日本聖書協会、24年ぶりの新理事長に石田学(67)氏を選出 

日本聖書協会(総主事:具志堅聖、東京都中央区)は14日付で、石田学(いしだ・まなぶ)氏(67歳)を新理事長に選出したことを発表した。前理事長の大宮溥(おおみや・ひろし)氏の退任に伴い、理事会で選出されたもので、任期は2023度第1回評議員会(2022年12月予定)までの2年間。

石田氏は、1953年、小田原市生まれ。78年、オリベット・ナザレン大学(米国、イリノイ州)神学部卒業(B.A.)後、シカゴ大学神学院、ウェスタン神学大学で学ぶ(Th.M.新約聖書、D.Min.組織神学)。82~85年まで日本ナザレン教団小山伝道所で牧師を務め、現在は日本ナザレン教団小山教会牧師。2011~15年、日本ナザレン教団理事長、10~16年日本聖書協会評議員、同理事を経て現職。日本ナザレン神学校校長、日本キリスト教協議会教育部理事長、聖学院大学非常勤講師。

著書に、『平和を生きる』(1994年、日本ナザレン教団社会活動委員会)、『日本における宣教的共同体の形成ー使徒信条の文脈的注解』(2004年、新教出版社)、『エフェソ書を読む:釈義と説教』(2018年、新教出版社)など多数。翻訳書には、エドガー・J・グッドスピード『古代キリスト教文学入門―使徒後時代からニカイア公会議まで』(1997年、教文館)、フスト・ゴンサレス『キリスト教史 上巻・下巻』(2002、2003年、新教出版社)、フスト・ゴンサレス『キリスト教思想史I』(2017年、新教出版社)ほかがある。

『聖書 聖書協会共同訳』(2018年)では、08~09年、日本ナザレン教団派遣による共同訳事業推進計画諮問会議議員、10~17年『聖書 聖書協会共同訳』検討委員として、同書の刊行に尽力した。

新理事長の選出にあたり、石田氏は以下のようなコメントを寄せている。

日本聖書協会の理事長に選ばれ、半ば途方に暮れる思いでいます。しかし、理事長職を引き受けるべきかどうか考えている際に、妻が、神様のお召しだから、それでよいのでないか、と言ってくれました。聖書協会はエキュメニカルな組織であり、エキュメニズムは自分の関心事なので、その点で少しでもお役に立てればと思っています。

総主事の具志堅氏もコメントを寄せ、新理事長選出の報告をすると共に、日本聖書協会書記に、風間義信(かざま・よしのぶ)氏、小海光(こかい・ひかり)氏の両氏が再任されたことも伝えた。

日本聖書協会理事長は1996年12月から24年にわたり大宮溥が務めてきましたが、今回の理事長選出は、2020年12月17日付で大宮旧理事長が理事を退任したのに伴って行われたものです。理事長の任期は2023年度第1回評議員会(2022年12月予定)終了までの2年です。なお、今回の新理事長選出に合わせて、日本聖書協会書記は、風間義信、小海光の両氏が再任されました。今後も日本聖書協会の活動に対し、皆さまの祈りとご支援をお願い申し上げます。

Share

おすすめ