• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】アドベントにゆっくりメシアを待つ方法(対訳)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】アドベントにゆっくりメシアを待つ方法(対訳)

 

この季節は師走の気ぜわしい空気に包まれまれ、ショッピング、ホリデー・パーティー、クッキーの交換、コンサート、プレゼントの包装などに追われて過ごします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At this season of the year, the air bustles with the hurried cadence of the annual December Festivus Frenzy, with its cacophony of shopping, holiday parties, cookie exchanges, concerts, decorating wrapping.

クリスマスが来るまでの数週間は、多くの場合、より深く神と交わることよりも、締め切りを守ることに似ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The weeks leading up to Christmas often feel more like beating a deadline than connecting more deeply to God.

黙想、悔い改め、心の準備といったアドベントのリズムは、ゆっくりと意図的に、アドベントの本当の贈り物を開ける機会を与えてくれます。そのためにエヌマ・オコロは『沈黙とその他の驚くべきアドベントの招待』という本を書きました。疑い、味気なさ、仕事を待つこと、神の約束を受けることといったテーマで、短く豊かな28日間分の黙想を提供しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Advent’s rhythms of contemplation, repentance, and preparation of heart give us an opportunity to unwrap – slowly and oh-so-intentionally – the real gift of this season. To that end, author and Her.meneutics contributor Okoro has written a devotional entitled Silence and Other Surprising Invitations of Advent (Upper Room, 2012). It offers 28 days of brief, rich meditations on themes such as doubt, barrenness, waiting-as-labor, and receiving God’s promises.

このアドベントのため、生活の中でどのような空間を作るべきかについて、私は最近、オコロと話しました。それは今月の私たちの経験を変えることができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I recently talked to Okoro about how creating space in our lives for Advent, which begins this Sunday, can reshape our experience this month.

ヴィゴ・ヨハンセン「ジョイフル・クリスマス」

──アドベントはあなたのクリスマス体験の一部でしたか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Was Advent part of your Christmas experience growing up?

私は米国と西アフリカのカトリック教会で育ちました。ですから、アドベント・カレンダーを開くなど、アドベントは幼い頃のクリスマス体験の一部でした。若い頃、私はマリアにちょっとした憧れを抱いていたと思います。私は彼女に畏怖の念を抱いていました。神の子を妊娠したという事実は、私の小さな心を圧倒しました。神の子を産むことを受け入れた彼女の勇気と強さをはっきりと知っているから、私は今でもマリアが好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I was raised in the Roman Catholic Church in both the United States and West Africa, so yes, Advent was very much a part of my childhood Christmas experiences, more so with Advent calendars and such. I think I had a bit of a girl-crush on Mary when I was younger. I held her awe in. The fact that she was pregnant with God blew my little mind. I still have a girl crush on her, but now it’s because I recognize her courage and her strength to say yes to bearing God.

──アドベントは、大人としてのクリスマス体験をどのように形作っていますか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
How has Advent shaped your experience of Christmas as an adult?

アドベントは非常に視覚的かつ強力な方法で、神をみごもることに召されたことを思い出させます。私たちは、アドベントの時だけでなく、1年を通してキリストを世界に届けるよう求められています。アドベントの周期は、年間を通じて自分の姿勢を見直す素晴らしい方法です。アドベントは、クリスマスという日というよりも、季節として認識することを意味します。私はアドベントの最後の週末までクリスマス・ツリーを飾りません。その後12日間、ツリーを飾ります。また、私はクリスマスの美的感覚と匂いが大好きです。それを待たなければならなかったとき、特別なご褒美(ほうび)のように感じることがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Advent reminds me in a very visual, powerful way that we are called to be pregnant with God. We are all called to labor with bringing Christ into the world, not just at Advent but throughout the year. The Advent cycle is a wonderful way of reposturing ourselves for delivery throughout the year. Because I recognize Advent, it means that I recognize Christmas more as a season than a day. I don’t decorate my tree until the last weekend of Advent, and then I keep it up through the 12 days. I love the aesthetics and smells of Christmas, and sometimes it feels like an extra treat when I’ve had to wait for it.

──アドベントを体験したことがないクリスチャンもいて、クリスマスまでのカウントダウンとして考えているようです。なぜアドベントを祝うべきなのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some Christians don’t have experience with Advent much beyond thinking of it as a Christmas countdown. Why should they celebrate Advent?

アドベントは、クリスチャンとしてこの世とは違う時間理解に従うことを思い出させます。アドベントを深める一つの贈り物は、アドベントが通常の休日文化とは劇的に異なる速度で進むということです。アドベントは、自分の望む速度で進むのではないという人生の季節に敬意を払うよう教えてくれます。私たちは皆、ある時点でそれに共感できるようになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Advent reminds us that as Christians, we follow a different understanding of time than the rest of the world. One gift of deepening our Advent observance is in its drastically different pace to the holiday culture. Advent can teach us to honor the seasons of our lives in which life doesn’t happen at the pace we desire. We can all relate to that at some point.

