津波で被災した「旧石巻ハリストス正教会教会堂」復元、一般公開へ

 

2011年の東日本大震災の津波で被災した宮城県石巻市指定文化財「旧石巻ハリストス正教会教会堂」が現地で復元され、2日から一般公開された。

2008年の旧石巻ハリストス正教会教会堂(写真:K. Natsuko)

旧教会堂は流失こそ免れたものの、津波は2階天井まで達し、建物は傾き、外壁や内装も崩落、支柱もゆがみ、庇(ひさし)も壊れた(2016年に石巻市から発行された「マンガで知ろう 石巻史」のデジタル版参照)。倒壊の恐れがあることから、同市は14年に建物をいったん解体し、土地を海抜2・2メートルまでかさ上げした上で、可能な限り保管していた震災前の部材を3分の2ほど使い、17年から1年かけて復元した。現在地への移設の際にモルタル塗りに変更された外壁も、創設当時の漆喰塗りに戻し、十字架も以前のものを取りつけた。総工費は約1億1000万円で、正教会や全国からの寄付金約4500万円、震災復興特別交付税や市の財源などでまかなった。

2011年4月の中瀬地区。左の白い建物は石ノ森萬画館で、その右手前に旧石巻ハリストス教会堂が見える(写真:Christopher Johnson)

1880(明治13)年、同市千石町に建てられた和洋折衷の教会堂は、現存する日本最古の木造教会堂。東北巡回をしていたニコライが訪れた当時は、100人近い信徒がいたという。1917年のロシア革命以降、ロシア正教会からの資金援助が途絶えたこともあり、その後、教勢は低迷していった。

東日本大震災の33年前、1978年の宮城県沖地震でも大きな被害を受け、解体が検討されたが、貴重な文化財として保存を求める声が高まり、創建100年となる80年、同市中瀬(市街地に近い旧北上川の中州にある中瀬公園内。千石町から500メートルほど南に位置する)に移築、復元された。現在は市が管理しており、教会としては使用されていない。

現在の石巻ハリストス教会堂(写真:同教会提供)

現在の石巻ハリストス正教会は、宮城県沖地震のあと、最初に会堂が建てられた千石町の跡地に新築された。東日本大震災の時には約1メートルの浸水があったが、床を張り替えて復旧したという。正式名称は「聖使徒イオアン聖堂」(「イオアン」とはヨハネ、「ハリストス」とはキリストのこと)。

旧会堂の設計者は不明だが、正教会信者と考えられる。延べ床面積約166平方メートルで、十字架型の平面を持ち、屋根は瓦ぶきで、1階には畳の集会室があるなど、和洋折衷の擬洋風建築。急な傾斜の階段を上がった2階が絨毯敷きの聖所・至聖所で、そこで奉神礼が行われる。木目塗りが使用され、明治時代の洋風建築の意匠という面からも注目される。

2日から無料で公開し、開館は午前9時~午後5時(11~3月は午後4時まで。正午から1時間休み)。毎週火曜(火曜祝日の場合は翌日)と年末年始は休館。

Share

Related Posts

  1. 北海道胆振東部地震 北海道クリスチャン宣教ネットワークがボランティア募集

  2. バチカン、教皇フランシスコ11月訪日を正式発表

  3. 【インタビュー】JTJ宣教神学校学長・横山英実さん 聖書を学びたいすべてのクリスチャンが学べる神学校(前編)

  4. 7月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「世の光」

  5. 学術会議への人事介入めぐり キリスト教史学会、日本基督教学会も声明 2020年10月12日

  6. 「世界死刑廃止デー」でカトリック正平協「死刑廃止を求める部会」が上川法相に要請 2020年10月10日

  7. 日本宗教学会、日基教団北海教区、ナザレン教団、宗教者ネット 学術会議人事問題で声明相次ぐ 2020年10月12日

  8. ライフスタイルにあった学びを オンライン学習プログラム「どこでもTCU」スタート

  9. 【訃報】 佐藤東洋士さん(桜美林学園理事長・学園長、日本私立大学協会会長) 2020年10月18日

  10. 袴田事件、再審取り消し 「救う会」副代表、門間幸枝さんに聞く

  11. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「喜びへの扉」「光の泉」

  12. 教皇フランシスコ、青年との集いなど 「最も重要なことは、何を手にしたかではなく、それを誰と共有するか」

  13. キリスト教主義大学(ミッションスクール)紹介(1) 編集部

  14. 教会でのイベントによって新型コロナ・ウイルスがフランス全土に拡散した可能性──牧師とその家族が感染

  15. 日基教団北海教区「自治体の弱みに付け入るな」 核ごみ調査めぐり抗議と要請 2020年10月21日

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。