トランプ米大統領の弾劾、白人福音派は反対、カトリックや黒人プロテスタントは賛成

 

米議会下院で10月31日、トランプ大統領の弾劾調査プロセスの条件を定める決議案が賛成232票、反対196票で可決され、トランプ政権は苦しい立場に立たされている。第1回の公開審問は11月14日に行われた。

(写真:Charles Edward Miller)

米国の政治と諸宗教団体とのつながりは深い。無党派の世論調査会社パブリック・レリジョン・リサーチ・インスティテュート(PRRI)の調査によると、99%の福音派のクリスチャンの白人層がトランプ大統領の弾劾に反対しており、その割合は、弾劾の訴えが起こされる前(94%)よりさらに上昇している。

一方、ほかの教派や人種層を見ると、トランプ大統領に対する目は厳しい。今年10月20日に発表された同調査では、「トランプ大統領を支持することはほぼあり得ない」と答えた率は、カトリック信徒の44%、黒人プロテスタント信徒の67%を占めており、「支持することはないと思う」と答えた数字と合わせると、それぞれ59%、86%となる。

下院で弾劾された大統領には、「不適切な関係」を追及された第42代のビル・クリントン(1998年)と、南北戦争後に政敵を罷免(ひめん)した第17代のアンドリュー・ジョンソン(1868年)がいるが、二人とも結局、上院で有罪とはならず、辞任に至らなかった。また、「ウォーターゲート事件」に関わった第37代のリチャード・ニクソンは、下院で弾劾決議がされる前に辞任している(1973年)。今回、ウクライナへの軍事援助をなぜ停止したのかをめぐって弾劾調査が行われるトランプ大統領は、弾劾訴追されてから再選を目指す初の大統領となった。

トランプ大統領の弾劾が下院で採決される可能性は高いが、上院では共和党が過半数を占めているため、トランプ大統領が職を奪われる可能性は低い(可決には3分の2の票が必要)。

北朝鮮やシリアなどのさまざまな外交問題や度重なる人事交代、「国境の壁建設問題」や女性関係スキャンダルなどによって新聞を賑わせてきたトランプ大統領の弾劾関連の動向は、米国民だけでなく、全世界の注目を集め続けている。

Share

Related Posts

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】降誕だけでなく再臨も待つアドベント(対訳)

  2. 新型コロナで命落としたカトリック大司教・司教は世界で9人 2020年7月23日

  3. カラバッジョの失われた傑作か スペイン政府が競売を阻止

  4. 米大統領選(4)サウスカロライナ州予備選で初勝利したジョー・バイデン氏

  5. クロアチアでM6・4の地震、7人死亡 2020年12月30日

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】「#MeToo」被害者に、臨床知識に裏づけされた霊的に健全なセラピーを

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】聖書、米中関税戦争を免れる──米国のキリスト教出版社は追加課税10%がなくなった

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】復活祭のスリランカの教会などで起こった自爆テロにより290人が死亡(対訳)

  9. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会は「結婚」を救えるか──婚姻率の低下が未来に及ぼす影響(3)

  10. ジャスティン・ビーバーに洗礼を授けたカール・レンツ牧師、「道徳的過ち」のためヒルソング教会を解雇

  11. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在③ 福音派が神を置き去りにした歴史(前編)

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】礼拝をやめるべきか、やるべきか──全米福音同盟会長と「クリスチャニティー・トゥデイ」最高責任者の声明(前編)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスに脅かされて、自己中心になっていないか(後編)

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】イエスを愛するサッカーW杯のスター

  15. 映画「パウロ」全米公開、ルカ役に「パッション」でキリストを演じたジム・カヴィーゼル

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。