今日は何の日?

1月13日はジョージ・フォックスの召天日

投稿日:2019年1月13日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

今日1月13日は、クエーカー(キリスト友会)の創始者ジョージ・フォックスの召天日です。クエーカーは、17世紀にイングランドのピューリタン革命の中で生まれたキリスト教の教派の一つ。教会の制度化に反対し、霊的体験を重んじます。神秘体験をして身を震わせる(quake)ことからクエーカー(震える人)と呼ばれるようになりましたが、自分たちは友会徒(Friends)と称しています。日本では、明仁天皇の家庭教師エリザベス・ヴァイニングや新渡戸稲造らが有名です。

 

-今日は何の日?
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
雜賀信行(さいか・のぶゆき)

雜賀信行(さいか・のぶゆき)

「クリスチャン・プレス」編集長。カトリック八王子教会(東京都八王子市)会員。日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会(岡山市)で受洗。1965年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。90年代、いのちのことば社で「いのちのことば」「百万人の福音」の編集責任者を務め、新教出版社を経て、雜賀編集工房として独立。

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.