「国際」 一覧

性的虐待に対応するための全世界の司教協議会会長会議 日本でもさまざまな対応
聖職者による性的虐待と隠ぺい問題への対応を協議するため、全世界のカトリック司教協議会会長による会議が、21日から24日まで4日間、バチカンで開かれる。プロテスタントでも性的虐待事件が起きており、主要な教団でセクハラ対策がなされている。
教皇フランシスコ、イスラム教の発祥地であるアラビア半島、アラブ首長国連邦を初訪問
教皇フランシスコは3日から5日まで、アラビア半島にあるアラブ首長国連邦(UAE)を訪問している。アラビア半島はイスラム教の発祥地であり、歴代教皇で、そこにある国を訪れるのは今回が初めて。27回目の海外司牧訪問(イタリアを除く)となる。
教皇フランシスコのお勧めアプリは?
教皇フランシスコは1月20日、サン・ピエトロ広場を見下ろすバルコニーから数万人の人々に対し、「祈るためにクリックを(Click to Pray)」というアプリを紹介。「私が祈ってもらいたいことを伝えていきます」とタブレットを触りながら話した
フィリピンのカトリック教会でミサ中に爆発 イスラム過激派によるテロか
フィリピン南部スルー州ホロ島にあるカトリック教会で27日午前、ミサの最中、聖堂内部で爆発があった。兵士や警官らが駆けつけたところ、屋外の駐車場でオートバイも爆発した。ミサ出席者12人と兵士5人、沿岸警備隊員1人が死亡、83人がけがをした。
黒人女性でインド系米国人カマラ・ハリス氏 大統領選へ立候補表明
来年の米国大統領選挙に向けて、野党の民主党からカマラ・ハリス上院議員(54)が21日、立候補することを明らかにした。当選すれば、黒人女性、インド系米国人として初の米大統領となる。幼い頃はバプテスト教会の聖歌隊で妹と歌っていたという。
中国・家庭教会への弾圧と香港教会の支援 倉田明子准教授に聞く
香港のクリスチャンが「中国の教会を覚えて祈ろう」と12月23日と30日の礼拝に黒い服を着て参列した。中国政府の動きや香港プロテスタント教会の行動について、東京外国語大学総合国際研究院准教授(中国近代史)の倉田明子さんに話を聞いた。
教皇フランシスコ、新年の挨拶で中国との暫定合意について語る
教皇フランシスコは7日、駐バチカン(ローマ教皇庁)外交団を前に新年の挨拶(あいさつ)をした。バチカンと正式に外交を結ぶ183カ国と、マルタ騎士団、欧州連合の代表者の前で教皇は、昨年、教皇庁と中国で結ばれた暫定合意について話した。
「バルトロメオス1世を全正教会の最高指導者とは認めない」とロシア正教会のモスクワ総主教キリル1世
ロシア正教会のモスクワ総主教キリル1世(72)は12月30日、コンスタンチノープル(現イスタンブール)総主教庁のエキュメニカル総主教バルトロメオス1世(78)に書簡を送り、「全正教会の最高指導者とはもはや認めない」と通告した。
香港のプロテスタント信徒らが黒服で礼拝に 中国で抑圧されているキリスト者を覚えて
「中国の教会で抑圧されている人たちと抑圧する人の双方を覚えて祈ろう」という呼びかけに応じた香港のプロテスタント教会の信者数百人が、12月23日と30日の礼拝に黒服を来て参列した。
教皇訪日は来年11月後半、3泊前後と前田万葉枢機卿が見通し
共同通信によると、教皇フランシスコの訪日時期が来年11月後半以降になる可能性が高いと、カトリック教会の前田万葉(まえだ・まんよう)枢機卿(69)が24日、見通しを明らかにした。訪日が実現すれば、被爆地である広島と長崎を訪れるとみられる。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.