クリスチャニティー・トゥデイ

福音派の3分の1は、礼拝に人を誘う必要性を感じていない

 

米国のキリスト教調査機関ライフウェイ・リサーチは福音派クリスチャンを対象に、人々を教会に誘うことについての意識調査を行い、このほどその結果を発表した。

この調査には、福音派教会に定期的に通う信者1010人が回答し、およそ3分の2は直近半年間、少なくとも一人を教会に誘ったと回答した。同調査機関のエグゼクティブ・ディレクター、スコット・マッコーネル氏は、「教会に誘うことは、信仰者ができる最も容易な宣教活動」と位置づける。

(写真:ゴスペル・プライム提供)

また礼拝に誘った人数は、知人一人という人が17%、二人が21%、3人以上は25%、9%は何人誘ったか覚えていないと回答した。一方、29%は、誰も誘わなかったと答えた。

「約3分の1が、人々を教会に誘うことを重要視していない。この結果は非常に重要だ」とマッコーネル氏は分析する。

教派による違いも

少なくとも一人は教会に誘ったと答えた割合は、ペンテコステ系71%、単立系教会69%、ルター派55%、メソジスト派53%。また、3人以上教会へ誘ったと回答したのは、バプテスト派31%、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団30%だった。

さらに、教会には毎週、少なくとも1回以上通う信者のうち、27%が3人以上を教会に誘い、26%が誰も誘っていないと回答した。それが、月に1~2回しか教会に通わない信者では、3人以上教会に誘うのは10%、約半数の46%が誰も誘っていないと回答している。教会に通う頻度が多い信者ほど、人を教会へ誘う傾向が強いことが分かった。

また、「なぜ教会に人を誘わないのか」との問いに対し、31%が「分からない」、20%が「誘っても来てくれず、がっかりしたので」、17%は「誘う人がいない」、11%が「気が進まない」、4%が「責任がない」と回答した。

本記事はブラジルのキリスト教メディア「ゴスペル・プライム」に掲載された「クリスチャニティー・トゥデイ」の転載記事(抄訳)より翻訳、転載しました。

出典URL:https://noticias.gospelprime.com.br/um-terco-evangelicos-nao-convidar-pessoas-cultos/

「クリスチャニティー・トゥデイ」当該記事URL:https://www.christianitytoday.com/news/2018/july/inviting-friends-church-lifeway-research.html

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-,

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.