【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(108)稲川圭三

イエスさまと歩むと、歩いても疲れない

2017年6月25日 イエスのみ心の祭日ミサ
(典礼歴A年に合わせ3年前の説教の再録)
私の軛を負い、私に学びなさい。
マタイ11:25~30

今日は本来、年間第12主日ですが、(当時、主任司祭を務めていた)麻布教会は「み心教会」なので、先の金曜日が「イエスのみ心の祭日」ということで、「イエスのみ心」のミサを今日、一緒にお祝いします。

「すべて重荷を負って苦労している者は、私のもとに来なさい。あなたがたを休ませてあげよう」(11:28)

「休ませてあげよう」とイエスさまが言われるのは、ご自身がその完全な「休み」にあずかっておられたからです。

「私は柔和で心のへりくだった者だから」(29節)と言われます。「山上の説教」の中で、「へりくだった人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ」と言われますが(5:5)、それは「永遠のいのちを受け継ぐ」という意味です。「心のへりくだった」という言葉は「タペイノス」という貧しさで、山上の説教では「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである」(3節)と言われています。

つまりイエスは、柔和で心がへりくだり、神の国を受け継ぎ、神の国のいのちの安らぎの中に入っておられるので、その安らぎを与えることがおできになるのです。

さて、イエスさまはその休みを与えるために、一つのことを命じておられます。

「私の軛(くびき)を負い、私に学びなさい」(11:29)

そして、「そうすれば、あなたがたの魂に安らぎが得られる」と言われます(同)。つまり、「私の軛を負い、私に学ぶ」と、「この私の安らぎに一緒にあずかることができる」と言われるのです。

「軛」とは、牛や馬などの家畜を2頭横に並べて、首のところを連結する道具です。そして、鋤(すき)などをつけて土を掘り返したりするのです。

イエスさまは「私の軛を負いなさい」とおっしゃいます。「私の軛」とは、つながれた隣におられるのがイエスさまということ。イエスさまが一緒に負って歩いてくださるのです。

「何でこんなことをしなきゃならないのかな」と思うけど、イエスさまは隣で淡々と負ってくださる。最初は嫌々負っていても、イエスさまが上手に負ってくださるので、足の運び方も慣れてきて、呼吸も整って、「このままなら100キロ歩けるかもしれない」……。それがイエスさまの軛です。

「私の軛を負い、私に学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に安らぎが得られる」と言われます。これは、本当にそのとおりだと思うんです。

イエスさまと一緒に歩くとき、困難な事態に出会った時も、負けずに歩むことができます。私たちが身構えてしまったり、つっぱねたくなってしまったりするようなことや、「なぜ、どうして」と理由が分からないことにも、イエスさまと一緒に歩くことで、もっと歩けるようになっていく。それが、イエスさまが与えてくださる歩みであり、安らぎなのだと思います。

最後に「イエスさまの荷」というのが何なのか、ちょっと考えてみましょう。

私たちが放っておくと自然に負ってしまう荷とは、人の中に欠点や、気に入らないことや、「なんであの人はそう考えるんだろう」とか、そういう悪いことを見つけ出してしまうことだと思います。自然に、たやすく負ってしまいます。

でも気がつくと、背負いきれない荷になって、前にも後ろにも動けなくなって苦しくなってしまうのです。それはイエスさまの荷ではありません。

「イエスさまの荷」とは、「人間の中に神さまが一緒にいてくださる」という真実を認め、祈り、そしてそのことを人に告げるという「荷」なのです。

この荷は、一見たいへんそうに見えて、実は負いやすいのです。負う練習をすると、荷は軽く負えるようになります。そして、「もっと負おう」という気になってくるんです。そうすると、たくさんお祈りをしても、もっとお祈りができるようになり、歩めるようになってきます。これが「私の荷は軽い」という言葉の意味だと思います。

そうすると、私たちはイエスさまの安らぎに入ります。

今日、帰る道すがら、すれ違う人に「神さまがあなたと共におられます」って祈ってみてください。その荷は負いやすく、軽く、安らぎをいただけます。なぜなら、そう祈るとき、軛以上の密接なつながりをもってイエスさまが私の中で祈ってくださるからです。そして、イエスさまの中で神さまが共に祈ってくださるからです。

「神さまがあなたと共におられます」と祈って、イエスの荷を負ってイエスと共に歩くとき、安らぎを得られます。なぜなら、イエスと共に、神さまと共に歩むからです。その歩みは、「走っても弱ることがなく、歩いても疲れることはない」(イザヤ40:31)のです。

今日、その歩みに入って生きる1日になりますように。ご一緒にお祈りしたいと思います。

Share

Related Posts

None found

  1. 宗教改革の指導者ルターは「歌って踊れる聖職者」だった 

  2. 2020年8月3日「神が抱いておられる熱い思い」

  3. 2020年8月16日「お前が用意した物は、誰のものになるのか」

  4. 【宗教リテラシー向上委員会】 コロナ禍での拠り所 與賀田光嗣 2020年8月11日

  5. 5月15日は西南学院大学の創立記念日

  6. 【宗教リテラシー向上委員会】 トランプ・カルトとキリスト教(1) 川島堅二

  7. 3月6日「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」

  8. 4月28日「神は、あなたがたを強めることがおできになります」

  9. 9月18日は宮城学院の創立記念日

  10. 【宗教リテラシー向上委員会】 すべての民の復活日へ 與賀田光嗣

  11. 【夕暮れに、なお光あり】 フーテンの寅とイエス 細川勝利

  12. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第2回 天国のどんぶり

  13. 2020年8月22日「一緒に喜んでください」

  14. 9月25日はグレン・グールドの誕生日

  15. 【クリスチャンな日々】第14回 厳然たる絶対的なレバニラ定食 MARO

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。