【訃報】セルビア正教会イリネイ総主教 新型コロナウイルスで永眠

CNNは、新型コロナウイルスで治療中だったセルビア正教会のイリネイ総主教(90)が、首都ベオグラードにある入院先の病院で永眠したと伝えた。

(写真:Υπουργείο Εξωτερικών)

イリネイ総主教は、今月1日、同じく新型コロナウイルスで永眠したアンフィロヒエ府主教の葬儀を司式。アンフィロヒエ主教の遺体は、棺を開けた状態で安置され、多くの信者が参列。葬儀を捉えた写真を見ると、聖職者、参列者ともにマスクを着用している人は少ない。

イリネイ総主教は、葬儀の3日後に新型コロナウイルス陽性反応が確認されている。今月19日に容態が急変。20日に永眠した。

セルビア正教会は、概算で900万人以上の信者がいるとされている。独立教会として承認されたのは、1219年。イリネイ総主教はセルビア正教会第45代目の総主教。1975年から2010年までセルビア南部の最大都市・ニシュの司教を務め、2010年8月28日総主教に着座した。

Share

Related Posts

None found

  1. 独占手記 「過失」ではなく「被害」だと自覚するまで――在学中の性暴力、そして毒親との決別 「被害者を救うための言語も、加害者を更生させるための言語も、教会は持ち合わせていない」

  2. カトリック大阪大司教区、京都教区はミサを中止 広島教区、高松教区の新型コロナ・ウイルスへの対応

  3. 関西学院大名誉教授、元東京女子大学学長の船本弘毅さん召天、83歳

  4. 日本ホーリネス教団 礼拝などの諸集会の再開に向けてのガイドラインを提案

  5. 【インタビュー】柳沢正史さん(前編) 垣根のない環境で、研究者自身が面白いと思える研究を

  6. カトリック新潟教区、公開のミサ中止 新潟県で5人の新型コロナ・ウイルスの感染確認を受けて

  7. フィリピンの教会爆発事件、イスラム過激派組織の夫婦による自爆テロか

  8. 東洋英和女学院の記者会見の詳細 院長の深井智朗氏が懲戒解雇になった理由(前編)

  9. カトリック大阪大司教区と名古屋教区、公開ミサを再開 「緊急事態宣言」解除を受けて

  10. 藤城清治さん95歳、今なお衰えない創作意欲 教文館で影絵展「光と影で愛を永遠に」

  11. 8月13日はアルフレッド・ヒッチコックの誕生日

  12. 教会が感染源にならないために プロテスタントの大和カルバリーチャペルはユーチューブ礼拝

  13. 9月21日はヘボンの召天日

  14. 10月10日は東京オリンピック開幕の日

  15. 【インタビュー】上智大学神学部長・川中仁さん ノンクリスチャンにも開かれた女子学生の多い神学部(後編)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。