またアドベントは、子どもたちに勇気や強さ、くじけない心、忍耐、そして希望を教えます。マリアとエリサベトの物語はこれらの特徴を描いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I also think Advent is a wonderful way to teach children alternate notions of courage, strength, fortitude, perseverance, and hope. Mary and Elizabeth portray these traits.

──アドベントを深めるために何ができるでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What can individuals and families do to deepen their Advent observance?

各家庭で、アドベントの最後の週末にクリスマス・ツリーを飾り、その後12日間、クリスマスを祝うということができるかもしれません。教会は4週間のうちに、アドベント礼拝を持つこともできます。しかし、それは単なる提案です。家族やコミュニティーが自分なりにアドベント・シーズンを覚える方法を見つけることは、もっと意味があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Individual families might keep their Christmas tree undecorated until the last weekend of Advent and make a point of celebrating Christmas for 12 whole days. Churches can have midweek Advent services for the four weeks of the season. But that’s merely a suggestion. It’s always more meaningful when families and communities discern their own ways of recognizing the season.

ジェームズ・ティソ「ザカリアとエリサベトの肖像」

──「沈黙」について書くことになったきっかけは何ですか。

私はアドベント・シーズンのありふれたあり方に不満を感じるようになっていました。ある時、アドベントがレント(受難節)のようだと感じた時があります。深い痛みと静かな空間に満たされ、「神を待つ」という呼びかけの中に、悲しむここと希望との両方が許されていると感じたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I found myself increasingly dissatisfied with the familiar ways I had acknowledged the season. There were times in which Advent felt more like Lent to me, deeply painful and full of quiet spaces in which I felt permitted to both lament and hope in the call to wait on God.

私は、エリサベトとザカリヤの物語(ルカ1章)を愛していました。この信仰深い夫婦は、聞かれない祈りの悲しみの中でほとんどの人生を生きなければなりませんでした。特に私はエリサベトに惹(ひ)かれていました。当時の女性としては見捨てられていた存在でした。しかし、彼女は信仰を捨てませんでした。聖書の静かな空間から、聖書本文と同じくらい多くのことを学ぶことができます。ですから、アドベントの物語の始まりに、その静かな空間を思い巡らしたかったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I loved the story of Elizabeth and Zechariah, this faithful couple who had to live most of their lives with the sorrow of unanswered prayer. I was drawn to Elizabeth in particular, whose primary identity as a woman during her time was forsaken her. Yet she kept the faith. We can learn just as much from the silent spaces of Scripture as from the text. So I wanted to meditate of those spaces in the early part of the Advent story.

この同じ話の中で、ザカリヤの沈黙は、神への不信仰に対する罰としてしばしば見られます。しかし、そこには恵みもあったのではないでしょうか。アダムとエバが犯した罪を知りつつも、神が服を着せられたのと同じような恵みも。神がいま彼らの人生に働きかけているすべてのことを受け入れる時間が沈黙によって与えられたから、ザカリヤもエリサベトも、耳を傾け、祈り、準備することができたのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In this same account, we often see Zechariah’s silence as God’s punishment for his disbelief. But I wondered if there wasn’t also grace there—the kind for grace that came when God clothed Adam and Eve while still recognizing their sin. What if the silence permitted both Zechariah and Elizabeth time to dwell on all that God was now doing in their lives so they could listen, pray, and prepare?

──沈黙は読者に、自分への疑い、味気なさ、痛み、切望を考えるよう問いかけます。あなたはアドベントに関してこうしたテーマを探究するために何をしましたか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Silence asks readers to consider their own questions of doubt, barrenness, pain and longing. What ed you to explore these themes in relation to Advent?

私は神に絶縁状を殴り書きしたいと思ったことがどんな時にもあります。でも、神よりほかに良い選択肢を見つけることはできませんでした。私がそこで見いだしたのは、人間の経験の範囲内でできる信仰的な行為を神の前に持っていくことです。あなたが設定するより難しいテーマは、私たちが注目しがちなより楽しいテーマと同じぐらい現実的で重要で、私たちの信仰と神のイメージ、神との関係における自分のイメージを形作ってくれるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Stuff happens all the time that makes me want to scribble God a “Dear John” letter. But I haven’t found a better option besides God. What I have found is that it is an act of faithfulness to bring the range of human experiences before God. The harder themes you name are just as real and significantly shape our faith and our images of God and of ourselves in relation to God as the more pleasant ones we tend to focus on.

ほとんどの場合、不安という場所で居座っている欧米社会では、私たちは上手くやっていくことができません。また、自分の痛みや他人の痛みを受け入れる方法が分かりません。その結果、その言葉のあらゆる意味において、私たちは思いやりを深め、癒やしにつながるコミュニティーとの関わりを深めることを本当に経験し損なうことになるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For the most part, we do not do a good job in Western society of sitting in places of discomfort. We do not know how to sit with our own pain or the pain of others. As a result, we can really miss out on deepening compassion and engagement with our communities that could lead to more healing, in all senses of the word.

執筆者:ミシェル・ヴァン・ルーン

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/women/2012/november/how-to-wait-for-slow-moving-messiah.html

Share

Related Posts

おすすめ