• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】今こそ教会が一致して、心砕かれた祈りを──死者2万人を超えたイタリアで(対訳)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】今こそ教会が一致して、心砕かれた祈りを──死者2万人を超えたイタリアで(対訳)

 

新型コロナ・ウイルスの感染拡大は、イタリアのクリスチャンの祈りと信仰生活を変えた。死者は2万2170人(米国に次いで多い)になり、16万8941人が感染している(16日現在)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The COVID-19 pandemic has changed how Italian Christians pray and live their faith, amid a nation reeling from more than 10,000 deaths—the highest tally in the world—among 92,400 confirmed cases, second only to the United States [as of March 28].

ロックダウン(都市閉鎖)の中で、私たちは日曜日に集まることも、グループで誰かの家に集まることもできなくなった。集会や旅行、結婚式、そしてほとんどの仕事も休止させられた。正当な理由もなく外にいることが見つかれば、その人は重い罰則を受ける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
During lockdown, we can no longer gather on Sundays or in home groups. Social gatherings, travel, and weddings are suspended, as are most businesses. If someone is caught outside their home without a valid reason, there can be a heavy fine.

しかしこのことによって、ふだんの豊かな暮らしの中では見落としていた祈りの3つの側面を発見することができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But this season of exile has helped us discover three facets of prayer we often neglect in times of abundance.

1 嘆きの祈り

1カ月前なら、嘆きの詩編は大げさに聞こえていただろう。たとえば、「(神が民に)溢れんばかりの涙を飲ませました」(詩編80:6)とアサフが訴えたことは芝居がかっていると感じたに違いない。また、「いつまで御顔を隠されるのですか」(13:2)とダビデが神に叫ぶのも遠くに感じていただろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Psalms of lament often felt hyperbolic a month ago. For example, Asaph’s complaint that God has made his people “drink tears by the bowlful” could seem overdramatic; David’s cry to God of “How long will you hide your face from me?” was a distant feeling.

ホントホルスト「竪琴を弾くダビデ王」

しかし、人類が感染拡大に恐れを抱き、不安をかき立てられて苦しむ中で、嘆きは私たちにとって身近なものになった。2020年3~4月、詩編44編は完璧な響きをもって心に迫ってくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But as humanity struggles to contain a fear- and anxiety-provoking pandemic, lament feels newly relevant to all of us. In March 2020, Psalm 44 sounds pitch perfect:

我らの主よ、目覚めてください。
なぜ、眠っておられるのですか。
私たちを永遠に捨て置かず
起き上がってください。
なぜ、御顔を隠されるのですか。
私たちの苦しみと受けている虐(しいた)げをお忘れですか。
私たちの魂は塵(ちり)に伏し
腹は地に着いています。
立ち上がり、私たちを助けてください。
あなたの慈しみのゆえに私たちを贖(あがな)ってください。
(詩編44:24~27)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Awake, Lord! Why do you sleep?
Rouse yourself! Do not reject us forever.
Why do you hide your face
and forget our misery and oppression?
We are brought down to the dust;
our bodies cling to the ground.
Rise up and help us;
rescue us because of your unfailing love.

欧米のクリスチャンで、貧困や不正行為、迫害を経験したことのある人は多くはない。したがって私たちの賛美は、繁栄と平和の時代に生きる豊かな者の心を反映して作られたものが主流だ。私たちは個人的に傷つく。しかし、神の前で訴え、嘆くような公同の礼拝は滅多にない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Few Western Christians have experienced poverty, injustice, or persecution. Consequently, our worship usually reflects the moods of resourceful individuals in times of prosperity and peace: composed and mainstream. We do suffer individually; however, seldom is our corporate worship fueled by protest and mourning before God.

嘆きとは、祈りへと変えられる苦しみのことだ。バランスを崩し、居場所をなくした者の賛美だ。歴史上それは、弱い者や貧しい者、迫害を受けた者の祈りだった。投獄された中国人牧師や黒人奴隷が、正義とキリストの再臨を歌ったように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Lament is suffering turned into prayer. It’s the worship of people who feel out of balance and out of place. Historically, it has been the prayer of minorities, the poor, and the persecuted—of Chinese pastors in prison cells and of black slaves singing of justice and Christ’s coming.

