飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(9)最終回

 

聖書事業懇談会が4月10日、大阪クリスチャンセンター(大阪市中央区)のOCCホールで開かれた。そこで、12月刊行予定の「聖書協会共同訳」についての講演を、翻訳者・編集委員である飯謙(いい・けん)氏(神戸女学院大学総合文化学科教授)が行った。その内容を連載でお届けする。

飯謙氏=2017年7月、広島での新翻訳聖書セミナーで

● ● ●

4 まとめに代えて

限られた時間ではありましたが、聖書翻訳の新しい取り組みについてお話ししてきました。

私は「口語訳」の旧約聖書が出版された年に誕生しました。聖書といえば「口語訳」という気持ちで育ちました。ですので、「新共同訳」が世に出た当初は、それに馴染(なじ)めず、たいへんつらい思いもしました。

しかし、「口語訳」も念頭に「新共同訳」を読み込み、聖書の豊かさを再発見し、今では最初に「新共同訳」のフレーズが思い浮かぶようになりました。

これは賛美歌もそうです。最近、日本基督教団の新しい賛美歌である『讃美歌21』の20周年記念の会が行われたと聞きました。私は『讃美歌21』にも馴染めなかったのですが、今では『讃美歌』(1954年版)と同じ旋律が流れますと、『讃美歌21』の歌詞が出てきます。

今回の聖書翻訳も、聖書に親しむ人の心を着実に耕し、信仰に新たな息吹を吹き入れてくれると信じています。もちろん、今回の翻訳も、いずれ新たな翻訳に取って代わられる暫定的なものという運命を免(まぬか)れるものではありません。

私はよく学生の皆さんに、「神はあなたの業(わざ)をすでに受け入れてくださった」(コヘレト9:7、新翻訳)と「手の及ぶことはどんなことでも力を尽くして行うがよい」(同10節)を引いて、いま目の前にあることを一生懸命やるよう勧めています。

この翻訳も、文字と辞書だけによって行ったものではありません。同時代を生きる人の顔を思い浮かべながら、ふさわしい訳語とメッセージを祈りながら導かれたわざです。皆様にもこの翻訳に熱心に力を尽くして向き合っていただき、新たな発見を重ねていただきたく願うものです。

神さまがこの土の器に豊かな宝を盛ってくださることを信じ、恵みを数える歩みを続けていきたいと思います。

Share

Related Posts

None found

  1. バチカンでクリスマス・ツリー点灯式、砂のプレゼピオも

  2. 教皇フランシスコのお勧めアプリは?

  3. 聖書の言葉を動画で 日本聖書協会、インタビュー動画をYouTube公式チャンネルで配信

  4. へりくだった「僕(しもべ)」としてのクリスチャン・リーダー

  5. 【クリスマス・メッセージ】居心地のよさを求める文化は自己中心──有言実行する教皇フランシスコ 菊地功

  6. 靖国神社に出会った若きキリスト者は何を感じたか NCCエキュメニカル・ユースの集い

  7. バチカンの性的虐待対策会議 教皇が「総力戦」を訴え、閉会

  8. 長崎古町教会創立100周年、フルベッキ宣教師来崎記念碑建立除幕式

  9. キリスト教一致祈祷週間、18日から25日まで テーマは「ただ正しいことのみを追求しなさい」

  10. 2019年世界祈祷日 全国で集会を開催

  11. カトリック聖職者の性的虐待、日本でも調査へ 高見大司教が被害者に謝罪

  12. 日本ホーリネス教団、「緊急事態宣言」への対応 一律ではなく各教会で自主的な対策を 

  13. ウクライナの正教会、来年1月の独立に向けて統一 ロシア正教会は反発

  14. 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 関東北東教区の集会で集団感染 2020年7月26日

  15. 全国から寄贈1500冊以上、安曇野聖書図書館がオープン 聖書を読みたい気持ちになる場所

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。