Jリーグ得点王ジョーの告白「ロナウジーニョに福音を語りたい」

 

名古屋グランパスのフォワードでクリスチャンのジョー(31)ことジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァが2018年のJリーグ得点王に輝いた。しかし、飲酒による問題で、ブラジル国内のいくつかのビッグ・クラブで挫折を経験し、海外でのキャリアも決して順調ではなかった。

アトレチコ・ミネイロ時代のロナウジーニョ(左)とジョー(写真:ゴスペル・プライム)

12年から所属していたブラジルのプロ・チーム、アトレチコ・ミネイロでは、元ブラジル代表でバロンドール(ヨーロッパの年間最優秀選手賞)の受賞経験のあるロナウジーニョとコンビを組み、13年のリベルタドーレス杯(南米大陸のクラブ王者を決定する大会)での優勝に貢献した。ロナウジーニョとは公私共に親しく、彼の主催するパーティーにはいつも顔を出し、酒とサンバに興じていたが、その後は関係が途絶えていた。

「以前は一晩中飲み明かす毎日だった。アルコールは公私共に生活を不安定にさせた」とジョーは告白する。14年11月、乱れた生活態度を指摘され、他のチームメイトと共にアトレチコを解雇された。しかし、それから1年も経たない頃、ジョーはキリストを受け入れた。「まさに自動的にと言っていいほど生活は一変した。友達の90%はクリスチャンになって、2年間、アルコールから遠ざかっている。すべてが良くなった」

チーム史上最年少の16歳でプロ契約を結んだブラジル名門サッカー・クラブ、コリンチャンスと16年に再び契約した。ブラジル大手メディア、グローボ・エスポルチとの会見でジョーは、「過去の不健全な生活習慣を克服した」と語る。「もし彼(ロナウジーニョ)と話す機会があれば、彼が神と出会うために霊的な決断を求める。今でも彼は素晴らしいが、そうすればさらに魅力的になるだろう」

救いの経験について、「真実な証しほど良いものはない。私は神に出会うまでに多くの年月がかかった」と断言する。プロ・サッカー選手を夢見る若者に対して彼は言う。「苦しむことがないよう、もし出口が見つからないなら、キリストの愛によって歩んでほしい。若い時は外に出かけて楽しみたいと思う気持ちはよく分かる。しかし、その先には落とし穴が待っているんだ」

本記事は、ブラジルのキリスト教メディア「ゴスペル・プライム」に掲載された記事より翻訳し、編集しました。

出典URL:https://noticias.gospelprime.com.br/convertido-jo-evangelizar-ronaldinho-gaucho/?fbclid=IwAR08YcB4DRgYy3lekQPHV9f1JaZok2cK4niSnopO1DTA1g25LUuQKFd2dR0

Share

Related Posts

  1. アマゾン・プライム・ビデオで視聴数トップ「イエス・キリストの生涯」第1話、ユーチューブで無料配信開始

  2. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(6)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その2

  3. 「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展」来春開催に決定 コロナで延期されていたバチカンからの贈り物

  4. 音楽で希望を届けたい!井上芳雄さん、咲妃みゆさんが配信ミュージカル「箱の中のオルゲル」に出演

  5. 【鬼滅のイエス】第四夜 「金髪の子」はヘタレでもダメでもすごいんです MARO

  6. カナダ「クリエイト映画祭」で『地の塩 山室軍平』上映 「聖書プロジェクト」創始者も登壇

  7. 皮膚が映しだす宇宙、皮膚に映し返される視線。 《瞬く皮膚、死から発光する生》展 足利市立美術館 2020年11月1日

  8. ルオーの宗教的メッセージが愛される理由「ジョルジュ・ルオー──聖なる芸術とモデルニテ」パナソニック 汐留ミュージアムで

  9. 7月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「福音の光」

  10. 未完の傑作「サグラダ・ファミリア教会」 建設は神が与えた使命、明日はもっと良いものを

  11. クリスチャン美術家・鈴木元彦さん 「聖霊と礼拝堂」をテーマに講義

  12. 【映画評】 身にまとう自由の奥行き、絹布の祈り。 『パピチャ 未来へのランウェイ』 2020年11月1日 

  13. 広い北の大地で福音放送を続けて 北海道マスコミ伝道センター創立60周年記念礼拝

  14. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「ライフ・ライン」

  15. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(16)本能寺の変と細川ガラシャ 後編

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。