数カ月前、イタリア人にとって嘆きが遠い存在だったとしたら、牧師たちは今、国中で起こっていることについて、聖書の物語と不気味に響き合っているのを見いだすだろう。「死にゆく夫に別れを告げることも、葬儀をすることもできない妻たちを見ると、イエス様が急いで埋葬された際、その体に香油を塗ろうと女性が墓に戻っていったことが思い起こされます」と、イタリア・クリスチャン聖書教会連合のガエターノ・デ・フランシア会長は言う。「別れができないことで、悲しみがより深くなるのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If lament felt foreign to most Italians a month ago, pastors have found eerie echoes of biblical stories in what is currently taking place in the country. “To see wives who can’t perform rites or bid farewell to their dying husbands reminds me of how Jesus was hastily buried and women returned to the tomb to anoint his body,” Gaetano di Francia, director of the Union of Christian Biblical Churches in Italy, told me. “Their lack of closure will produce a deeper grief.”

嘆きの言葉は、この危機からクリスチャンが学ぶ苦い経験の一つになるだろう。それによって信者は、「中心の霊性」ではなく「余白の霊性」(アブラハム・チョー牧師の記事参照)を学ぶことになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The language of lament may prove to be one of the bittersweet lessons Christians learn from this crisis. It can help believers unlearn a spirituality of the center and learn a spirituality of the margins (as pastor Abraham Cho reminds us).

2 とりなしの祈り

ほかの人のためのとりなしの祈りに、これほどまで時間を割いたことは今までなかった。そう告白するのを恥ずかしく思う。過去に何度も「あなたのためにお祈りします」と言っておきながら、実際にそうするのを忘れていたからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Never have I spent so much of my time in prayer interceding for others. I’m ashamed to confess that, in the past, I’ve often told people, “I’ll pray for you,” but then forgot to do it.

しかし今、ウイルスが猛威を振るうイタリアで、過労状態の医師や、野戦病院に横たわる患者の映像に突き動かされている。ある教会員はひどく具合が悪くなったが、「救急病院は新型コロナ・ウイルスの患者が多すぎて対応できない」と追い返されてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But now that the virus ravages Italy, I have been moved by images of overworked doctors and people lying in makeshift hospitals. A member of our church fell gravely sick, but the emergency room turned him away because it is fielding so many cases of the new coronavirus.

現在、全国に外出禁止令が出ているため、彼に会って手を置いて祈ることもできない。しかし、彼の回復のために祈り続けている。教会としては、医師のために祈り、経済的な必要を覚える人たちのために献金を集め、この国のために断食した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I can’t meet or lay hands on him due to the current national lockdown, but I have been praying for his recovery. As a church, we have prayed for doctors, created a common fund to help those in economic need, and fasted for our country.

この新型コロナ・ウイルスの危機はイタリアの福音派を結び合わせ、3月22日の国民祈りの日には皆が祈りをささげた。「ペンテコステ、改革派、ウェスレアン、バプテスト、会衆派、その他の人たちも主の御もとに集まり、聖霊によって一つになったのです」とイタリア福音同盟のジャコモ・チッコーネ会長は語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The coronavirus crisis has united Italian evangelicals, who observed a National Day of Prayer this past Sunday [March 22]. “Pentecostals, Reformed, Wesleyans, Baptists, Congregationalists, and others met at the feet of the Lord, united by the Holy Spirit,” Giacomo Ciccone, president of the Italian Evangelical Alliance, told me.

「それはまるで、国中の指導者や教派が集まって国と教会のために祈るようにと神様が準備してくださったかのようでした」と、福音同盟のレオナルド・ダ・チリコ副会長は言う。「どんなイベントよりも開催するのが簡単でした。誰も説得する必要がなかったからです。皆が『そうしなければ』とすでに思っていたのでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is as if God prepared leaders and denominations around the country to come together in prayer for the nation and for the church,” Leonardo de Chirico, the alliance’s vice president, told me. “It was the easiest event to organize. Nobody needed convincing; all were already on fire for it.”

私の通っているホペラ・ローマ教会のミラ・パロッチ牧師は、「福音派の教会は一つになりたいと願っているのでしょうね」と同意した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mila Palozzi, a pastor at my congregation, Hopera Church in Rome, agrees that evangelicals desire to come together.

