クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ソレイマニ司令官の死後、イランのクリスチャンたちは?(対訳)

 

1月6日、イランの首都テヘランで行われた葬儀では、多くの参列者がカセム・ソレイマニ軍司令官の死を悼(いた)んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Iranian mourners attend the funeral procession of military commander Qassem Soleimani in Tehran on January 6.

5日にイランのアーバズで行われたソレイマニの葬儀(写真:Ayoub Hosseinsangi)

ドナルド・トランプ米大統領の命令によってイラン軍事指導者が殺害されたことは、世界に衝撃を与えた。そのイランは、「キリスト教への改宗率が世界で最も高い国」の一つとして複数のキリスト教団体が挙げているイスラム圏の国だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The killing of Iranian military leader Qassem Soleimani by order of President Donald Trump last week sent shockwaves around the world and prompted retaliation from Iran, an Islamic republic cited by some Christian groups as having one of the highest conversion rates in the world.

今回インタビューしたイラン人キリスト者、ラザルス・イェグナザル(70)によると、イランには現在100万人ものクリスチャンが住んでおり、「このようなことが起こるのではないか」と早くから予期していたという。「戦争が起こることで人道的危機には直面するが、一方で伝道の好機にもなりうる」と彼は信じ、それを「災害の津波、好機の津波」と呼ぶ。彼がそのような発言をするのには理由がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Lazarus Yeghnazar, whose research suggests as many as 1 million Christians now live in Iran, has been expecting something like this for years. He believes that, if war comes, it will create a humanitarian crisis but also an open door for evangelism—“a tsunami of disaster and a tsunami of opportunity.” And the 70-year-old Iranian Christian is in a position to know.

イェグナザルとマギーは1979年、イスラム革命直前にテヘランで結婚した。二人はイランと教会を愛しており、自身のエンジニア事業も成功していたため、8年間続いたイラン・イラク戦争(1980~88年)の間もテヘランに留まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yeghnazar and his wife, Maggie, married in Tehran shortly before the Islamic revolution in 1979. Love for their country and the Iranian church, as well as a successful engineering business, led them to stay in their home during the eight-year Iran-Iraq war.

戦争が終わった直後、夫妻は英国に移住し、そこでイランの友人や教会の指導者に寄付を送るようになった。その努力は、教会設立と弟子訓練を行う団体「222ミニストリーズ・インターナショナル」として結実する。活動の指示が出される発信元は、今も変わらず彼のガレージだ。同団体の活動には、衛星ネットワークを用いた番組放送、50を超える地下教会などがある。兄弟のサムは「エラム・ミニストリー」を設立し、いとこのデイビッドがイラン国内のアウトリーチを担当している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Shortly after the war ended, the couple emigrated to the United Kingdom, where they began sending money to friends and church leaders in Iran. That effort eventually became 222 Ministries International, a church-planting and training network—still run out of Lazarus’s converted garage—that includes satellite television broadcasts and more than 50 underground churches in Iran. His brother, Sam, founded Elam Ministries, and his nephew, David, now leads that outreach to Iran.

昨年のインタビューでイェグナザルは、イランにおける(伝道の)道はすぐに開かれると予測し、クリスチャンたちにその準備を呼びかけた。「ソレイマニ司令官の死がイランのクリスチャン・コミュニティーに与える影響」について彼は以下のように説明する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In an interview last year, Yeghnazar predicted that Iran would open up soon and explained how Christians should prepare. In a follow-up this week, he explained how Suleimani’s death affects Iranian Christians.

ソレイマニ司令官(写真:khamenei.ir)

──イランのクリスチャンたちは、ソレイマニの死にどんな反応を示しているのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
How are Iranian Christians reacting to Soleimani’s death?

戦争の危機が高まる中、「このまま敵対行為が続き、戦争になってしまったらどうしよう」という不安と恐怖に人々はおののいています。8年間続いたイラクとの戦争の非常に苦い思い出が、まだ(人々の記憶に)残っています。イランの社会で最も苦しむのは私たちクリスチャンでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Now, with the drumbeats of war increasing, there is complete uncertainty and anxiety. What will happen in case of an escalation of hostilities and engagement in a war? Still, the very bitter memories of the eight-year war with Iraq remain. Iranian Christians will suffer more than any segment of society.

