聖書

新しい礼拝・典礼用の聖書『聖書協会共同訳』、12月上旬発行、予約開始

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

『聖書 聖書協会共同訳』が12月上旬に発行されると、日本聖書協会(東京都中央区)が公式に発表した。すでにアマゾン教文館イーショップなど、ネットで予約受け付けが始まっており、初刷のみ発売記念価格で数百円安く販売される。

『旧約聖書続編付き 引照・注付き』(左)と『引照・注付』

『聖書協会共同訳』は、部分的な改訂や改訳ではなく、次世代の標準となる日本語聖書を目指して、2010年から8年の歳月をかけ、カトリックとプロテスタントの計18教派・団体が関わり、聖書全体を原語から翻訳したもの。

聖書研究のための個人訳聖書ではなく、諸教会のミサや礼拝で使われる聖書『新共同訳』(1987年)から31年ぶりとなる。また、日本初の礼拝用聖書である『文語訳』(17年)から始まり、『口語訳』(55年)、そして現在、日本語聖書のうち約8割を占める『新共同訳』(87年)に続く、同協会にとって4番目の聖書だ。ちなみに、『文語訳』『口語訳』と同様、来年以降も『新共同訳』は続けて販売される。

『聖書協会共同訳』の特長は以下のとおり。①礼拝や典礼での朗読にふさわしい格調高く美しい訳文。②カトリックとプロテスタント諸教派という超教派(エキュメニカル)による共同訳。③「注」として、底本から離れる場合の「異読」や、他の翻訳聖書と解釈が大きく異なる場合の「別訳」、「言葉遊び」などを欄外に記載。また「引照」として、聖書理解の助けとなるよう、並行記事、相似するテーマや教え、語句、説明などが載った他の聖書箇所を書名章節で示した。④聖書学や本文批評学、考古学、動植物学など最新の学問的成果を採用した。

『聖書協会共同訳』の底本となったのは、旧約が「ビブリア・ヘブライカ・シュトットガルテンシア」(ドイツ聖書協会)と「ビブリア・ヘブライカ・クインタ」のすでに発行されている分冊(同)、新約が「ギリシア語新約聖書(修正第五版)」(ドイツ聖書協会)、そして旧約続編が「ギリシア語旧約聖書」(ゲッティンゲン研究所)と『エズラ記(ラテン語)』は「ウルガタ版聖書」(ドイツ聖書協会)。

「イエス」や「ペトロ」など、『聖書協会共同訳』で使われる固有名詞は原則として『新共同訳』のものを採用した。カトリックとプロテスタントの指導者が5年の歳月をかけて検討して合意したものであり、日本社会に定着したと考えるからだ。また、旧新約66巻と旧約続編の書名も変更はない。

巻末の聖書地図は、標準的な『新共同訳』で2色刷り10ページだったのが、フルカラーで12ページになった。初刷は特別に薄くしなやかな本文紙を使用し、スリムな仕上がりとなるという。

『聖書協会共同訳』のカラーパンフレット、および特徴と実例をまとめた小冊子は、同協会ホームページでPDF版が公開され、キリスト教書店でも無料配布されている。

日本聖書協会では、『聖書協会共同訳』発行記念として、公開講演会を2019年2月23日(土)午後2時より上智大学ソフィアタワー1階大ホールで開催する(上智大学神学部との共催)。テーマは「今を生きる私たちと神の言葉──なぜ聖書を翻訳し続けるのか」で、講師はアムステルダム自由大学人文学教授のローレンス・デ・ヴリース氏。同氏は聖書翻訳と言語学が専門で、聖書協会世界連盟(UBS)翻訳コンサルタントを25年務め、オランダの共同訳聖書(2004年)の中心メンバーであり、現在、同聖書改訂の諮問委員会会長を務める。

聖書 聖書協会共同訳
旧約聖書続編付き 引照・注付き
中型(B6判)、クロス装・ハードカバー、ジャケット掛け
巻末付録:度量衡および通貨、新約聖書における旧約聖書からの引用箇所一覧表、旧約聖書 章・節対照表、用語解説(143語)、聖書について、聖書地図(カラー12葉)
2448ページ
定価:本体6100円(税別)
発売記念価格(初刷のみ)本体5400円(税別)

聖書 聖書協会共同訳 引照・注付
判型、仕様、巻末付録は、旧約聖書続編付きと共通
2032ページ
定価:本体5300円(税別)
発売記念価格(初刷のみ)本体4800円(税別)

【問い合わせ先】
日本聖書協会 広報募金部広報担当
担当:柳澤真、加藤太郎
TEL:03-3567-1988
FAX:03-3567-4436
メール: [email protected]

-聖書
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
雜賀信行(さいか・のぶゆき)

雜賀信行(さいか・のぶゆき)

「クリスチャン・プレス」編集長。カトリック八王子教会(東京都八王子市)会員。日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会(岡山市)で受洗。1965年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。90年代、いのちのことば社で「いのちのことば」「百万人の福音」の編集責任者を務め、新教出版社を経て、雜賀編集工房として独立。2001年からキリスト新聞社をはじめ、キリスト教出版社を中心に書籍や雑誌の編集を数百冊手がけてきた。著書に『人生が変わる聖書のことば60』(いのちのことば社)、『牧師夫人新島八重』『キリシタン黒田官兵衛』『宮沢賢治とクリスチャン』などがある。

今週のテーマはいのちのみことば
Print Friendly, PDF & Email

わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。

わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。

あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。

わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。

ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。

しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。

また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。

あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。

(ヨハネによる福音書 5:30-39)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.