をトラブルメーカーと見なしている。こういった偏見はしばしば海外の中国人教会にも持ち込まれるが、それについて議論がなされることはない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the current demonstrations, “I would say there is a lot of rhetoric and mentality of parochialism and outright discrimination,” he told CT in a recent interview. Among many Hong Kong protesters, there is an overt bias against people from mainland China. Many mainland Chinese, in turn, see Hong Kongers as entitled troublemakers. Such prejudices are often brought into Chinese churches in the diaspora—but they aren’t discussed.

「(こういった偏見について)話し合うことは、初めは痛みが伴ったとしても、長い目で見れば、教会組織を健全にし、強めることに有益です。表面上の平穏を守るために隠そうとすれば、その教会は弱いものとなるでしょう」とヤオは言う。もう一つの方法として彼が勧めているのは、教会指導者が「和解の意味について話すことです。社会正義の問題について語り合いましょう。どういうものが、公正で平和な社会というクリスチャンのビジョンでしょうか」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Addressing such biases “could be painful in the short term, but in the long term it’s good for the health of the church, to make the church stronger. If you want to cover it over to maintain the peace on the surface, then you end up with a weak church,” said Yao. As an alternative, he recommends that church leaders “talk about what reconciliation means. Let’s talk about issues of social justice. What’s the Christian vision of a just and peaceful society?”

現状、北米の中国人教会でこういった対話が起こることはまれだ。教会指導者たちは、香港の現状など、物議をかもすトピックについて話すことによって教会員が減少することを恐れているが、一方、「そのことについて話をしない」という判断が同じ結果を招く可能性も十分に考えられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For now, these kinds of conversations are rare among North American Chinese churches. And while church leaders fear that speaking out about Hong Kong or other hot button topics could drive out members, silence could very well have the same effect.

雨傘運動1周年記念(写真:Wing1990hk)

たとえばツェーは、教会が2014年の香港雨傘運動について話すことをしなかったために福音派教会を去った。彼のような第2世代の中国系米国人、中国系カナダ人はほかにも多くいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tse, for example, is part of a group of second-generation Chinese Americans and Chinese Canadians who left the evangelical church after its refusal to address the 2014 Umbrella Movement in Hong Kong.

こういった対話を行った一部の中国人教会や中国人リーダーは、立場を明らかにするリスクを負っている。ツェーが通うバンクーバー郊外の東方典礼カトリック教会を含め、いくつかの教会は香港の抗議行動を支持したが、あるとき見知らぬ人がその教会を訪れ、教会メンバーの写真を撮り、ソーシャル・メディアに投稿した。「愛、平和、正義を求めるバンクーバーのクリスチャン」の人々も、親中国のデモ参加者からの嫌がらせを受けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As the few churches and Chinese Christian leaders who have spoken out have discovered, there are risks to being vocal. Tse knows of several congregations that support the Hong Kong protests, including his own Eastern Catholic congregation in the suburbs of Vancouver, that have been visited by strangers who photographed all the attendees and posted their images on social media. Others, like Vancouver Christians for Love, Peace, and Justice, have been harassed by pro-China demonstrators.

海外にある中国人教会は、献金や宣教活動、教派的関係を通じて、香港と中国本土のキリスト教組織やリーダーとのつながりを持つことが多い。しかし、(その教会の人々が)民主主義を支持していることが知られてしまうと、そのパートナー組織や協力者さえも中国当局による嫌がらせや弾圧にさらされることもあり、そういった恐怖感もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It’s also common for Chinese churches in the diaspora to be connected to ministries and Christian leaders in Hong Kong and China through giving, missions work, and denominational ties. They fear that if they become known as outspoken pro-democracy advocates, their partners could face harassment and oppression by Chinese authorities.

ただ、「今回の事件について関わりを避けようとすること、特に人権と社会正義の面について立場を公にしないことにもまたリスクがあります」とテンス教会のケン・シゲマツ牧師は語る。「支持政党を明確にすることの危険性は確かにありますが、現代の問題について預言的かつ大胆に発言しないことにも危険はあり、それ(後者の危険性)はより大きなものだと思います」と彼はCTに語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And yet refusing to engage with current events, especially when it concerns human rights and social justice, comes with its own costs, according to Tenth Church senior pastor Ken Shigematsu. “There’s a danger in being politically partisan, but there’s also a danger in not speaking out prophetically and boldly on the issues of our day,” he told CT. “And I would say that’s an even greater danger.”

(バンクーバーの)事件が起こったのは、彼が担当する5つの教会のうちの一つだが、シゲマツはその多民族的な教会の中で、香港デモについての祈りと対話を奨励し続けている。彼はより多くの牧師が同じように対応することを望んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Despite the incident on one of his church’s five sites back in August, Shigematsu continues to encourage prayer and dialogue about the demonstrations in Hong Kong within his multiethnic congregation. He hopes that more pastors will do the same.

「この問題について情報をチェックし、知恵と分別が与えられるよう祈ることが重要だと思います。しかし、人権の侵害や脅迫、暴力を目の当たりにするとき、牧師としてこの種の不正に反対することは重要だと思います。正義の問題と政治の問題には重なり合う部分があります。そのとき、私たちは問題から遠ざかるべきではありません。時には論争に加わることも必要でしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I would say that it’s important to be informed on the issues, to be praying for wisdom and discernment. But when we see human rights violated, intimidation and violence, I believe that it’s important as pastors to speak out against those kinds of injustices,” he said. “There sometimes is an overlap between justice issues and political issues. When that happens, we’re not going to shy away from the issue. We’ll sometimes wade into controversy.”

執筆者:D・チェン

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/november/hong-kong-chinese-diaspora-churches-north-america-response.html

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.