イランのクリスチャンは過去40年間、苦しめられてきました。権利と市民権のほとんどが奪われ、礼拝の自由、集会の自由もありません。クリスチャンであることを知られた多くの人々が財産を政府に没収され、仕事を失い、年金を失いました。社会のすみに追いやられてしまったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Christians have been suffering for the last four decades in Iran. Almost all rights and citizen’s privileges have been taken away from them. Freedom of worship, freedom of meeting together, are nonexistent. On many occasions, properties have been taken by the government, and many [people] were expelled from work, losing pensions, as soon as someone learns that they are Christian believers. So, in general, Christians have been pushed to a corner.

──イランのクリスチャンは、ソレイマニの死によってどのような影響を受けるでしょう。これは、あなたが予測していた「災害と好機の津波」の始まりなのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
How might Iranian Christians be affected by Soleimani’s death? In other words, might this be the beginning of the “tsunami of opportunity and disaster” you predicted?

戦争が起これば、何千ものクリスチャン家族が疎開し、また国外に逃亡するでしょう。これは人道的危機です。一方で私は、数万人のイラン人がトルコやアルメニア、アゼルバイジャンなどに退避することで、史上最大の伝道の機会が生まれるとも信じています。膨大な人数ですから、大規模な協働が必要です。私たちはつながりを持って、祈り、計画し、準備にとりかかる必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In case of a war, thousands of Christian families will become internally displaced as well as thousands will flee the country. It will be a humanitarian crisis. Meanwhile, I believe that tens of thousands of ordinary Iranians will flee the country as well, arriving in Armenia, Turkey, Azerbaijan [etc.], thus creating the largest-ever evangelism opportunity. This harvest is huge and will need great collaborative work. We need to connect, pray, plan, and prepare.

──なぜイランでもうすぐ道が開かれると思うのですか。

私たちはイラン内の(鍵となる)要素を注意深く監視しています。……イランは、ブレーキを踏まずにヘアピン・カーブに突っ込むバスのようなものです。誰の目にも全員死亡が免(まぬか)れないことは明らかでしょう。皆が気にしているのは、「運転手はどのタイミングで飛び出すのか」ということです。つまり問題は、「アーヤトッラー(イランの指導者)たちがいつ逃げ出すか」なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We are carefully watching [key] elements within Iran. … Iran is like a bus going down a hairpin-turned mountain road with no brakes. Anybody watching can see that they are going to die. Everybody wonders, “When will the driver jump out?” So, the question is: When will the Ayatollahs jump?

私は状況をつぶさに観察してきましたが、すでにアーヤトッラーの一部はバスを乗り捨てたようです。どこに行くかって? 一部は友人のプーチン大統領を頼ってロシアに行き、受け入れてもらうでしょう。しかし、ほかに多くのあてがあるわけではないと思います。サウジアラビアのようなスンニ派の国が受け入れてくれるわけはありません。イラク? ありえますが、違うでしょう。マレーシアもありうるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I have been watching this situation very carefully, and already some of the Ayatollahs are abandoning the bus. Where are they going? Some are going to Russia, where their friend, [Russian president Vladimir] Putin, will accept them. But they do not have many other places to go. No Sunni country, like Saudi Arabia, will accept them. Iraq? Maybe, but probably not. Malaysia maybe?

イランは内輪もめで破綻(はたん)しています。私は平和を祈っています。しかし、革命警備隊が根本に抱えているのは「扇動」と「対立」です。彼らは平和に生きることはできません。初めから彼らは世界に喧嘩(けんか)腰だったのです。

たとえば、イラクの道ばたに仕掛けられた爆弾が破裂し始めたとき、私はそれが「イランから来た爆弾だ」と言いましたが、イエメン内戦(2015年~)、シリア内戦(11年~)も同様です。イランが関わらなければ、それらの戦争は終わっているはずです。

皆、イランが核爆弾を持つことを懸念しています。「ほかの国が持っているのだから、イランも持っていいはずだ」という議論に触れるつもりはありません。しかし私は、「このような性格を持った政権が核兵器を持ったらどうなると思うか」と問いたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Iran is imploding due to things happening inside. I pray for peace. But the DNA of the Revolutionary Guards is agitation and confrontation. They cannot live in peace. From day one, they have been at war with the world. For example: When the roadside bombs started blowing up in Iraq, I said, “This is from Iran.” Now, it’s the war in Yemen, the war in Syria. Those wars would be over if Iran weren’t present, feeding them. Everyone is worried about Iran getting a nuclear bomb. I won’t go into whether I think it is Iran’s right as a country to have one, like many other countries. But I do ask, “What do you think a regime like that, with that kind of DNA, would do with one?”