「約束の地でイスラエルは、自らがさまざまな民族の集合体であっても、難民としては一つであったと認識していました。それはイタリアも同じです。この危機は、一つの国の一つの体として祈るようにと、教会や民族をまとめているのです」と彼女は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In the Promised Land, Israel understood itself as a collection of tribes but in exile as one nation,” she told me. “So does Italy: this crisis is bringing churches and tribes together to pray as one body for our country.”

これは霊による一致を味わうことであり、この世界にとりなしの祈りは広がっている。たとえば、3月29日に世界福音同盟が「世界断食祈祷日」を持った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It’s a foretaste of the spirit of unity and intercession spreading around the world. For example, this coming Sunday [March 29] the World Evangelical Alliance will convene a Global Day of Fasting and Prayer.

3 沈黙の祈り

しかし、ニュースを見れば暗いものばかりで、苦しみは世界規模で広がっており、ここのところ祈ろうとしても、心が折れそうになる。今の必要に対してどう祈ればいいのだろうか。私たちの本音は、「主よ、私は茫然(ぼうぜん)としており、何と言ったらよいのか分かりません」だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, the news is so bleak and the suffering so global these days that we can feel overwhelmed in prayer. How can my prayers possibly meet this moment? Our honest response may be, “Lord, I’m dumbfounded. I don’t know what to say.”

イタリアで火葬場が足りないからと、軍のトラックで遺体を運んでいく光景を見たとき、言葉を失った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When I watched army trucks driving corpses to be cremated because there is no longer space in cemeteries in parts of Italy, I was speechless.

しかし、主を待つことは大切だ。言葉にならない信頼を寄せるのは、まっとうな祈りだ。パウロがこの世での弱さと苦しみについて書いたとき、こう付け加えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But to wait upon the Lord is valid. To put our wordless trust in him is a legitimate prayer. When Paul writes about our present weakness and suffering, he adds:

私たちはどう祈るべきかを知りませんが、霊自らが、言葉に表せない呻(うめ)きをもって執(と)り成してくださるからです。人の心を見極める方は、霊の思いが何であるかを知っておられます。霊は、神の御心に従って聖なる者のために執り成してくださるからです。(ローマ8:26~27)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We do not know what we ought to pray for, but the Spirit himself intercedes for us through wordless groans. And he who searches our hearts knows the mind of the Spirit, because the Spirit intercedes for God’s people in accordance with the will of God.” (Rom. 8:26-27, NIV)
When words fail us, we can be still and know that God is God.

「家族として私たちは、疑いに満ちたこの沈黙を、神様の確かな約束で満たすことを決断しました」と話すのは、ミラノにあるスタンデラ教会のステファノ・ピッカーニ牧師だ。「詩編73篇にあるアサフの信頼の言葉、『しかし、私は常にあなたと共にある』から祈りの言葉が生まれます」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“As a family, we have chosen to fill our silences full of doubts with the secure promises of God,” Stefano Picciani, a preacher at Stadera Church in Milan, told me. “Asaph’s statement of trust in Psalm 73—‘Yet I am always with you’—provides words for our prayers.”

平常に戻って、一緒に礼拝をささげられることを望むのは間違ってはいない。勝利の祝会を、手をつなぐことを想像しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We rightly long to return to normalcy and corporate worship. Imagine the victory parties, and the joining of hands!

この感染拡大を封じ込めた時には、多くの者が詩編126編(「涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる」)や、150編(「息あるものはこぞって主を賛美せよ」)にある安堵(あんど)の気持ちに共感するだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When this pandemic will be defeated, many will resonance with the sense of relief of Psalm 126 (“Those who sow with tears will reap with songs of joy.”) and the joy of Psalm 150 (“Let everything that has breath praise the Lord.”).

しかし、喜びと同時に私たちは、この病気の時に発した祈りの声を忘れるべきではない。この感染拡大によって私たちの魂が砕かれ、弱い者や不安な者、言葉を失った者の祈りを学ぶ機会となるように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But alongside celebrations, we will be wise to remember the prayers we uttered in this time of sickness. May this pandemic humble our hearts and teach us the prayers of the weak, the concerned, and the speechless.

執筆者のレネ・ブリュエルは、イタリアにあるホペラ・ローマ教会牧師で、著書に『幸せのパラドックス』がある。

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2020/march-web-only/italy-covid-19-prayer-coronavirus-psalms-lament-intercessio.html

Share

Related Posts