ルーテル学院と九州ルーテル学院 学校法人間の包括的連携協定を締結

 

ルーテル学院(東京都三鷹市)と九州ルーテル学院(熊本市)が21日、学校法人間の包括的連携協定を締結し、その調印式が九州ルーテル学院で行われた。

ルーテル学院の松澤員子理事長(左)と、九州ルーテル学院の福田邦子理事長(写真:ルーテル学院大学提供)

同協定は、キリスト教精神に基づく教育を行う両法人が、それぞれの特徴や特色を生かしながら協力し、教育・学術研究・社会貢献などをいっそう強化しつつ、人材育成の推進と学術研究の高度化を図ることを目的とする。

調印式には、ルーテル学院から松澤員子理事長と高瀬恵治事務長、九州ルーテル学院からは福田邦子理事長、内村公春院長・中学高等学校長、広渡純子大学長をはじめ7人が出席した。両理事長は、「互いの連携をさらに進めていきたい」と述べ、今後、両学院が切磋琢磨(せっさたくま)しながら協力を深め、よりいっそう発展していくことを確認した。

ルーテル学院の前身は路帖(ルーテル)神学校。1909年に熊本市に開校し、来年で創立110年を迎える。25年に東京に移転し、戦時中は日本基督教団・日本東部神学校に統合されたが、50年、日本ルーテル神学校として再開。64年に日本ルーテル神学大学となり、69年、三鷹に移転。96年に「ルーテル学院大学」に名称変更した。現在は1学部(総合人間学部)1学科(人間福祉心理学科)と大学院2専攻を持ち、4年制の「日本ルーテル神学校」を併設している。

一方、九州ルーテル学院の前身となる九州女学院は1926年に開校し、28年、清水高等女学校に改称。75年に九州女学院短期大学、97年に九州ルーテル学院大学を開学した。翌年、短大は廃止。現在、1学部(人文学部)2学科(人文学科、心理臨床学科)と大学院1専攻を持つ。

Share

Related Posts

  1. 大人は子どもに何ができるか『奪われる子どもたち──貧困から考える子どもの権利の話』出版記念フォーラム

  2. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「ライフ・ライン」

  3. ミャンマー軍事クーデター 事態の終結願いNCCが声明

  4. 西川重則さん「侵略と加害の歴史を繰り返さないために」 第3回戦争に関する証言集会

  5. 2・11(信教の自由を守る日)関連集会リスト

  6. 「日本の原子力行政は破綻」 柏崎刈羽原発問題でNCCが声明

  7. 日本カトリック司教団が震災10年でメッセージ「連帯のきずなを希望の光に」

  8. 津波で被災した「旧石巻ハリストス正教会教会堂」復元、一般公開へ

  9. 九キ災が九州圏内からの教会ボランティア募集 2020年7月22日

  10. 2019年度「世界平和の日」のテーマは「平和に奉仕する良い政治」

  11. 光と闇の狭間(はざま)を彷徨(さまよ)って 暴力団員から立ち返った裕樹さん

  12. 東京基督教大学チャペルなどを設計した建築家の磯崎新氏、米プリツカー賞受賞

  13. 香港情勢を憂う牧師有志 祈りで連帯「若者に希望を」 2020年9月11日

  14. 関学アメフト部、記者からの質疑応答で「試合前に聖書を朗読する意味は」

  15. 被爆体験を語り続けるのは道義的な責任 サーロー節子さん講演会

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。