イランの政権は、欧米に攻撃を仕掛けようとしています。それがいつになるか、分かる人はいないでしょう。しかしその時には、災難と好機が津波のようにやって来ます。そして教会は、そのような事態に対応する準備がまだできていません。私たちが人材育成に尽力しているのは、そのためです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The regime in Iran is going to provoke the West to attack. Who knows how long that will take? But when it comes, it will create a tsunami of disaster and a tsunami of opportunities. And the church is ill-prepared to meet those opportunities. That’s why we are so committed to leadership development for Iran.

──(イランに)イスラム教が浸透したのはなぜでしょうか。

人々は過去に何が起こったのかを忘れてしまっています。7世紀にイスラム教が入り込んできて、人々がそれに従うようになったのはどういう経緯だったのでしょうか。キリスト教会はその何百年も前からあったにもかかわらずです。当時のクリスチャンたちは、経済を掌握して強くなるたびに人々を抑圧し、他の人々を押しのけていました。そしてキリスト教会は地主となり、人々に税金を課していました。私たちはその事実を忘れてしまっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
People lose sight of what happened in the past. Why, in the seventh century, was Islam able to walk in and people surrendered? The church had been there for hundreds of years. But every time Christians became rich and powerful, they subjugated others and dismissed them. The Christian church became landowners and levied taxes on the people. We forget about that reality.

神が「光」や「塩」にたとえた私たちの役割を見失うとき、私たちは影響力を失います。教会は、自分たちがどのように国を治めるべきか、今日に至るまで、いまだに理解していないと思います。政治や政府に関わるとき、キリスト教はいつも腐敗します。エリシャの従者ゲハジのように(列王記下5章、エリシャによって皮膚病を癒やされたナアマンに銀などを要求した)、私たちはしばしば富を求め、汚れを負うのです。イスラム教がイランにやって来たとき、教会に回心のチャンスがなかったわけではありませんが、教会はそのチャンスを逃したのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When we lose sight of what God has called us to be, light and salt, we lose our influence. I believe the church, down to this day, has not figured out how to do godly governance inside a nation. Every time we mingle with politics and governance, we become corrupt. Like Elisha’s servant, Gehazi, we seek wealth, and we become lepers. When Islam came to Iran, it was not as if the church had not had the opportunity. The church had missed the opportunity.

アールト・デ・ヘルデル「ユダヤ人に手紙を書くエステルとモルデカイ」

──イランのクリスチャンが統治に関与する場合、どのように腐敗から身を守ることができるでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If Iranian Christians get involved in governance, how will they protect themselves from the corruption so endemic to it?

「クリスチャンが政治に参加するのは良いことか」と人々が尋ねるとき、その答えは(信仰者にふさわしい政治観をもたらすことができればの話ですが)「イエス」です。実際に何が起こるのかは私には分かりません。しかし、ダニエル、エステルやモルデカイ、ヨセフのように、飢餓の時代に人々に食物を提供するような賢明な統治者が現れることを願っています。……私たちが貧しい者に仕えるのに長(た)け、裕福な者に役立たない者であれば、人々も「このクリスチャンたちは実にイエスを尊敬している」と言うでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When people ask, “Is it right for Christians to be in politics?” the answer is yes—if they can bring godly governance to the table. What will happen I don’t know. But I hope that we will have some Daniels and Esthers and Mordecais and Josephs who will be wise and provide for food in times of famine … so that people will say, “These Christians truly honor Jesus.” Because we do very well at serving the poor, but we are not very capable at serving the rich.

いつか道は開かれます。その時、私たちがクリスチャンとしてどう振る舞うかが、イラン教会の行方(ゆくえ)を左右します。失敗は許されません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One day, Iran will open. The way we behave as Christians when that happens will determine the future of the Church in Iran. If we mess it up, it will be an unforgivable act.

