桜美林大学 2020年に新キャンパス

 

桜美林大学(東京都町田市)の新しいキャンパスが2020年4月に誕生する。その起工式が15日、町田市の建設計画地で行われた。

旧・市立本町田中学校と同・本町田西小学校の跡地に建てられる新キャンパスは、延べ約2・2万平方メートル。演劇、ダンス、音楽、ビジュアル・アーツなどを学ぶ芸術文化学群が移転することになっており、中には教室棟、スタジオ棟、音楽棟、劇場・ホール棟などの施設が整備される。また21年には、劇場・ホール棟も建設される予定だ。

さらに、地域との共生を目指して、地域に開かれた中央広場や東側広場を計画しており、地域活性化の起点となる新たな街並みが形成されることになる。

起工式は、土橋敏良チャプレンの司式によって、キリスト教礼拝形式で行われた。「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい」(2テサロニケ5:16〜18)という聖句を通してメッセージが取り次がれたが、これは今年度の桜美林大学の年間聖句でもある。

起工式(写真:桜美林大学提供)

続いて「起工の儀」として、日本の伝統に則った「鍬(すき)入れ」を行ったのは、古橋祐氏(古橋建築事務所代表取締役社長)、野村高氏(鹿島建設株式会社横浜支店長)、佐藤東洋士氏(桜美林学園理事長・学園長)、畑山浩昭氏(桜美林大学学長)。その後、佐藤理事長と野村支店長が「聖書定礎」として、桜美林学園の精神的基盤となる聖書を地中に収めた。

今回、新キャンパスが建設される広大な土地は、町田市から50年契約で借り受ける。挨拶(あいさつ)に立った佐藤理事長・学園長は、その感謝とともに、隣接する山崎団地地区の高齢化・過疎化を踏まえて次のように語った。

「新キャンパスが建ち、学生が集まることによって、地域の活性化につながれば嬉しい。学生が新たに飛躍できるキャンパスであるとともに、地域の方に愛されるキャンパスになってほしい」

同席した町田市の石阪丈一市長もこのように期待を寄せた。「この地域に若い人がたくさん訪れることが何よりもありがたい。これまでも桜美林大学の学生には団地活性化プロジェクトに関わっていただいているので心強い」

Share

Related Posts

  1. 聖セシリア女子短大、募集停止へ 幼稚園教諭や保育士養成に尽力

  2. 限定200人、子ども支援の新企画「Chosen(チョーズン)」の参加者を大募集 

  3. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「世の光」

  4. 9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「喜びへの扉」「光の泉」

  5. 戦時中、沖縄の教会は──新刊『南島キリスト教史』から

  6. フィリピンのカトリック教会でミサ中に爆発 イスラム過激派によるテロか

  7. 東京基督教大学シオン祭 今年のテーマは「あ!」

  8. イスラエルとパレスチナの衝突 YWCA・YMCAが解決求め要請

  9. 【訃報】 西川重則さん(平和遺族会全国連絡会代表) 2020年7月23日

  10. 【訃報】 白石典義さん(立教学院理事長、立教大学名誉教授) 2020年8月26日

  11. 【速報】大阪で震度6弱の地震

  12. 新型コロナ、4都道府県に3回目の緊急事態宣言 大学の授業も再びオンライン拡充

  13. 北海道胆振東部地震 北海道クリスチャン宣教ネットワークがボランティア募集

  14. 青山学院、草苑学園と教育提携に関する協定を締結

  15. 【インタビュー】泉バプテスト教会付属いづみ幼稚園園長 城倉啓さん(前編)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。