イースター、全米映画ランキングに躍り出たクリスチャン映画

 

「アイ・キャン・オンリー・イマジン」(I Can Only Imagine, 直訳すると「想像はできる」)というキリスト教映画が3月16日、全米公開され、イースターを前に全米映画ランキング初登場3位に躍り出た。1位はスーパーヒーローの実写映画「ブラックパンサー」、2位はアドベンチャー・アクション映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」というビッグ・バジェット映画。2週目も3位、3週目は4位、5週目は5位、6週目は8位と堅調に推移している。地味なクリスチャン映画が予想外の大ヒットとなった。

劇場公開ポスター

MercyMe(マーシーミー)という米国CCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)バンドのデビュー曲「I Can Only Imagine」の創作秘話を描いた実話だ。この曲はCCMの中で最も売れた曲。リードボーカルのバート・ミラードが18歳の時に亡くなった父親のことを思いながら作った。

バートが10歳の時、暴力的な夫に愛想を尽かして母親が家を出てから、父親のもとで育った。その後、歌の才能を見出されたバートは、ミュージカル「オクラホマ!」の主役に抜擢されたが、自分の晴れ舞台に父親を招待できずにいた。一方、がんで闘病していた父親も、自分の病状を息子に打ち明けられなかった。やがてミュージシャンとなったバートは、故郷に戻り、父親と向き合うことに。ようやく和解できた二人だったが、程なくして父親は亡くなる。その経験から、バートは「I Can Only Imagine」という曲を書き上げたが、それが音楽史に残るヒット曲になるとは本人も予想していなかった。

劇中にエイミー・グラントやマイケル・W・スミスなど、クリスチャン・ミュージシャンの大御所も登場する。日本で公開されるかは未定。

Share

Related Posts

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在⑤ 教会の目的は、愛をもって共に生きること(前編)

  2. 米公民権運動の指導者ジョン・ルイス下院議員死去 2020年7月17日

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】今こそ教会が一致して、心砕かれた祈りを──死者2万人を超えたイタリアで(対訳)

  4. 韓国のコロナ新規感染者がソウルなど首都圏で急増 文大統領、反政権集会を「不法」と非難 2020年8月17日

  5. 【鬼滅のイエス】第二夜 煉獄さんとイエス様と『最後の誘惑』 MARO

  6. 教皇フランシスコ、米朝首脳会談について異例の早さで言及

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】アイフォンで告げよ──スマホで信仰は表明しやすくなった

  8. 警察官に殺害された黒人男性、ジョージ・フロイドさんとキリスト教

  9. 映画音楽やポピュラーミュージック、賛美歌などを生み出したアバコスタジオ、新会社として発足

  10. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ブック・アワード2019(1)

  11. 「あらゆる形の自殺ほう助に反対」「安楽死正当化できない」とバチカン教理省 2020年9月26日

  12. コロナの雲に覆われて世界各地のクリスマス 2020年12月28日

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスに脅かされて、自己中心になっていないか(後編)

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(前編)

  15. 米カリフォルニア州、感染者が出ているキリスト教会の再開を許可

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。