──イランの教会は将来のため、どのように人材教育を行うべきでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
How should the church be preparing leaders for a future role in Iran?

ダニエルとエステルのような人材をどんどん輩出できるわけではありません。(育成は)個人ベースで行われるべきことです。イランにおける伝道のチャンスに興奮するあまり、私たちには見失っているポイントがあると思います。問題の一つは、援助者が求める人物像です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Daniels and Esthers are not produced en masse. It must be done as individuals. I think with all the excitement about mission opportunities in Iran that we are missing the point. Part of the problem is the model that the donors want to fund.

「あなたに500万ドルをあげます。神の国のためにそれを使う選択肢は二つです。一つは、5000人をキリストに導くこと、もう一つは、10人の使徒パウロを育てることです」と私が言ったら、あなたはどうしますか。私だったら何の躊躇(ちゅうちょ)もしません。パウロの育成に費やすのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If I say to you, “Here is $5 million. You have two choices on how to spend it for the kingdom: You can lead 5,000 people to Christ, or you can develop 10 Apostle Pauls.” What would you do? I would not even blink. I would spend it on Pauls every time.

私が心配しているのは、神がイランで道を開いてくださる時に、私たちのほうでその準備ができていないことです。私たちが考えているのはせいぜい、教会を取り戻して、壁に絵を描いたりして建物を改築し、信徒席の椅子を買って前の状態に戻すことくらいでしょう。しかし、それでは次世代を変えることはできません。

ピエトロ・ダ・コルトーナ「ステファノの殉教」で、右端がクリスチャンを迫害していた若き日のパウロ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
My concern is that God is going to open Iran, and we are not ready for the opportunity. All we can think of is going there and taking back some of our church buildings, doing some painting and remodeling, buying some new pews, and picking up where we left off. That will not transform the future generation.

教会には、高慢なビジネスマンと派手なリーダーが必要です。徴税人ザアカイのように攻撃的な泥棒、若き日のパウロのような殺人者が必要なのです。教会は、そういう人たちを取り込んで訓練すべきです。すべての人々を迎えておきながら、こういったリーダーとなる可能性のある人材を、「驕(おご)っている」と誤ったレッテル貼りをして追い出すのは間違っています。確かに彼ら彼女らは傲慢(ごうまん)です。(しかし同時に)豊かな知性と説得力を持っているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We need some arrogant businessmen in the church, some blingy leaders. We need some aggressive thieves like Zacchaeus and killers like Paul, and we need to take them and polish them. The church cannot keep all these people in her womb and miscarry all this potential leadership by mislabeling them as “proud.” They are proud, and they are arrogant. They are extremely intelligent and assertive.

私たちは成熟する時間を与える必要があります。そういった人材を育てるには忍耐が必要です。1対1の指導が必要なのです。このミニストリーで私とマギーが95%の時間を費やそうとしているのは、このように頑固で、攻撃的で、傲慢で、神を愛する人々の訓練と準備です。その人格には変化と再構築が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But we need to give them time to mature. It takes patience to deal with this kind of person. It takes one-to-one mentoring. For the time we have remaining in ministry, I would like for 95 percent of mine and Maggie’s time be spent training and preparing these rugged, ghastly, arrogant individuals who love God. But their character needs transformation and reformation.

欧米のクリスチャンへのメッセージがあるとすれば、私が言いたいのは、「ただ数字を追いかけずに、成長している教会の深み、献身さぶりを観察してほしい」ということです。やがて災難はやって来ます。もし蒔(ま)いた信仰の種が心の中に深く入っていなければ、それは吹き飛ばされるでしょう。その時に座り込んで、「ああ、結局リバイバルはなかった!」と嘆くのならば、それは間違いです。私たちは目の前にあった機会を失ってしまったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If I have any message for Western Christians, it is that. Don’t go after numbers. How deep is the growing church? How committed is the growing church? Because that tsunami will come, and if the seeds have not gone deep in the hearts of the believers, it will wash away. Then we will sit down and lament, “Oh, there was no revival after all!” No, that is not it. We will have lost the opportunity that was before us.

聞き手:デーン・スケルトン

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/january/iran-christians-qassem-soleimani-yeghnazar-evangelism.html

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.