クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンと教会は災害にどう備えるか(対訳)

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

緊急事態に対応し、また準備するため、取るべき実用的な手順を述べよう。これは、自然災害や人災で被害に遭ったニューヨークとニューオーリンズの教会の教訓だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Below are practical steps churches and families can take to prepare for and respond to emergencies, and lessons from churches in New York and New Orleans who suffered through natural and manmade disasters.

教会が学んだこと

9・11の直後、ニューヨークにあるリディーマー長老教会は、救援物資と、あらゆるところから送られてきた多くの贈り物で溢(あふ)れかえった。しかし、リーダー訓練を受けた執事が組織されていたため、リディーマー教会では、事件後駆けつけたどのグループより効率的に援助派遣ができた。このことから学べることは、「自分の教会を建て上げる」ことではなく、できる時に既存の教会やミニストリーを支えるということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Right after 9/11, Redeemer Presbyterian Church in New York City was flooded with requests for help—and with generous gifts from all over to help meet those needs. Because their church had an organized diaconate with trained leaders, Redeemer was able to distribute assistance much more efficiently than groups arriving after the event. “We saw many other relief efforts spend a great deal of money on hiring new staff and renting office space—very high cost items,” says Tim Keller. This may be a good lesson to support existing churches and ministries when we can, rather than “build our own.”

9・11でリディ―マー教会が学んだことの一つは、スタッフの燃え尽き症候群に気をつけるということ。「我々は、それがどんなに重大なことか理解していなかった」とティム・ケラー牧師は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One lesson Redeemer learned from 9/11 was to watch for burnout among their staff. “We did not recognize the danger as much as we should have,” Keller said.

2012年の巨大ハリケーン・サンディーの後、リディーマー教会は新たな問題に直面することになった。「教会に連なる何千もの人の無事を確認するため、早急に連絡を取りたかったが、それはとても難しかった」とブルース・テリル牧師。大規模停電により、連絡が取りづらかったのだ。「町と協力すれば、その町が望んでいる必要を満たすため、より良い働きができると信じている」と続ける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After super storm Sandy, Redeemer again relied on its robust diaconate, but they encountered other problems because the disaster. “We had difficulty connecting quickly with the thousands of people in the Redeemer community to make sure everyone was okay,” said Bruce Terrell, executive pastor. Large power outages compounded communication problems. “We also believe we can do a better job of partnering with the city to work in concert with the needs they identify,” says Terrell.

ニューヨークの貧困地域にあるインフィニティー・ニューヨーク教会もまた、ハリケーン・サンディーによって被害を受けた。教会では嵐が来る前、停電の際でも使える電話に教会員の携帯番号を登録した。これによって教会員に、報告や救助の要請を迅速に伝えることが可能になった。さらに、嵐が来る前から発電機とポンプを用意していたので、嵐の直後、政府の救助が来るより早く、浸水した家にそれらを届けることができた。インフィニティー・ニューヨーク教会のディマス・サラベリロス牧師は、9・11とハイチ地震、そしてハリケーン・サンディーにおける教会の対応を組織した経験があり、このような災害時における教会の役割がどれほど大切か、身をもって知っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Another church affected by Sandy, in a low-income area of New York City, was Infinity NY Church. They learned before the storm to put all church cell numbers on phones they could use whether normal power was running or not. This helped get news and requests for help to church members much more quickly. They also prepared ahead of time so they could bring much needed generators and pumps to flooded homes right after the storm and before government help arrived. Infinity NY Church’s pastor, Dimas Salaberrios, helped organize church responses to 9/11, the Haiti earthquake, and Sandy, and knows first-hand just how vital the church’s role is during disasters.

ハリケーン・カトリーナ直後、ニューオーリンズのリディーマー長老教会で働き始めたレイ・カンナータ牧師は、何年もこの被害の影響を受けてきた。「私たちは、他の人を癒やすことで癒やされたのです。私たちは自己防衛ではなく、あくまでミッションが目的。痛みに立ち向かうのです」。それによって教会は、嵐による長期間の試練にもかかわらず、奉仕の働きに集中することができたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ray Cannata, who started pastoring at Redeemer Presbyterian Church in New Orleans just after Hurricane Katrina, dealt with its aftermath for several years. “We healed ourselves by becoming healers,” he said. “Our focus remains mission not self-protection. Moving toward the pain.” He said this has helped his church stay focused on service despite long-lasting challenges from the storm.

ハリケーン・カトリーナ(Jeff Schmaltz, MODIS Rapid Response Team, NASA/GSFC)

この地域では自然災害が頻発するため、カンナータ牧師の教会はいつも準備を整えている。新たな発電機を買い足し、毎年、いつでも使えるようにしている。前回の嵐では、5軒の教会員宅でその発電機を利用し、近所の方々に自宅を開放したそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Because natural disasters are common in their area, Cannata says his church is always preparing: every year they buy one or two more generators to use later. During their last storm, they had five member homes with generators, which they opened to people in need.

先日、テキサス州ウェストのファースト・バプテスト教会のジョン・クラウダー牧師が「リーダーシップ・ジャーナル」誌で、ハリケーン・カトリーナで自身と教会が受けた苦しい経験を伝えた。疑いやフラストレーション、そして(皮肉なことに)救援活動に来た働き手によって引き起こされた不便な日々に教会は苦しんだのだ。そして彼と教会員は、「災害より神様のほうが大きく偉大だ」と思い起こしつつ、送られてきた救援物資の管理をしなければならなかった。(次ページに続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
More recently, Pastor John Crowder of First Baptist Church in West, Texas, told Leadership Journal about the struggles he and his church have had since that disaster. Doubt, frustration, and the day-to-day inconveniences brought (ironically) by relief workers challenge the church’s witness. He and his congregation need to steward resources sent to help, while remembering that God is bigger than their disaster.

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

次のページへ >

類似している記事

None found

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.